« 君は「包丁」を手に入れたか? | トップページ | 古稀の祝い »

2006/02/03

形容詞に命令形はないのだ 良い質問とは?

形容詞の復習をしていると、良い質問が出てきた。

『形容詞は、自立語で活用があって、言い切りが「イの文字」で終わり、様子や状態を表す品詞です』

と説明し、活用表を説明した。

形容詞は活用があるのだから、活用形の種類もある。しかし、命令形だけはない。

簡単に言えば、「白い」を命令しようとしても、命令できないのである。

『白!』

と言ったところで、何の意味もない。
ひょっとしたら、「シロ」と名付けられた犬が振り向いてシッポを振るもしれないが、それは、名詞の「シロ」であり、形容詞の「白い」とは関係ない。

名詞は、「〜が」「〜は」という言葉を従えて、主語になることが出来る。「シロは、悲しそうに鳴いています」とはいえるが、形容詞は主語になれない。つまり、「白いは、悲しそうに鳴いています」とは言えない。だから、「シロ」は名詞なのであり、命令形はない。

『では、「白くなれ!」は命令しているとは言えないのだろうか。命令しているんじゃない?』

と確認してみた。これは、大丈夫だと思うが「白く(形容詞の連用形)+なれ(五段活用動詞の命令形)」と単語を二つに分けるて説明することが出来る。命令形は動詞であり、形容詞は命令形ではないのである。

                  ◆

で、良い質問は授業のあと、放課後にやってきた。

「先生、例えばですね、画家が色を塗っていて、次に白を塗りたい時に、助手に向かって『白!』というときは、形容詞の命令形なのではないのでしょうか?」

というものである。
これは良い質問である。この答えは、やはり命令形ではないというものである。では、これは何か。これは「(次は)白(の絵の具を寄越せ)!」と命令している文のカッコの部分を省略していると考えられる。

命令というのは、その動作や状態になるように命令するものである。「走る」の命令形「走れ」は、走る動作になるように命令しているわけであるが、「白い」は画家が助手に向かって「白!」といっても、助手に白い状態になれと命令しているのではなく、白を寄越せと言っているので違うのである。

さらに、付け足しで説明すれば、顔色の悪い人の顔を見て
「白い!」というのではなく、「白!」と言ったり、とても寒い時に「寒い!」と言わずに「寒!」ということがある。これは、形容詞に固有の特徴で、感動の時には語尾が省略されるというなのである。なんとこれは、平安時代の日本語からづーっと続く特徴なのである。

勉強が深まると、こうして良い質問が出始める。嬉しい限りである。

                  ◆

ただ、一つだけ願うならば、こういう質問が授業中に出ると良いなあということである。

質問には大きく二種類ある。自分だけにしか関わらない質問と、仲間の考えを促す質問である。言い換えれば、質問することによって自分だけが賢くなるものと、一緒に学習している仲間ごと(え、なんだろう。答えが知りたいな)と思わせる質問とがあるのだ。

今回の質問は、後者であるので良い質問だと考えているのだ。そういうわけで、授業の流れを考えると、前者の質問は休み時間にすれば良いし、後者の質問は授業中にするのが良い。

ただ、この違いは微妙なので、まあ、とにかく(おや?)っと思ったら、授業中に質問をすることだ。

(教科通信「志学」 NO. 44 より)

« 君は「包丁」を手に入れたか? | トップページ | 古稀の祝い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/8486875

この記事へのトラックバック一覧です: 形容詞に命令形はないのだ 良い質問とは?:

« 君は「包丁」を手に入れたか? | トップページ | 古稀の祝い »