« 授業づくりネットワーク2005in福島 | トップページ | 第10回 ディベート甲子園 »

2005/08/04

ディベート甲子園へ

いよいよ8/6からディベート甲子園が開幕する。

今年は、都立西高校が「伝説の天才」に出演したこと、私が文部科学大臣にディベートの授業をしたことf(^^;。などで、でディベート甲子園の認知度もアップした。さらに第10回大会を記念して愛知万博の会場で決勝戦を行えるなど、非常に嬉しいことが続いている。

気が付いてみたら自分の三十代はディベート甲子園を軸に動いていたんだなあと思う。日本の教育にディベートを通して関わることができたことは、幸せなことだと思う。

例年、ディベート甲子園では素晴らしい議論が生まれる。
たった1時間にも満たない議論の時間ではあるが、その1時間にも満たない議論の時間のために、さまざまな時間をやりくりして日本中の中高生、そしてその指導者が自分を擲って取り組んできた結果の議論の時間である。

今年は、異動もありやっとディベート部を作って、関東甲信越大会に出場することができた私であるが、(いや、この子どもたちはすごい試合をしたのだが)全国には手が届かなかった。

なもんで、大会直前のあのヒリヒリとした雰囲気を直接味わってはいない。だけど、日本中の子どもたちと、指導者の先生方がワープロに向かって最後の最後まで議論を煮詰めていることを容易に思い浮かべることができる。

一年に一回。そうして、十年目を迎える。
名古屋でお会いできること、いい議論が展開されることを楽しみにしています。

« 授業づくりネットワーク2005in福島 | トップページ | 第10回 ディベート甲子園 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/5313101

この記事へのトラックバック一覧です: ディベート甲子園へ:

« 授業づくりネットワーク2005in福島 | トップページ | 第10回 ディベート甲子園 »