« 寝て治す | トップページ | 若い女の子を泣かせてしまった »

2005/07/16

タイトル考

引き続き作文の授業です。三年生では、一回書いた作文とタイトルを元に、次の授業を行いました。

1)タイトルだけ書き抜いて、これを句会形式で選びました。即ち、タイトルを付けた作者の名前を隠した上で、手を挙げて確認しました。「読みたいタイトル」の得点から「そうでもないタイトル」の得点を引いて、そのタイトルの点数にしてみました。1
2)実際に書いた作文を「書き込み回覧作文」形式で回覧しました。読む時間は1分なので、納得したところは「んだ」、分からないところは「なぜ」「なに」と書き込むことにしました。
3)読み終わった後に、「この内容なら読んでみたかった」と思われるものについて得点をつけました。2

この結果が下の表です。上がA組で、下がB組です。
ここから分かることは、タイトルだけでは読みたくないと思ったものでも、実際に読んでみたら、結構面白かったというものがいくつかあるということです。

classa

classb


内容が良いのに、タイトルだけで手に取られることのない作文は、かわいそうです。

また、(読みたい)と思って読まれる文章と、(仕方がない、読むか)と思って読まれる文章では、読み手に残るもの、つまりあなたが伝えたいものの伝わり方がかなり違うと思います。

小論文以外の作文のタイトルは、「分かりすぎないこと」が大事です。

今回は、具体的な例を元にタイトルを考えてみました。本番の作品の参考にしてみて下さい。

1  読みたいものは、一人五つ。そうでもないは、一人三つを選びました。
2 二つに手を挙げることにしました。

(国語科教科通信 志学 NO10 より)

« 寝て治す | トップページ | 若い女の子を泣かせてしまった »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/4989733

この記事へのトラックバック一覧です: タイトル考:

« 寝て治す | トップページ | 若い女の子を泣かせてしまった »