« 2005年4月10日 - 2005年4月16日 | トップページ | 2005年4月24日 - 2005年4月30日 »

2005/04/23

大きな課題を引き受けると言うこと

校長室には沢山のコミックが置いてある。子供たちは、昼休みに挨拶をして入室して予鈴がなるまでは読むことができる。実は私もそこにあるコミックを読んでいる。かつて読んだ本、読みかけた本があって、嬉しくなって読んでいる。

『遙かなる甲子園』を読んだのは今から15年も前だろうか。
沖縄の聴覚障害の少年たちが甲子園の目指して、障害を取り巻く社会の壁と戦いながら成長していくドキュメンタリーである。沖縄で全国生活指導研究協議会の全国大会があった折り、ミーハーな私はオートバイをレンタルして、この『遙かなる甲子園』のモデルになった学校に出向いていき、彼らが練習したグランドを走り、部室を見ては感動していた。

そして、『わが指先のオーケストラ』『どんぐりの家』と山本おさむ氏の障害とこれを取り巻く社会、その中で問題に取り組みながら成長する人たちを描く漫画は続く。この漫画を読みかけていたままにしていたのだが、一日二冊のペースで一気に読み終えてしまった。

ドキュメンタリーを基本としながら脚色をしている部分もあるのだろうが、圧倒的な力で私たちに生きると言うこと、教育と言うこと、人間と言うことを訴えてくる。そして、人にやさしく、自分に厳しくならなければなあという思いにさせてくれる。

今朝、『どんぐりの家』の最終巻をたまたま座ることのできた京王線の車内で読み終えることができた。なんというか、このまま新宿に行き、そして湘南の海の朝を見たい気持ちになった。

そして一つ分かったことがある。重い課題を持つということは、それはやり方次第で仲間を増やす最良の方法だということだ。もちろん、その課題につぶされてしまうということもあるだろう。だが、乗り越える課題が大きければ大きいほど、一人では立ち向かうことはできず、それを乗り越えようとするときには支え合い、助け合う仲間が必要になり、そんな仲間が目的の元に集まってくるとき、生きていく幸せを手に入れるのではないかと思った。

2005/04/21

「しびれ」は治りそうである。

子どもたちの学習の様子は、現在いい感じである。

昨日、二年生には島崎藤村の「椰子の実」の暗唱を指示したのだが、本日1/3が暗唱していた。やる気があるなあ。次の授業で暗唱のテストを行うことができる。

三年生には、俳句の授業を行っているのだが、正岡子規の説明や短歌から俳句ができるまでの流れを説明している。俳諧連歌、前句付け、謎かけなどの説明にもきちんとメモを取りながら反応している。

もちろん、私が見逃している子供たちもいることであろう。しかし、必死に食いついてやろうという意欲の高いこどもたちが多いのは感じている。深く厳しく学習を進めていくことができるのではないかと思っている。

                   ◆

昼間、O元校長から電話がある。
嫌な予感がしたが、お仕事のお話であったf(^^;。杉並区の国語教育の、なんだったかの委員を頼まれてしまった。断れる立場にないので、はいと答えた。ま、これでまた色々な人と知り合えることができるでしょう。

                   ◆

専門委員会は、図書情報委員会の指導になっている。本日一回目。どうやって委員長を決めるのかと思っていたら、生徒会本部が委員会の説明をして、決めていった。そして、委員長が決まると委員長にバトンタッチ。いいなあ。

                   ◆

さて、「しびれ」である。
これがまあ、治ってきている。すごいことだ。

先生の見立てだと、私は骨折の後遺症とパソコンなどの電磁波が、腎臓の動きを弱めていたりしているらしい。その症状が頭、くるぶしあたり、のど仏あたりに出てきていて、それの痛みを取るために治療をしてくれた。

で、左に曲がりにくかった首や、張りに張っていた右腰の筋肉なども治ってしまった。それも、原因は同じであるとのことだった。

さらに、最近は携帯電話を使うことで生理不順になっている女子中高生が多くなっている話とか、ゲームボーイでしびれが出てきている子供たちとかの話も聞かせてもらった。

体は、不思議だ。

あと3回で本当に治るかなあ。治ったら良いなあ。

2005/04/20

仲間や子どもに癒される

本日、「よのなか」科の2回目。今日は見学者が多かったなあ。
私は1時間目に授業があるので、2時間目の「よのなか」科にはギリギリではいる。

入って、見学者の多さに驚いていたら、さらに驚いた。ディベート仲間で敬愛するAさんがいた。確かに、先週の土曜日の常任理事会で「よのなか」科の話をして、見学は可能だと話しましたがこんなにフットワーク軽くいらっしゃるとは。人間の軽い私とは偉い違いだ。

さらに、去年までお世話になっていた、楢原中学校のO校長も来ていた。O校長はご退職されて、杉並区の教育委員会の副参事になって、研究所に勤めている。とても懐かしく思っていたら、さらに勉強になる指摘も頂いた。私の担当する業務のまとめ役をされるそうで、これは良かったと思っていたら「池田さん、教えてね」と言われてしまった。相変わらずのムードに、ちょっと疲れも取れる。

                   ◆

和田中学校の給食は美味しい。

これ自体は嬉しいのだが、カロリー的には厳しいかもしれない。中学生のカロリーに合わせて作ってあるので、私にとっては高いのである。しかし、美味しいので、つい食べてしまう。うーむ。

今日は久しぶりに教室で給食を食べた。担任の先生が忙しいと言うことで、代わりに行ったのだ。行ったところで、和田中学校のシステムが分かっていないので何も指示を出すことはできない。だから、子どもたちの様子をぼーっと見ていた。

これがすごいのだ。たったかたったか用意する。しかも、一クラス25人なので信じられないことに5分で準備が終わってしまい、「いただきます」となったのだ。私の分も配膳してくれたし。『すごいねえ』と話をしたら、「だって3年ですから」と言っていた。すばらしい。

給食を食べているときは、しりとりをしながら食べている班、一緒に食べませんかと声を掛けてくれる班、独自のゲームをしながら食べている班と、まあ、仲の良いこと。

ごちそうさまをして、しばらく教室に残っていたら、子どもたちがやってきてあれこれ話をしていく。写真を撮ってあげたら、撮ってくれたりもした。なんというか、平和な食事であった。

ごちそうさまでした。

                   ◆

職員会議が延び、疲れがあったので帰宅する前に校内を散歩して、子供たちの様子を見てから帰ることにした。小雨だったため、屋根のあるところで子供たちは練習をしている。

野球部は、バドミントン部からもらった壊れたシャトルを投げて打っていた。それから、驚いたのだが、ペットボトルのふたを投げて打っていた。何だろうかと思ってみていたら、このペットボトルのふたは、投げると良く変化をする。そこで、変化球を打つ練習になるのだ。>奥村先生、これは面白いですよ。

ぼーっと見ていたら
「先生、打って見ます?」
と挑戦状を投げつけられた
『よーし!』
とやってみると、4回ぐらいは全く駄目。
5回目に改心の一打。
「おー、すげー」
と子どもたちから歓声。
『センターで五番だったんだよ』
と、大昔にとった杵柄を披露し、馬脚が出ない内に退散。

こういうやりとりが疲れを軽くしてくれるんだよなあ。

                   ◆  

足のしびれは面白いことになっている。帰りの電車に乗ると出るようになり、場所は移動している。明日治療に行って見てもらおう。

2005/04/19

保健所で健康診断をすべきである

やっと和田中学校広報の「和田中 ルネッサンス」の原稿が完成し、印刷に入った。

プリンターに接続して、オーダーを出すのだが一枚目がプリントアウトされるまでに時間がかかる。あまりにもかかるので富士ゼロックスに電話して確認した。すると、「ファームウエアのヴァージョンアップはされていますか?」と質問を受ける。

ファームウエア? そんなもの知らない。訊いてみるとプリンターそのもののソフトらしい。ヴァージョンアップしているかどうか分からないが、やり方を訊いてそれができる態勢にはしておこう。

                   ◆

四月は、健康診断が多い。
そんなわけで、授業が中断されてしまう。
私は、この四月の健康診断をすべて保健所でやればよいと思っている。

地域の力を活用するということで、図書館は学習に利用されることが多くなったが、保健所はまったく手つかずである。保健所がなんのためにあるのか分からない生徒も多い、いや、殆ど知らないだろう。

それでも高校に進学し、就職する生徒はまだ良い。学校や企業で健康診断を受けることができるからだ。そうではなく、進学したものの中退し、就職したもののやめてしまった子供たちは、自分の健康管理を助けてくれる場所が公にあることを知らずに過ごしていく。

本来なら高校に通っているであろうこどもたちが、突然母親になる現実に向かい合い、そして、保健所も知らないで過ごしていくなんて事もある。

健康診断を保健所でやれば、

1)保健所のなんたるかを知る。
2)医師会に支払っている金額を削減できる。
3)四月の授業がスムーズに行く。

そんなメリットが出ると思うのだが。しかし、学校保健法や医師会の抵抗などでなかなか難しいのだろう。でも、変わると大きいと思う。

                   ◆

本日は、6時間の内4時間授業があり、その間にはルネッサンスの印刷と、和田中学校インターネット使用ガイドラインなどを作って、思い切り仕事をしたなあと疲れ切って学校を出る。ま、四月はこんなもんだろう。

みなさんの学校のガイドラインってどんなんでしょうかねえ。

2005/04/18

ディベート部なるか?

本日部活紹介があった。

ディベート部を設立しようとする私は、一人でこの場に立ち向かった。
参考とする資料は、筑田さんの作った「ドラエモンディベート」である。>筑田さん、ありがとうございます。

持ち時間は三分だったので、ディベートとはなんぞやを簡単に説明し、その後ドラエモンディベートの立論を使って、簡単に演じてみた。

さて、一年生は来るか? 
現在、二年生が一人希望している現在の和田中学校のディベート部だ。

                  ◆

懸案の足のしびれですが、行きの電車は問題なかったのですが、帰りの電車でちょっと出ました。表面が軽くしびれる感じ。そして、背中の筋肉の右側が張ってくる感じがあります。

反作用かもしれない。

2005/04/17

うららかな春の日に

一日、貯まっている仕事をしながら過ごしていた。

図書館に行って借りていたCDを返し、また新しいのを借りてくる。ipodに落語を入れて聴くのがなかなか良い。今回も志ん生のものを借りてくる。楽しみ。

帰宅後、ずっと気になっている和田中学校の研修計画書の作成に取りかかる。研修なのだが、研究も組み込まなければならず、このバランスに難儀して進んでいなかったのだ。だが、締め切りも近いので、なんとかたたき台を作成する。ふう。

さらに、授業づくりネットワークの7月号の原稿を書き始める。今月末が締め切り。アウトラインができたので、なんとかなりそう。

その他に、いくつかの原稿のチェック作業を進めて一日が終わる。
幸せなことに、足のしびれはない。ただ、肋骨あたりが痛くなることがあった。治療の影響かもしれない。明日の通勤電車でのしびれがなければ、嬉しいのだが。

二つの奇跡

「人生は、後ろ向きのジェットコースターに乗っているようなものだ」

これは、さだまさしさんが言っていた言葉だ。人生は、未来を見ることはできない。見える風景はすべて過去であり、その過去も猛烈なスピードで過ぎていくということだ。

教育の仕事をしていると、人生には目標を持って、その目標に向かって努力をするようにと教える。さださんの定義とは違ってくる。しかし、そうではないのだろう。目標に向かって進むことを考えなければ、ジェットコースターのレールすらも無いだろう。こちらに進もうと思ってもそちらの方向に進むことは中々難しいが、目的が無ければ、さらに恐ろしいことになるのであろう。

                   ◆

本日、あまりの足の痛さに体のメインテナンスをしに出かけた。思い起こせば五年ぐらい前から、両足の太ももの外側がしびれて仕方がなかったのだ。それがこのところかなり痛くなり、ひどいときには10分間同じ姿勢をしているだけで、熱を持つような痛みが襲うようになってしまっている。朝の通勤電車に乗って立っているだけで、苦痛なのであった。

それである整体医院を紹介してもらい、行くことにした。その整体医院は楢原中学校に行くときに使っていた通勤路をしばらく走る。その景色を見ながら、
(ああ、異動したんだなあ)
と思った。

本来なら見るはずの満開の桜を見逃し、通り過ぎていく時間。そんなことを後から気がつくなんて、やはり、さださんの定義は正しいかもしれない。

で、体の方なのだが、これがまあ凄い。力を入れること無く体のバランスを整えていく。1時間ぐらい、あちこちを触りながら調整を行い、今のところ大丈夫である。5回ぐらい通うと直るとのことなので、もしそうなら万歳である。5年も痛い思いをしているのだから。

                   ◆

夜は全国教室ディベート連盟の常任理事会。仕事が貯まっているのだが、出かけないわけには行かない。

奇跡が二つ起こった。
一つは、会議がとても短く行われたこと。もう一つは、行きの電車と帰りの電車で足がしびれなかったことだ。

びっくりした。ひょっとしたら、治るかもしれない、このしびれ。

« 2005年4月10日 - 2005年4月16日 | トップページ | 2005年4月24日 - 2005年4月30日 »