« おやすみなさい | トップページ | スイカを食す »

2005/10/08

書写の授業が終わりました

守破離(しゅ・は・り)という言葉がある。
日本の古典芸能や武道を学ぶ者にとっては、一度は聞いたことのある言葉だ。私が考えるに、簡単に言えばこういう意味である。

 守 今まで伝わってきた技術・文化をそのまま自分のものとして受け継ぐ
 破 受け継いだものを、自分なりの新しい技術・文化でうち破る
 離 その根本には「守」の部分を受け継ぎながら、自分独自の技術・文化を創る

私は書道と剣道を学んでいたので、この守破離という考え方は割とすんなりと理解できる。二年生の君たちには「シナリオ方式のディベート」を指導したが、これもこの守破離の段階的な学び方に基づいた指導だと言っても言い。

もちろん、今回君たちに指導してきた模書は、「守」の部分である。

                  ◆

君たちの書いた授業の感想を読むと二種類に分かれていた。

1) 書写は苦手だったけど、なぞり書きだったので楽しくできた。
2) なぞり書きなので楽だと思ったけど、意外と難しかった。

実に面白い結果だと重う。

1)を書いた諸君の多くは、字を書くことが苦手な諸君である。お手本を見ながら書く書写を「臨書・りんしょ」と言うが、この方法で学ぶのは「守」から「破」に移る段階である。

「守」ができていない諸君に、いきなり「破」をやらせて上手くなるはずがないと私は考えている。水泳で考えれば、ビート板に掴(つか)まりながら、ばた足、面かぶりクロールと段階的に学んでいる最中に
「んじゃあ、25mを自由に泳いでね」
とビート板を取り上げて泳がせるようなものだと思う。

さすがに水泳では命に関わるからこんな荒っぽいことはしないが、書写に限らず物事を学ぶというのはこういう段階的な学習が必要なのではないかと思っている。

ま、何事にも天才がいるもので、こんな守破離など関係なく、いきなりすごい字を書くような生徒もいるが、それは、10年に一人ぐらいであって、そういう人の練習方法を真似しても意味がない。なにせ、相手は天才である。

だから私も君たちも、普通の人が普通よりちょっと努力することで身につけることができるトレーニング方法をしっかりと行うことに力を注ぐのが、間違いない。

                  ◆

2)を書いた人は、ある程度筆の使い方を知っている諸君である。
私は、(和田中学校の諸君は、お習字教室に通っていた生徒が少ないなあ)と実は思っている。今でも続けている人は本当に少ないんじゃないかな。しかし、これは危ないのである。
「生兵法は怪我のもと」という諺がある。「身についていない、生半可な知識や技術に頼って事を行うと、かえって大失敗をすることのたとえ。(大辞林)」という意味だ。私はお習字でもそれを見てきている。ちょっと学んだ人は、逆に筆に対して変な優越感を持ち、その後練習をしないので、上手く書けなくなっている場合がある。

お習字をやっていた人にとって、この模書はじれったいものであろう。しかし、筆の入り方、毛先の回転、筆圧、手首の角度など、どうやったらこの字を書いた人の動きと同じになるのだろうかと考えながら、筆を動かしていくと模書は実に深い学習になると思う。そして、それを実感してくれた人がこういう感想を書いてくれたのだろう。

                  ◆

残念ながら、授業の書写では「守」の入り口で時間切れである。「破離」はとても間に合わない。

興味を持った人は、是非続けて欲しい。お手本と半紙なら用意してあげるよ。

(教科通信「志学」 NO. 20 より)

« おやすみなさい | トップページ | スイカを食す »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/6308685

この記事へのトラックバック一覧です: 書写の授業が終わりました:

« おやすみなさい | トップページ | スイカを食す »