« 和綴じ本づくり | トップページ | 本日七夕 »

2005/07/06

鈴木寛氏・伝説の天才

本日の「よのなか」科には、現職の国会議員が参加した。民主党の鈴木寛氏である。
鈴木氏は、当然私のことなど知らないが、私は全国教室ディベート連盟の監査をされているW.Tさんが知り合いと言うことで、名前は良く知っていた。suzukan


本日のテーマは、自転車放置問題について解決の政策を考えるというものである。子どもたちはブレストを行い、プレゼンをする。ここに鈴木氏が解説を加えるのだが、この解説がとても分かりやすかった。子どもたちの提案を引用しつつ、それを理論的に説明するというもので、面白かったです。

子どもたちは、この幸せに気づいているのだろうか(^^)。


                  ◆

テレビでは、爆笑問題の「伝説の天才」が放映された。
ディベート甲子園の関東甲信越支部の大会に、都立西高校が勝ち上がろうとする様子を追いかけている。

今まで地区予選で一勝もできなかった西高が、結果的に全国大会に出場するまで勝ち進むのだが、これがなかなかいい番組になっていた。

もちろん、がちんこの勝負で一切手加減は無かったわけで、どうなるのかと思っていたが、勝ち進んだわけである。

西高校が全国大会出場を決めたことで、番組は全国大会まで追いかけてくるだろう。ディベートの普及につながると嬉しい。

私は今回はテレビカメラから逃れていたのも功を奏して、映らなかった。
一カ所だけ映ったとすれば、西高校が手にした賞状の文字は、私の書いたものであった(^^)。

« 和綴じ本づくり | トップページ | 本日七夕 »

コメント

わたしも見ました。
妻が
「あなたが好きそうなこと、やってるよ!」
と声をかけてくれたのでふと見ると、ディベート甲子園でした。
「そりゃそうだ。池田さん写るんじゃないかなぁ……。」
と話して二人で見てました。
妻には、池田さんの写真付き名刺をすでに見せていますので、一方的に池田さんを知っています。
そうですか。文字だけの出演でしたか。

私も見ました!
表彰式のシーンで私が少しくらい映ってるんじゃないかという期待をして見たのですが・・・。
映ってなかった(泣)
足すらも映ってなかった・・・。
家族には「ココ!この辺に私いるから!」とアピールしましたが冷たい反応でした。
先生はカメラから逃れてたんですか。
私がミーハーすぎですね。。。
とにかく番組がディベートの知名度を上げてくれそうで嬉しいです。

私も見ました。
1映るのでは?楽しみだったんですが。名古屋で今度は映るかもしれませんね。
ディベートが少しでも皆さんに伝わってほしいですね。

私も見ました!

あべたかさん、奥さんからのご案内でしたか。
私も
「これはあなたが好きそうな番組じゃない?」
と録画して貰っていることが結構あります。
有り難いことですよねえ。

関戸さん、

>家族には「ココ!この辺に私いるから!」とアピールしましたが冷たい反応でした。

すみません、思わず爆笑してしまいましたf(^^;。気持ちはとてもよく分かります。

>とにかく番組がディベートの知名度を上げてくれそうで嬉しいです。

これは本当にそう思います。

最北の小学校のK先生、相変わらず教室で子供たちにお話をしてくださっていますかf(^^;。

名古屋にいらっしゃいますか?
福島はいらっしゃいますよね。

昨日、北海道も地区大会が終了しました!
 私も名古屋におじゃまする予定です。福島も行きますから色々お話しできるとうれしいです。

学校では、相変わらずこのブログ、子どもたちに話しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/4854875

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木寛氏・伝説の天才:

» 「爆笑問題☆伝説の天才」放映終了。 [社長の覚え書き]
以前から都立西高校ディベート同好会を追っかけていたフジテレビの企画「目指せ! 天才弁論部」で、関東甲信越大会の様子が放映されました。大会の主催者として、 色々な皆さんにご迷惑/ご心配をおかけしましたが、これでやっと一段落、といったとこ ろでしょうか(あとは名古屋にバトンタッチ!)。  番組の内容としても、選手たちの頑張りっぷりを正面からとらえていて、良かったので はないかと思います。番組中には、議論の内容は取り上げられていないのですが、ま ぁ、(現段階で)議論の内容を、一般視聴者に分かりやすい形で... [続きを読む]

» ディベート甲子園 [BROOCH ブローチ]
テレビで、「都立高校の弱小ディベート部が大会で1勝したい!」という企画を見ました。 見ていて様々な思いが巡りました。 「都立高校がんばれ!」 「でも、ちょっとつらそうな君、大丈夫なの?」 「成長著しい君、将来楽しみ。」 「え?勝っちゃったの?」 などなど。 ディベートといえば、オーソリティの友人がいます。その方に指南していただいて暑い夏の1日ディベートに挑戦したことがあ�... [続きを読む]

« 和綴じ本づくり | トップページ | 本日七夕 »