« 新年会のお知らせ 1/3 | トップページ | 法教育とディベート »

2005/12/09

進路事務

授業中に何気なく
『ああ、今日を入れて学校に来る日は、今年は、あと9日だねえ』
と話したら、
「え!!」
という反応が多かった。
うーむ、三年生必死なのか鈍感なのか分からない。

             ◆

しかし、この9日間で中学校三年生を担当する教員は、嵐に巻き込まれる。
進路事務である。

推薦で受験する生徒を確定し、どの学校にどの先生が訪問して相談するのかを決め、出願や試験のために学校に来れない生徒が何人いるかをカウントして給食を止める日を決め、高校に訪問する日の予約を入れ、特別活動の記録の内容の確認と文章化、これらを全て書類に落とす。

一般で受ける生徒の押さえを確認し、併願受験の条件を確認し、都立だけで受験する生徒のまさかのための学校をそれとなく考える。

さらに、東京都教育委員会に提出する成績一覧表を作成し、調査書を作り、調査書記載事項証明書を作り、通信簿を作り・・・。

はあ、書き出すだけで悲しくなってくる。これらを9日の間にするわけで、恐ろしいことに授業は一切カット無しで、授業と同時に行うのである。それに、会議も研究会も忘年会もあるぞ。あ、原稿書きもある。

             ◆

学校は授業が第一だと私は今でも思うが、授業以外の仕事がものすごく多いことはあまり理解されていない。

学校に企業並みのことを求めるのであれば、企業で一般的に行われている「総務」とか「庶務」とかの部署を置いて、教員が授業に専念できるシステムを構築することが大事だと思う。

本当に授業に専念したいのであれば、事務仕事をテキパキと行えばよい、というようにも言われるが、そんなレベルではなくなってきていると私は考えている。きちんとシステムとして授業を行えるものを作らなければならない。

学力向上は、こういうところも関係しているはずだ。

« 新年会のお知らせ 1/3 | トップページ | 法教育とディベート »

コメント

しかし、世の中はこのように動いていくのだなあ。
ま、意味はあるとは思うが。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051209-00000001-san-soci

池田先生、こんにちは^^
ブログを始めた、という事をHPで知ったのでBBSよりこちらに書かせていただきます^^
この一年、まともにネットをしていなかったせいか、楢原中の話題についていけない気がします。
卒業後に行われた離任式も、その日は学校の行事が重なり終了時刻を2時間過ぎての帰宅になり理科のO先生に電話で伝言を伝えていただいたのを覚えています;
本当にお会いできずに残念でした。
そろそろ3年生も追い込みの時期ですね。
授業はどのように進んでいるか、記憶に残る2年生の姿を思い浮かべると少し興味深いです(笑)
高校の授業は本当に“試練”のような形で、毎回頭がパンクしそうなほどです。
一日を終えて帰宅するとなかなか外には出れない時間なので、いまだに楢原中へ顔を出せない事が気がかりです。
寒くなって来ましたが、池田先生もお体に気をつけて良い年末をお過ごしください。
追伸。
今現在、池田先生が髭を伸ばしているのかがとても気になります(笑)

それでは。

元気かね。
私は今、楢原中ではないよ。
ひげもありません。

忙しすぎるぐらいが一番良いのが高校時代。
倒れる一歩前まで、やってみてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/7541153

この記事へのトラックバック一覧です: 進路事務:

« 新年会のお知らせ 1/3 | トップページ | 法教育とディベート »