« 句会から | トップページ | cim cityと「よのなか」科 »

2005/05/29

修学旅行雑感 4

修学旅行では、合間の時間を使って私も体験講座をやってみた。粽(ちまき)づくりである。ここで言う粽とは、中華ちまきではない。新潟や山形で作られる笹団子に似た粽である。

笹を丸めてその中に餅米を詰めて、笹でくるみひもで縛るのである。米の一粒が笹の合間に入ってしまうのを丁寧に防ぎながら詰める。そうしないと、蒸した後に笹がその零れてしまった米が糊となってしまい、食べにくくなってしまうのだ。

この体験をしながら、ちょっとしみじみしてしまった。

知っている方はご存じだが、私はハーフである。生徒にもシルベスタースターローンに似ているとか、ジャッキーチェーンに似ているとか言われる。隠していてもバレるものだ。どこの国かと言えば、山形と東京である。

で、実は、私が小学生の頃に父の田舎の山形から送られてくる荷物には必ずこの粽が入っていたのだ。

当時の私は
(べたべたして変な食べ物だなあ、食べにくいなあ)
と思ったり、
(また、この笹団子か、飽きたなあ)
なんて思っていた。

芳美ばあさんは、こうして作ってくれたのか。
30年も経って、いや、経ったから分かったのかなあ。
芳美ばあさん、ありがとう。

« 句会から | トップページ | cim cityと「よのなか」科 »

コメント

僕は山梨と東京のハーフですが、母の実家から送られてくる「豆餅」が大好きでした。

でも、その豆餅を作ってくれていた叔父が昨年亡くなり、もうあの味を味わえないと思うと寂しいですね。

餅の中に海苔や柚子の皮や胡麻が練り込んであり、さらに大豆がコロコロ入っていて…。

どこかで作り方教えてくれないかなあ。

おお、イクトスさんもハーフでしたか。

なにやらお怒りのことがあるようですが、私は大丈夫ですよね? いえ、いつのまにか人様の靴の踵を踏んでしまう事のある私ですから。

しかし、そんな私も激怒していることはあるんですけどねf(^^;。まったくもう、参っちゃうぜ。

さて、同級生としてはいろいろと人生の深みを味わえる年齢になってきたわけで、あのときのあれが、これねという経験ができる幸せを感じております。

この豆餅はまったく食べたことはありませんねえ。

http://www.google.co.jp/search?q=%E8%B1%86%E9%A4%85%E3%80%80%E6%B5%B7%E8%8B%94%E3%80%80%E3%82%86%E3%81%9A&start=0&start=0&hl=ja&lr=lang_ja&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja-JP:official

てな感じで調べてみましたが、ありますか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/4321758

この記事へのトラックバック一覧です: 修学旅行雑感 4:

« 句会から | トップページ | cim cityと「よのなか」科 »