« 修学旅行雑感 3 | トップページ | 修学旅行雑感 4 »

2005/05/27

句会から

数年前までは、修学旅行のあとは一時間ほど、学校に来る時間を遅く設定すると言うことが一般的であったが、昨今の学校は授業時数確保ということでそれはなくなっている。楽しい旅行であっても、いろいろと疲れはたまるもの。一時間ぐらいは遅く始めさせてやりたいと思うのは、時代遅れなのだろうか。

                  ◆

本日は3Aで修学旅行の句会を行った。夏の句会に続き、二回目である。こどもたちは、この句会が好きである。作者と作品を切り離して評価しあうシステムがいいのだと思う。

当然、私も参戦する。
子どもの作品の中に大人が入り、同じ土俵で戦うことができるというのはなかなか気持ちの良いものである。

今回は、私の作品の二つとも入選した。

一歩ずつ実りを築く田植えかな (兼題 田植え)
夏の山溢れるほどの木霊かな (席題 夏)

選ばれるのはやっぱり嬉しいねえ。

今回私が気に入った子どもの作品には、こんなものがあった。

夏の夜二両列車がぼやけてる (席題 夏)

この「二両列車」が効いていると思う。二両で走る列車なんて、田舎の列車しかない。田舎と言う言葉を使わずに、田舎を表しているのが良い。そして、なぜ、ぼやけているのか考えさせるのが良い。泣いているのか、夜の雨なのか、それとも他になにかがあるのか。夏の夜に一つ小さな事件があったことを思わせる作りがよい。

いかがであろうか。

« 修学旅行雑感 3 | トップページ | 修学旅行雑感 4 »

コメント

いいですねえ。句会というと、何か肩を張ったり、おのが才能をひけらかしたり、うんざり。
素朴で明るくて、人を愉しくさせます。

教育の仕事に誇りを持って、息長くがんばってください。

コメントありがとうございます。
人生の大先輩に書き込んでいただき、とても嬉しく思います。私の父親よりも先輩なのですから。

これからも、よろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/4301932

この記事へのトラックバック一覧です: 句会から:

« 修学旅行雑感 3 | トップページ | 修学旅行雑感 4 »