« とっさの判断 | トップページ | ちょっと、鬱 »

2005/06/06

7/17に行われる研究会

ディベートの練習試合の後、研究開発委員会の会議のため飯田橋に出向く。今日の会議のテーマは、「小論文とディベートの関係」である。ディベートを学ぶことが、小論文を学習するためにどのような効果をもたらすのかということを考察した。

7/17に行われる研究会のために、発言諸子の意見を確認するという意図もあったはずだが、実際はものすごく熱い打ち合わせになった。立つべき立場というか、スタンスというか、哲学というか、そういう部分が違っていてそれが実践の違いに出ていて。7/17の本番が楽しみである。

それだけではない、昨日の委員会には、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061496034/250-4561677-8413866
の小笠原先生も参加してくださった。

とても良い方であった。物腰は柔らかくてしかも博識。芸能情報も政治情報も歴史情報も詳しい。もともと小学校の先生だったというお話を聞いてさらに吃驚。

7/17に行われる研究会にはコメンテーターとして出席してくださる。だから楽しみなのである。

« とっさの判断 | トップページ | ちょっと、鬱 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/4435222

この記事へのトラックバック一覧です: 7/17に行われる研究会:

« とっさの判断 | トップページ | ちょっと、鬱 »