« 2005年3月27日 - 2005年4月2日 | トップページ | 2005年4月10日 - 2005年4月16日 »

2005/04/09

今日は、国立教育政策研究所でお仕事があった。
ある研究の研究協力者になっているのだ。

2時間ほど協議を行う。その後、敷地内の桜を観賞。
実に見事であった。建物の屋上から見下ろし、さらに近くに行って見上げ堪能した。

私が
「ああ、もったいないもったいない」
と散り始めた桜に対してつぶやいていたら、
「桜は散るのがいいんだよ。まだ池田さん、若いなあ」
と国語界の御大に言われてしまった。
私もいづれ、散ることに意味を見いだすようになるのであろうか。

研究会の後、食事をしに行く。
普段なら講座の受講生にならなければならないような先生たちと、一緒にお酒を飲みながら教育のことを語り、いろいろと勉強をする。
(そうか、そういうこともあるのか)
と。ありがたいことだ。

今日は比較的早く帰宅。
また、夜桜を楽しみ、一日を振り返る。
いいなあ。

写真は、国立政策研究所の屋上から見た、桜。

P4090012

一週間終わる

早めに始まった新学期。
春休みの少なさは準備の不足に繋がり、大変なことになるのではありますが、なんとか終わりました。
今までとの生活のリズムの違いが花粉症と風邪のダブルパンチの私には結構辛いのですが、乗り越えられて良かったなあとほっとしています。担当になった広報「和田中 ルネッサンス」もなんとか原稿は仕上がったし、14日の保護者会には間に合いそうです。

昨日は、二年生での授業がありました。
楢原中学校から一緒に異動したH先生のクラスです。三年生は一クラス25人ですが、二年生は37人。去年まではこの37人を担任していたのですが、25人に慣れてしまうと、やはり37人は多すぎます。給食準備一つをとっても、かかる時間が全く違いますからねえ。

二年生でも授業開きは、ことばと学習と湯船の法則について話をして、メモの力がどのぐらいあるのかを確認。結構書けているので嬉しくなりました。中には、最初からいたづら書きをしている生徒もいましたけど。

昼休み、校舎の中庭でなにやら歓声があがっていました。のぞいてみると新入生の女子がだるまさんが転んだをしています。ああ、なんと平和なんだろう。その彼女らが遊んでいる傍らでは男子が四つ葉のクローバーを探し、そこに桜の花びらが降ってくるのでありました。美しい。春です。

                     ◆

夜は、大熊研究室大学院生の歓迎コンパ。大熊先生の快気祝いもかねることができて良かった。
大学院派遣からもう2年も経ってしまったんだなあと思う。今年も楽しい研究室になると良いなあ。色々な仲間たちからエネルギーをもらい、楽しい会であった。

帰宅すると、なんと、自宅の隣の公園にある桜が満開。
山桜なのでソメイヨシノより通常一週間遅れるのだが、今年はソメイヨシノの開花が遅れたので、重なってしまったようだ。慌ててライトアップする。

美しい。
この世のものとは思えない。

yozakura

ちなみに、聖蹟駅前の夜桜も美しい。

yozakuraseiseki

春爛漫である。

2005/04/07

授業開始

本日から、教科の授業が始まった。
やっぱり、授業がないと落ち着かない。

今日は、ことば、学習、勉強、学び、湯船の法則などについて説明した。
その説明している様子を子どもたちにメモさせて、どのぐらい書けるかを確認した。
結構書けているなと思った。このメモは一次情報のメモということで、次はこれを
理解しやすい二次情報のメモに変換することを指示してみよう。そこに問題が発見できれば、そこから指導を始めよう。

湯船の法則は、和田中学校の子どもたちにも好評であった。
勉強をやろう、復習をきちんとやろうという思いを持ってくれた。

3時間目4時間目は、プレゼンテーションタイムというものであった。
一人1分で、自己紹介と今年の目標を話すのである。しかも、発表する暗記して、行うのである。
これがなかなかうまい。
ナンバリングや根拠を添えて説明するということが、多くの生徒でできていた。

私たち教師も、今年の目標を生徒の前でプレゼンすることになっているとのことで、わたしもやってみた。

い 一日一日を積み重ねて、一年間
け 健康に注意して
だ ダイエットも少しはしようかな
お 面白いことをするのは、大好きだけど
さ 寒いギャグも言ってしまう私です
む 無理せずやっていきます。よろしくお願い致します。

てな感じでした。
やっぱ授業は良いなあ(^^)。

2005/04/06

一般的には始業式でありましょうが

和田中学校は、もう動き出しています。
時間割作成も、担当者の相当の働きで、β版は完成しています。すごいなあ。
自校式の給食も始まった。本日は、準備の手間のことを考えてお弁当給食というものであった。
これが、おいしい。太らないように気を付けなければ。

本日の天気に浮かれて、昼休みに敷地内を歩いてみると、多くの種類の花が咲き誇っていました。
スズラン、大根の花、パンジー、君子蘭、オオイヌノフグリ、スミレ・・・。私に分かったのはこの程度だが、これ以外にもいくらもあった。

生徒たちは、中庭で鬼ごっこをし、後者を見上げれば、私に手を振ってくる。
体育館の横では、男子が群れてひなたぼっこをしている。
なんという平和な姿なのだろうか。

明日から、授業だ。
どんな展開を作れるかなあ。

2005/04/05

本日入学式

昨日は、始業式があった。(夜には楢原中学校の花見の会もあった)
そして、今日は入学式。
桜の花も咲き、お日柄もよろしく気持ちの良い式になった。

それにしても、和田中学校には関わる大人が多い。
その人たちの名前を覚え、生徒の名前を覚えるのは結構大変だろうなあ。

入学式の後は、会議会議。
休息時間もなく、残業をして明日からの授業に備えた。
ま、どこも新学期は同じようなものだろうが、早めに動き出せば
早めに通常のペースに乗ることができる。
それを楽しみにして、街の桜を楽しみにして、明日も仕事に向かおう。

2005/04/04

手をつなごう

幸せと哀しみは裏表。
新しい幸せは、哀しみをキチンと抱いたときに生まれてくる。
また少し、人生の深みを身につけたかもしれない。
そう信じて、新しい一歩を作り出していこう。

2005/04/03

春の散歩

和田中学校は、明日が始業式。明後日が入学式。明々後日から授業が始まる。だから、本日が春休みの最後。天気予報では雨だったのだけど、曇り空から青空に変わってきたので、花粉症も省みずに連れ合いと一緒に多摩川縁を散歩した。

冬の渇水期に多摩川は護岸工事をしていて、最近完成した。完成したのだが、花粉が恐ろしくて散歩もしていなかったのだ、この陽気に誘われて散歩した。

土手を歩いていると、スコップを持ってうろうろしているおじさんがいた。手にはなにやら持っている。
「それは、ノビルですか?」
と聞いたところ、
「そうだよ。これは健康にいいんだよ。でも、お酒が進んじゃうねえ」
という。
「健康にいいんだか、悪いんだか分かりませんねえ」
と答えると、
「そうだねえ」
と笑う。私も笑う。
いいなあ、こういうのが春だよ。

緑の草が生えてきた土手だが、よく見てみると赤い花がある。ボケの花だ。さらに、紫色の花は、スミレ。黄色い花はタンポポ。青い小さな花は、オオイヌノフグリだ。

桜が咲き始めた聖蹟桜ヶ丘だが、桜だけではなく小さな花たちも、春を演出していた。
今宵は、ノビルにみそを付けて、軽く一杯。

明日から本番だ。

« 2005年3月27日 - 2005年4月2日 | トップページ | 2005年4月10日 - 2005年4月16日 »