« 命の有限性 | トップページ | でた! new mac! »

2006/01/12

真実は常に私を裏切り続けてくれる

参った。
急な出来事があって、午前中で学校を早退した。
その出来事は、無事に終わり家路につくことができた。

が、家の鍵を家に置いたまま家を出ていたことに家の近くで気がついた。
そういえば、今朝は燃えないゴミを両手にたくさん抱えて家を出た。
鍵を持たなかった訳だ。

                  ◆

こういう日に限って連れ合いは、外に出ている。
私はもう聖蹟桜ヶ丘にいるのに、電話はつながらない。このまま三時間ぐらい待つことになるのか。はあ。

どこで待とうかと考えて、無料の場所を探したが、地下だったりして携帯電話の電波
が届かない。仕方がないので、家の近くのサイゼリアに入る。そして、腰を据えてDVDを見ることにする。年末年始に見ようと思っていた、『ニューシネマパラダイス』である。

この作品は、泣ける作品ということで名高い。未だ見たことがなかったので、疲れたからだと心を年末年始にいたわるのに良いかと思って、借りていた。

んが、とてもそんな暇がなかった。
で、今日、嬉しいのか悲しいのか時間ができたのでマックに入れて、イヤホンをさし
て見た。イタリア映画ですから、サイゼリアでしょう。

残り30分ぐらいで、もうダメである。
こんな人様が往来するサイゼリアでうるうるする程度なら良いが、その先はダメである。とっても怪しいおじさんになってしまう。

というわけで、DVDを途中で止めてブログである。
このあと、家で続きを見よう。
連れ合いはそろそろ店に到着するはずである。

                  ◆

で、サイゼリアでDVDを見て、音楽を聴いてなんてしているのだが、見慣れた街がなんか違って見えるのには、小さな感動を覚える。

音楽がBGMとなって流れることで、街が一つの番組なってしまうのが分かる。加古隆が流れるとNHKのドキュメと日本になり、松田聖子が流れるとザ・ベストテンの現場からの実況中継になる。

                  ◆

先日百人一首大会を、体育館で行った。これが寒い。
そこで、百人一首を始める前に、その場で50回ジャンプし、体をほぐした。
生徒にやらせる訳だから、私も一緒にとやった。

参った。
膝が痛くなり、背中の筋肉がつっている。
そういえば、年末年始はずっとワープロに向かっていて、まるで修士論文を書いていた時の状態と同じだったからなあ。体も固まっていたのだろう。声も使っていなかったので、たかだか100枚読んだだけなのに、喉も枯れてしまた。

さっそうと新学期を始めたつもりだが、真実は常に私を裏切り続けてくれるf(^^;。

« 命の有限性 | トップページ | でた! new mac! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/8130554

この記事へのトラックバック一覧です: 真実は常に私を裏切り続けてくれる:

« 命の有限性 | トップページ | でた! new mac! »