« 小さな旅 2 | トップページ | ゴージャスな植生 »

2005/05/05

立夏の一日

私の大学時代の友人に荻さんという豪の者がいる。海外青年協力隊に参加した後、現在は長野の高校の教員をしている。

彼が長野の教員になったあと、秋のことである。
「いや〜、池ちゃん、忙しいよこっちは」
という話があった。
(そうか、長野も大変なんだなあ)
と思って話を聞いていたら
「秋になると、キノコは出るは、スキーのメンテナンスをしなければならないは、大変なんだよ」
と遊びに忙しいのを、ぼやいていた。

                   ◆

GWの私も忙しかった。
今日は、5/31締め切りの論文の骨子を完成させていた。骨ができれば、そこに肉付けをしていけばいいので、まずは骨づくりである。

その一方で、今日の好天を頼りにして干物も作っていた。「あじの干物」である。これがスーパーの朝市で鰺を購入し、私には難しい5%の食塩水づくりに挑戦し、一日かけて干した。干している間に、論文の骨子はとりあえず完成したので良かった。

鰺の干物ができあがったからと言って、これでいきなり一杯やるわけにはいかない。物事には順番がある。

今日は暦の上では、「立夏」である。夏ならば、夏らしい飲み物で夏を迎えなければならない。そのためには、その環境を整えなければならない。

なんだかややこしくなったが、簡単に言うと端午の節句を祝うために、風呂に出かけて菖蒲湯につかり、ジントニックをキッチンバルコニーで堪能することで夏を迎える儀式を行い、その後、炭に火をおこし、件の鯵の開きをあぶる。

aji
ああああああああああああああああああああああああ、うまーい。

ちなみに、ジントニックのおつまみは「レッカービッセン」のベーコンである。スライスして、ちょこっとずつ味わう。ああああああああああああああああああああああああ、うまい。

                   ◆

聖蹟桜ヶ丘も、遊ぶのに忙しいぞ(^^)。

« 小さな旅 2 | トップページ | ゴージャスな植生 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/3995201

この記事へのトラックバック一覧です: 立夏の一日:

« 小さな旅 2 | トップページ | ゴージャスな植生 »