« ノートパソコンによるスライドショウ展示 | トップページ | 初夏を迎える儀式 その1 »

2005/06/04

原稿への署名

欲しかったテッセンが手に入り、我が家で満開になっている。深い青紫の色は、気持ちを静めてくれる。

                   ◆

学校は体育大会の練習で盛り上がっているのだが、私は出張が続いている。昨日は杉並区の学力向上調査委員会という仕事であった。今まで教育委員会の仕事はまったくしていなかったのだが、このところこういう仕事が増えてきた。学校の行事にどっぷり浸かれないのは、悲しいものがあるが、まあ、これも誰かがやらなければならない仕事だからなあ。

昨日の出張では、委員がまとめてきた文章を一つにまとめるという作業であった。私はワードは嫌いなのだが、委員のまとめてきた文章をワードのファイルにひとまとめにする作業があり、一番ぺーぺーな私が作業を行った。

その時に、自分の書いた文章に名前を載せるか載せないかという話になった。委員会の答申なので載せなくていいのではないか?という意見があったが、私は乗せて欲しいと言った。それは、目立ちたいとかそういうことではなく、自分を守るためである。

                   ◆

教育業界は知的所有権について甘い認識の方が残念ながら多い。私もこれまでに何回か自分の著述を勝手に盗用されたことがある。私が書いた一冊目の本に古典教材を使ったディベートがあるのだが、その部分をそっくりそのまま使って自分の研究のように発表していた先生がいたのだ。それも結構大きな研究会で。

たまたまその研究会のことを知った私は、そこに出かけていき異議を唱えることができたが、もし、そのまま行けば、私がその内容を発表すると、私が盗用したかのような変なことになってしまうのだ。

こういう例は、他にもある。
だから、自分の発表したものにはきちんと自分の名前を載せておきたいのである。

あまり先行実践を調べないで、目の前の子どもの事実から授業を作っていき、あとから似ている実践があると教えて貰っている私が言うのもなんだが、もし、自分が実践をやる前に先行実践を知ったのならば、一言、一行、断ってくれればいい。そして、自分の実践はここが違うと書いてくれれば、さらにいい。

そうやって教育の実践というものは積み重なって行くのだと思う。

« ノートパソコンによるスライドショウ展示 | トップページ | 初夏を迎える儀式 その1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/4402949

この記事へのトラックバック一覧です: 原稿への署名:

« ノートパソコンによるスライドショウ展示 | トップページ | 初夏を迎える儀式 その1 »