« ジョブズの卒業祝賀スピーチ | トップページ | イナバウワー »

2006/02/25

クラブの同期会

今宵は、高校のときのクラブの同期会があった。高校時代は二つのクラブに参加していたのだが、今宵はその内の一つの文芸部のものであった。

文芸部は何をしていたかと言えば、ソフトボールやバスケットをしながら、読書会や文集づくりに勤しんでいた訳である。私は熱心に参加しているというよりは、遊んでもらっているというような参加の仕方であった。それでも去年から声を掛け合って同期会を開くことになり、今年も会えることになった。

今年は10人が集まったのだが、見事に職業が二分しているのであった。半分が建築関係で、半分が教師である。どうして文芸部がこのように成長するのかは分からないが、こうなったのであった。

久しぶりの仲間との会話は、仕事上でのやってらんないという愚痴に、体の不調についての悩み、さらに家庭の問題に、昔の仲間の消息と実に正当な同期会であった。まさか、高校時代に自分たちが
「お前、太ったなあ」
「あの頃に比べてウエストは30cmぐらい成長したぜ」
なんて話をするとは思いもしなかった。

優秀だった同級生のあいつが亡くなったという話も聞いた。あの先生が退職されたという話も聞いた。顧問の先生が今年ご退職という話も聞いた。新しい仕事を始めるという仲間の声も聞いた。つらい仕事でやめたいと呟いている仲間の声も聞いた。

これをもし、隣の席で若い社会人が聞いたら、がっかりくるのだろうなあと思っていた。だけど、
そう、そうやって人は齢を重ねていくのだろ。

次は夏だという。しかも、教師である仲間が、趣味で大型バスⅡ種免許を持っているのだが、大型バスをレンタルして旅をしようかなんて話をした。そういう旅も良いだろうなあ。

« ジョブズの卒業祝賀スピーチ | トップページ | イナバウワー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/8825303

この記事へのトラックバック一覧です: クラブの同期会:

« ジョブズの卒業祝賀スピーチ | トップページ | イナバウワー »