« 刺激的な一日 | トップページ | 明日から秋学期 »

2005/09/30

わくわく授業の再放送があります

急なんですが、再放送が決定したとの連絡がNHKからありました。実際は4回目の放送ですが。
ディベートの方です。

引用開始 ーーーーーーーーーー

「わくわく授業〜わたしの教え方〜」のお知らせです。
10月2日(日)の放送は、
「ディベートで伸ばそう“話す力”“聞く力”〜池田修先生の国語〜」です。
平成16年7月29日の再放送です。
中学2年生の国語です。

本放送:10月2日(日)午前7:40〜8:05NHK教育テレビ
再放送:10月9日(日)午前0:40〜1:05NHK教育テレビ

引用終了 ーーーーーーーーーー

ということです。
良かったらご覧下さい。
そして、ご感想をこのコメントに下さいね。

« 刺激的な一日 | トップページ | 明日から秋学期 »

コメント

見ました。朝、起きたら、テレビがついていました(^_^;)
新採研で見た以来の授業でした。
子どもたちが真剣に取り組んでいる姿、いいですね。

感想は・・・いろいろあるけど、あった時にでも。

 NAKO-Pです。
 石巻で国語の先生方を対象に行なったディベート説明会で、ビデオにとってあった平成16年の放送を使わせて頂きました。

#時間の関係で、最初の15分だけを見てもらいました。
#当然「続きが見たい方は、今度の日曜日の再放送を見て下さい」とアナウンスしておきました(^^)
#この時期に再放送があるのは神のお導きか(^^;、グッドタイミングです!

 私は理科なので、国語の授業に関しては、完全にビデオのお世話になりました。
 参加した方からは「分かりやすい番組だった」という感想を頂戴しております。

 ビデオの後、「シナリオ方式だと、先生方の準備の負担が小さく、ディベートの授業が出来ます」とアピールしました。池田さんから直接御指導頂いておいて良かったです!

#記入済みのフローを準備するのは間に合いませんでした(^^ゞ

 ディベート説明会の内容を、Webにまとめました。
 そこに、私が番組を見て気付いた点等も書いてあります。
 http://www.edu.shadow.ne.jp/explanation/index.html

 ディベートが少しでも広まることを念願して。
 では、失礼いたしました。

ぐりぐら君、書き込みありがとう。
今度会うのは一ヶ月後ぐらいかな?
そのときに教えてね。

NAKO-Pさん、池田です。
ビデオを活用していただいて、ありがとうございます。ご活躍ですね。東北にNAKO-Pありですね。また、丁寧に解説をしていただきまして、嬉しい限りです。

わくわく授業は、作文の巻が結構インパクトがあったのですが、ディベートの巻もいいじゃないかと言ってくれる方も実はいまして、こんな番組に育ててくれたNHKの方と子どもたちに感謝なわけです。

再放送は、今晩の深夜ですが、見てくれる人が多いと嬉しいですねえ。

nonkyさん、トラックバックありがとうございます。

番組の感想をブログに書いていただけるのはとても嬉しいです。あの番組は2年前に収録したもので、現在は杉並区立和田中学校にいます。

私が調べたところでは、ディベートでつく力にはたくさんあるのですが、入門期では聞く力が一番ということがわかりました。

また、ディベートは学習内容が多いので、入門期の子どもたちに指導内容を整理しないでそのまま与えると、混乱することも分かりました。

そこで、聞く力にしぼって入門期のディベートを構成したのが「シナリオ方式のディベート」なんです。

国語を実技教科にしたいというのは、私の研究テーマです。ご理解いただけて、これまた嬉しいです。

ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/6189163

この記事へのトラックバック一覧です: わくわく授業の再放送があります:

» 「わくわく授業〜わたしの教え方〜」 ディベートで伸ばそう!‘話す力’‘聞く力 [Blog - nonkyさんのブログ - 国語教師の休憩室]
 この番組で、八王子市立楢原中学校の池田修の授業を見させて頂いた。 ディベートについては、2年間しか勤務できなかった前任校で総合的な学習の時間のすばらしい取り組みがなされていたのだが、担当することがなかったこともあり、傍観者的立場で見させて頂いていた私である。高校生ではあるが、実際のディベートまでもっていくのは、特に1年生段階での取り組みとしてはかなり厳しいものがあるとの感想を持っていた。 池田先生の授業では、3人1組のマイクロディベート、下調べの必要がないシナリオディベ...... [続きを読む]

« 刺激的な一日 | トップページ | 明日から秋学期 »