« 2005年11月6日 - 2005年11月12日 | トップページ | 2005年11月20日 - 2005年11月26日 »

2005/11/19

直径2mm、0.7gの側座核を使え

来週から、秋学期の期末考査が始まる。

この秋学期はなんと言っても最大の行事を乗り越えながら、自分の進路の方向性を定めるという非常に大きな学びがあった。この学びは、その場だけでなんとかやってしまうことはできない。三年間の少しずつの学びが積み重なってできるというものである。

提出物一つにとっても、期日に何事もなく出せる人もいれば、一週間も十日もほったらかしにして怒られてやっと提出する人もいれば、提出したと思ったら鉛筆書きであったり、判子がなくて再提出しなければならない人もいた。おかしな所を注意されたらきちんと直してきた人と、適当に誤魔化してきたととでは、この時期の乗り越え方が全然違ったであろう。

当たり前のことだが、努力を重ねてきた人とそうでない人の結果が同じ訳がない。心しなければならない。残り少ないテスト勉強の時間を有意義に過ごそう。

やる気を十分に持って望んでほしい。

                   ◆

しかし、この時期になっても「やる気」がでてこない人もいるようである。保護者会などでも
「先生、うちの子どもやる気がないんですけど、どうしたらやる気が出るでしょうか?」
などと相談されることがある。以前なら、
「やる気は本人の問題ですからねえ」
と答えにならない答えしか言えなかったのだが、最近の脳科学の発達は、やる気も解明しつつあるらしい。

実は、やる気を出させる魔法の言葉がある。その魔法の言葉は、

とにかく、まずやってみよう

である。
科学的にはこれしかないらしい。なぜだろうか。やる気を司(つかさど)っているのは大脳の中に左右一つずつある直径2mm、0,7gの「側座核(そくざかく)」という部分である。この「側座核」は、刺激を受けることで「やる気」というホルモンを分泌するという。つまり、ある程度の刺激を与えないと、やる気は生まれてこないのだ。ただ、ぼーっと過ごしていてもやる気は生まれてこないのだ。

たとえば、親にさんざん言われて仕方なしに机の周りの片づけをはじめるとする。はじめたときには嫌々だったのに、事が進んでくると熱中して思っていた以上に片づけてしまったという経験はないだろうか。これが、やる気の構造なのである。

そうだとすれば、「とにかくまずやってみよう」という言葉を受け入れることである。この言葉を親や先生に言われて受け入れることが第一段階。最終的には自分でこの言葉を自分に向けてつぶやき、スタートを切るのである。これこそが、やる気を出す第一歩なのである。

                   ◆

「好きこそ物の上手なれ」ということわざも、このやる気に関連している。脳の仕組みでは、扁桃核という部分がこれに関連している。この部分は自分の目的を「好きか嫌いか」で判断して行動に移そうとする部分である。好きなことは楽しくやり、嫌いなことはやらない。この扁桃核を活発にするには、ちょっと生理的な危機状態に置くと良いらしい。ちょっとでいい。頭寒足熱のように頭を冷やすとか、空腹状態を作るとかである。それで好きなことをやると良い。

で、好き嫌いだけで動かないように記憶に則って動くことも脳は考えている。それが海馬という部分である。自分の経験で良かった部分に従って動くのである。だから、今までの学習で成果のあったところから、その先を行うと効率がよいのである。

                  ◆

当たり前のことだが、努力を重ねてきた人とそうでない人の結果が同じ訳がない。

だから、やる気を自分で作り出して、この週末を充実した学びで満たして欲しい。

君たちの努力が学力の向上と人間的な成長に結びつくことを、願っている。

頑張れ。

(教科通信「志学」 NO. 34 より)

2005/11/18

清冽な空気を胸いっぱいに吸って

卒業アルバムの個人写真の撮影があった。学年の集合写真もあった。教職員の撮影もあった。さすがの私は、今日に限って(でもないが)、ひげを剃っていくのを忘れた。また、いつも締めているレジメンタルのネクタイも忘れ、ペイズリーのネクタイであった。ああ、彼らの卒業アルバムには、そんな私が残るのか。

彼らが写真撮影をされているときに、さんざん笑かしていたのだが、自分が撮影の時に逆にやられてしまった。ま、がんばって平常の笑顔で収まれたとは思うけど。そんな他愛もない時間が、逆に卒業へのカウントダウンを始めさせる。

                  ◆

外を見ると、空は青く、芝は緑で、銀杏は少し黄色くなってきた。
昨日、授業中に
『今日は、秋ですか冬ですか?』
と聞いてみたら、2/5が秋で、3/5が冬と答えていた。


秋の日の
ヴィオロンの
ためいきの
身にしみて
ひたぶるに
うら悲し。

鐘のおとに
胸ふたぎ
色かへて
涙ぐむ
過ぎし日の
おもひでや

げにわれは
うらぶれて
こゝかしこ
さだめなく
とび散らふ
落葉かな。


P.ヴェルレエヌは、秋の一日、落ち葉を見ながらこのように詩にしたが、秋の終わりであっても冬の始まりであっても、和田中の子どもたちには、まだこの詩のなんたるかはわからん。いや、わからないでいいのだが、「秋の日の ヴィオロンの」と呟ける人生って結構カッチョ良いと思うので、授業で教える。アンソロジーノートだ。

私の家と駅とをつなぐペイブメントには、街路樹の桜の葉が積もりだした。積もってはくるのだが、行き交う人たちがそれを踏みつぶし、粉々にしていく。私もその上を歩く。すると、いつもはペイブメントと靴の抵抗ですたすた歩けるのに、落ち葉が間に入ることで、靴がペイブメントをしっかりと掴めないので、妙な歩き方になる。

だが、これも秋なのだ。

でも、なんか、切ない。

                  ◆

そういえば昨日あたりは十六夜だったかな。
きれいな月があがっていた。
このところ、いろいろとあって全国教室ディベート連盟の常任理事会へも顔を出せていない。理事会が終わった後に、仲間たちと食事しながらいろいろと話すのも楽しいのだが、それもままならないのは、ちょっと寂しいなあ。

ま、そういうときは、牧水である。

白玉の歯にしみとほる秋の夜の
 酒は静かに飲むべかりけり

実に、実に、今の季節だなあと思う。

                  ◆

あんなに暑かった夏をきれいさっぱりと掃き清めたような秋の空。
そして、そこから降ってくる清冽な空気を胸いっぱいに吸って、
(今年もあと一ヶ月半か)
と思う私でありました。

2005/11/17

1000円の手数料

朝、おそるおそる聖蹟桜ヶ丘の駅事務所に私の定期券が届いていないかを確認する。
すると、
「ちょっとお待ちください」
と確認の電話。
「えっと、代田橋駅に届いていますね。2月までの定期ですよね」
『え、やったあ』
ということでおなかの具合が悪い私ではあったが、少し元気になる。

学校である生徒と話していたら、
「先生、定期なくした」
という。
(あれ、この娘、私のブログを読んでいるのかな? なんで知っているんだろう?)
と思って聞いてみた。すると、
「バス共通カードなくした」
という。
(を、これは読んでいるなあ)
と思って話を続けるのだが、どうも要領を得ない。で、よーく聞いてみると
本人がバス共通カードの入った定期入れをなくしてしまったということが分かった。

なんということだf(^^;。
師弟志を・・・ではないが、なにも同じ時に無くさなくても良いのに。

学校の帰りに定期を引き取りに出かける。
紛失した「新代田駅」行きのバスに乗り、新代田駅に到着。

そこで
『定期券は届いていますか?』
と聞くと、
「ない」
とのこと。
(そ、そんなあ)
と思ったが
(あ、ひょっとして)
『すみません、代田橋かもしれません。聞いてもらえます?』
「はい、良いですよ」
と確認してもらうとあるという。

文字にして代田橋と新代田で見ればはっきりと別に見えるが、舞い上がっていた私にはごっちゃになってしまった。でも、間違いやすい名前だよね。

で、ふと思ったのだが、代田橋がどこにあるのかが分からない。そこで新代田の英金さんに聞いた。
「井の頭線で明大前に行き、明大前の次ですよ」
『ああ、そうか。いつも急行ですぎているから思いつかなかったのか』
と納得して、代田橋の駅に向かった。

ところが、何を考えていたのか明大前駅から下りに乗ってしまった。
慌てて上りに乗り換えて代田橋に向かった。

代田橋駅では、身分証明書を見せて無事定期券は手元に戻った。

が、緊急用に入れてあった1000円はみごとになくなっていた。まあ、これは手数料として考えれば良いだろう。

振り返ってみると、定期はどうやらバスの代田橋駅で降りて電車の代田橋駅に向かう途中になくしたと考えるのが正しいようだ。

定期をしまったつもりが落としていて、それを駅に1000円の手数料で届けてくれたのだからありがたいと思おう。

それにしても、こんなに訳が分からなくなるなんて、やっぱり疲れがたまっているんだろうなあ。>やっぱり書いてしまいました。あべたかさん、ごめんねf(^^;。

2005/11/16

はあ。

ああ、やってしまった。
定期券である。

あと三ヶ月分のこっているのに、紛失してしまった。
帰りのバスに乗るときは、それを使って乗った。
で、電車で使おうと思ったら、なかった。
ということは、バスの中だ!と思って営業所に電話したら、
届いていないとのこと。

はあ。
無くさないように毎日気を使って通勤していて、
これだけで疲れているぐらいなのだが、
落としてしまった。

やっぱり私には電車通勤はできないなあ。
はあ。

ま、山あり谷ありだ。

2005/11/15

しかし、お父さんかあ

寒い。
急に寒い。
今日も寒い。

学校は12月にならないと暖房が入らない。
ブレザーの上着にネクタイだけでは、寒い。
だから、今日は学校にセーターを持っていった。
電車の中は暑いので、学校で着るように持っていったのだ。

だんだん暖かくなるかと思ったら、気温も上がらなかったので
途中でブレザーを脱いでセーターに着替えた。
さすがにセーターを着てブレザーを着ることはできなかったので。

それで三年生の授業にいったら
「えーーーーー!」
であった。

『ん? 何かおかしい?』
「先生、制服でない!」
『というか、私はいつも私服だが』
「上着がない」
『セーターも上着だが』
「なんか、お父さんみたい」
『お前のような娘を持った覚えはない』
「そうじゃなくてえ〜」

廊下を歩いていたら、二年生の女子にも同じように言われた。
「お父様」
「父上」
なんだかなあと思っていたら、
「私もおかげさまで14歳になりました」
とのこと。

一応、バーバリーのアーガイル模様のセーターなのだが、子どもたちには分からんようだ。そうこうしているうちに、あちこちから
「お父さん!」
「パパ!」
と呼ばれ、あっという間に数十人の子どもができてしまったf(^^;。

ま、セーター一枚でこれだけ盛り上がる子どもたちもかわいいものだが。

しかし、お父さんかあ。

2005/11/14

持久走の娘たち

急に寒くなりました。
HPの表紙のように、我が家の目の前の公園にある欅はきれいに色づき始めました。

所用があって休み時間に外で電話をしていたところ、次の時間体育である中三の娘たちが
「先生、寒ーい」
と言いながら寄ってきました。
『をを、寒いな』
種目は持久走で、そのために半袖半ズボンである娘らは、確かに見た目にも寒そう。
『んじゃあ、先生のブレザー着るか?』
「ん。いいですよ」

まあ、着るとは思っていなかったが、きちんと遠慮しているのを見ると
よく育っているなあと思う。

風邪引かないようにがんばれよ、と思う私であった。

2005/11/13

授業づくりネットワーク2006春

ちょっと早いですが、来年春の案内です。
講座の内容はまだ決まりきっていませんが、
日程をあけておいていただければと思います。

なお、私も講師で出ますf(^^;。

引用開始 ーーーーーーーーーー


授業づくりネットワーク2006春

 「授業成立の基礎技術」大集合!〜ワークショップ20〜

  主催 NPO法人「授業づくりネットワーク」
  後援 東京都教育委員会(申請中)
     武蔵野市教育委員会(申請中)

 「安定した草原」から「不安定な湿地」へ、現在の教育現場は大
きな変化の途上にあります。その変化の中で、子どもたちの私語・
立ち歩きなどが発生し、授業が成立しにくい状況が増えてきていま
す。
 この現状を乗り越えるには、教師がいま直面している学級・授業
の状況を的確に「診断」する必要があります。子どもが「安心」で
きる学級、納得できる「説明」が求められます。「表現」を楽しま
せる授業、「対話」を促す授業が求められます。子どもの「集中」
や教師の「フォロー」という視点も必要です。
 以上の認識をもとに、さまざまな「授業成立の基礎技術」を考え
るヒントとなる講座を集めてみました。20講座の中から、お好きな
ワークショップを3つ体験していただきます。ぜひ、ふるってご参
加ください。

■日時 3月27日(月) 10時〜17時(受付は9時 30分から)

■会場  成蹊大学8号館
 http://www.seikei.ac.jp/university/
 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1
 〈アクセス〉
  JR中央線・総武線(東京メトロ東西線)・京王井の頭線
  吉祥寺駅下車
  ・吉祥寺駅北口バスのりば1・2番より関東バスで約5分
   成蹊学園前下車
  ・吉祥寺駅より徒歩約15分

■日程
9:30〜10:00 受付
10:00〜12:00 ワークショップ型講座1
12:00〜12:45 昼食
12:45〜14:45 ワークショップ型講座2
15:00〜17:00 ワークショップ型講座3
17:30〜19:30 懇親会(希望者のみ)

【参加費】
 一般   3000円
 会員   2500円
 一般学生 2000円
 会員学生 1500円

【懇親会費】
 3500円(希望者のみ)

●申し込み方法
 下記についてHP、Eメール、郵便、FAXでご連絡ください。
  (1)氏名
  (2)一般・会員・一般学生・会員学生の別
  (3)〒・住所
  (4)電話・FAX番号
  (5)Eメールアドレス
  (6)勤務先名
  (7)希望するワークショップ型講座
    1(A〜Gを選択):(  )
    2(H〜Nを選択):(  )
    3(O〜Tを選択):(  )
  (8)懇親会参加の有無
 *参加費、懇親会費は当日払いです。
 *当日受付も行いますが、希望する講座に参加できない場合もあ
  ります。(各講座の定員30名前後)
 *各講座の詳しい内容は次のアドレスをご覧ください。
   http://www.jugyo.jp/
 *申し込み後、1週間以内に連絡がない場合は、トラブルが予想
  されます。恐れ入りますが、再度ご連絡ください。

●申し込み先
 (HPの場合)
  http://www.jugyo.jp/nw2006haru/
 (Eメールの場合)
  nw2006haru@jugyo.jp
 (郵便・FAXの場合)
  〒162-0814 東京都新宿区新小川町6-12
         授業づくりネットワーク事務局
  TEL&FAX 03-3269-3715

引用終了 ーーーーーーーーーー

では。

ゼロトレランス

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051113-00000001-san-soci&kz=soci

いよいよ日本でも導入の方向なのかなあと思う。
この記事からすると高校への導入が検討されている感じである。

和魂洋才ということを考えて明治の政府はいろいろと始めたが、まあ、これはなかなか難しい。
世界が西洋をスタンダードとして追いかけ始めてから、いろいろな摩擦が起きることになるのだが、
このゼロトレランスも、日本がアメリカのスタンダードを大筋で受け入れ続ける限り、
あり得ることだと思う。(もし、世界が東洋をスタンダードとして受け入れていたら、どのような世界になっていただろうと、最近考えるが)

ただ、アメリカの場合、学校で厳しくしてもその現実に対応して更生施設をシステムとして作るが、日本の場合、アイディアだけ先行してシステムを作るための人、もの、金を使わないことが多い。総合的な学習の時間の導入時の例がそうだろう。

現状でも児童相談所は、一人の所員が抱えるケースが1000件を超えているという話を聞いたことがある。ここにこのシステムを導入するのは、厳しいだろう。また、当事者になるかもしれない子どもたちへの説明は誰がどのようにするのであろうか。もし教員が行うことになるのであれば、学校での緊張状態を新たに作る学校が増えるだろうなあ。

学校って、もっとホゲーッとできる場所であったらいいのになあと思う。

« 2005年11月6日 - 2005年11月12日 | トップページ | 2005年11月20日 - 2005年11月26日 »