« 夢の途中  | トップページ | 本を読んでいると怒っていた私の母親は、 »

2005/08/31

八月が終わる

私の好きな夏が終わる。
この夏も沢山の思い出を作ったが、それでもまだ足り無いなあと思っているうちに、
夏が終わる。

和田中は、もうすでに授業が始まっており、その面では夏は終わっているという思いもあるが、
やっぱり八月が終わるというのは大きい。

 秋来ぬと目にはさやかに見えねども
 風の音にぞ驚かれぬる

  古今和歌集 巻4秋ー169  藤原敏行

目ではなく、風の匂いでもなく、風の温度でもなく、
「風の音」でその秋の訪れを感じた古人の感性と
言語化にあらためて唸ってしまう私である。

でも、もう少し、夏を感じていたい。

« 夢の途中  | トップページ | 本を読んでいると怒っていた私の母親は、 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/5724606

この記事へのトラックバック一覧です: 八月が終わる:

« 夢の途中  | トップページ | 本を読んでいると怒っていた私の母親は、 »