« クローン人間の是非 | トップページ | ラグビー。または、本歌取り »

2005/12/15

年の瀬に向かっている

さすが私である。本日から始まった高校の入試相談。東京の高校は、今日と明日とで私立の推薦試験の打ち合わせを終える。だが、財布を持たずに出かけてしまった。

電車には定期券で乗れたので、財布を忘れていることに気がつかなかった。降りる時になって、
(ない)
と気がついた。

ここで家に帰っていては、子どもの使いになってしまう。
そこで、
「すみません。財布を家に忘れてきてしまって差額が払えないんですけど」
と下車する駅で、定期券を見せながら話したところ、
「じゃあ、ここに必要事項を記入してください」
ということで、お金を借りることができた。

これで入試相談には間に合い、なんともなくすんだのだが、考えてみれば帰りの電車賃もない。
そこで、
「すみません、子どもたちは立派なのですが、私がおっちょこちょいで、財布を忘れてきてしまって。ちょっとお金を貸していただくことはできないでしょうか?」
と借りてしまった。

実に何とも情けない話であるが、さすが私である。
生徒に迷惑がかからなくてよかった。

                 ◆

一日の仕事が終わった帰り道、見上げると月が出ている。
ああ、満月か。
いや、明日あたりが満月か。

今年の最後の満月だなあ。
いくつもの満月を今年も見てきたんだなあ。

  天の原ふりさけ見れば
  春日なる三笠の山に出でし月かも

   百人一首 7  安倍仲麿

百人一首の指導に入っていることから、こんな歌を思い出してしまう。
季節は、冬じゃないような気もするけど、思い出してしまう。

そして、そうくれば自動的に

  日は昇り 日は沈み振り向けば
  何もかも移ろい去って
  青丹よし平城山の空に満月

    まほろば さだまさし

も出てくる。
なんか、年の瀬に向かっているのだなあと思った。

« クローン人間の是非 | トップページ | ラグビー。または、本歌取り »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/7638414

この記事へのトラックバック一覧です: 年の瀬に向かっている:

» 百人一首は常識か教養か [BROOCH ブローチ]
高学年を担任した時は、年末年始のこの時期は百人一首に取り組みます。5色に色分けされて20首ずつになっているものをつかいます。20首を一定期間集中的に読み、聞き、取るうちに好きな歌ができて得意札が生まれたり、覚え方を考えたりしていきます。方法は4人一組でリーグ制のときもあれば、2人一組で源平型の時もあります。今年は4人制で取り組み始めました。 音読が大事だ、古典を暗唱することが基礎学力だという風潮の中、百人一首... [続きを読む]

« クローン人間の是非 | トップページ | ラグビー。または、本歌取り »