« さあ、お習字をやりますぞ | トップページ | 「子どものために」というフレーズ »

2005/09/24

いいから、とにかく流せ

9月14日の杉並区の集中豪雨の後日談が伝わってきている。
生徒の住んでいる家には大きな被害が出たという話は伝わっていないが、知り合いの先生二人は床上浸水という話を聞いた。

一人の先生は、去年まで和田中学校にいらっしゃった先生で、杉並区の緊急災害時の対応の悪さを朝日新聞の読者投稿欄に投書していた。確かにそのための行政であるからなあ。

                  ◆

私がすごいと思ったのは、神田川の水をためる地下遊水池の話である。
この遊水池は、環状七号線の地下に作られており、1時間に50mmの豪雨に対応して
急に増えた神田川の水位を下げるために作られている。

ではあるが、これがまだ建設の途中で完成しては居ないところに9月14日の豪雨となったのである。

この日の雨量は、一時間に100mmを越えるものであった。
遊水池の想定している水量の倍の水が神田川になだれ込んだわけである。

で、この問題を解決するための遊水池であるが、実はまだ完成していなかった。
工事の途中であった。が、この雨に際して責任者はこう言ったという。

「いいから、とにかく流せ」

と。

                  ◆

別に「プロジェクトX」ではないのだが、この状況でこの判断はすごいと思う。
作っている最中の遊水池には、さすがに人は居ないであろうが、工作機器や乾ききっていないコンクリートやらが転がっていたはずである。

これらがあることを分かりながら、現状の厳しさを判断し、プランとして工事中の湧水路に水を導いた判断は、最近の行政の判断として素晴らしいものだと思う。間違えていたら責任あるポストの位置を追われることになるであろう。

行政的に何もしないことが、訴訟対象になる時代ではあるが、こういう判断を出せる責任者がいたことを、私はすごいと思う。

もし、この判断がなかったら床上浸水は、もっとすごいことになっていたことであろう。

そんな行政的な判断は支度はないが、せざるを得なくなったときにできるような私でありたいとも思う。

« さあ、お習字をやりますぞ | トップページ | 「子どものために」というフレーズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/6088378

この記事へのトラックバック一覧です: いいから、とにかく流せ:

« さあ、お習字をやりますぞ | トップページ | 「子どものために」というフレーズ »