« 『夏雲あがれ 上・下』 | トップページ | 80年代の音楽 »

2006/02/11

自らの問いに、自らが答える

中学校までの勉強というのは、簡単に言えば問題も答えも決まっている部分がほとんどである。セットで与えられるのである。セットで与えられているものを切り離して、

Q:「父の書いた本」と「私の本」のそれぞれの「の」の違いを説明しなさい。

と問いが与えられる。内容を理解できれば、答えもついてくる。(なお、違いが説明できない三年生は、慌てて教科書で復習しよう。助詞の部分である)

ところが、1)問題だけ与えられて自分で内容を考えて答えを導きだせというものと、さらに、2)自分で世の中で解明されていない問題を捜し、内容確認し、答えも自分で考えて他の人に分かるように説明しろというものもあるのである。

1)に関して言えば、「助詞の「の」について、その働きについて論じなさい」というものに答える文章になるし、2)に関しては、(教科書のこの「の」についての説明は、なんか納得いかないんだけど、本当は違うんじゃないかなあ)と疑問を持ち、自分で考えて、調べて、文章にまとめるというものになるのである。

もうお分かりだと思うが、1)が小論文であり、2)が論文である。

前号では、「「なんか変だな?」と思えることが人間の人間たるゆえんで、この「なんか変だな?」をたくさん、かつ、誰もが気づかなかった疑問を出せる人が、いまの時代の頭の良い人ではないかと思うのです。」と書いたが、それはこういう意味なのである。

                  ◆

現在売れている本に、藤原正彦著『国家の品格』(新潮新書)がある。私は2年ほど前にこの著者の講演で話を聞いたことがあった。作家、新田次郎の子で世界のトップレベルの数学者である彼の話は、非常に面白かった。

彼は論理的思考には4つの限界があるとして、そのうちの1つを話した。曰く、

「論理的思考というのは、簡単に言えば、1+1=2、2+1=3、3+1=4・・・・・。ということです。論理とはつながりのことです。つながりが正しいことを論理的という訳です。しかし、ここに問題があります。論理的な人はつながりは正しいのですが、その最初の「1」をきちんと選んでいるかどうかは論理では説明できません。数学の場合、最初の1にあたる部分を「公理」から始めていて、公理は正しいと証明されているものばかりなので、途中のつながり、つまりは論理が正しければ、最後まで正しいことになります。しかし、日常生活で最初の1が100%正しいなんてことはないんです。まちがった1をつかんでいる可能性すらある。そして、間違った1をつかんでいても、後半のつながりが正しいと、論理的には正しいということになってしまうんです」

とおっしゃっていました。藤原正彦さんは、このとき「正しい1」を獲得するには「情緒」「人間性」などが大事になるということを話されていました。(あとの3つの限界を知りたい人は、本を読んでね)

私はこの話を聞きながら、(あ、俺の思っている「なんか変だな?」と通じるところがあるなと思っていました。

                  ◆

さて、話をまとめましょう。簡単に言えば、論文とは、「自ら問いを立て、その問いに『なぜならば、〜だから』と自らが答える文章」と言えます。この論文を書くためには、日常生活で、常に社会の情報を得、歴史に学び、なぜと疑問を持ち続け、自ら答えを求めようと学んでいることが求められます。

そして、そのトレーニングとして、指導者があるテーマを与えて、そのテーマの中で「『なぜならば、〜だから』と自ら答える文章」を書くのが小論文であると私は考えています。そうであるならば、小論文も論文と同じように、日常生活で、常に社会の情報を得、歴史に学び、なぜと疑問を持ち続け、自ら答えを求めようと学んでいることが求められます。だから、考えることをしてきた人なのかを判断するテストとして最適なのです。

今回の授業では、主に小論文を扱い、論を展開するための書き方を指導する予定です。

中学を卒業する君たちが、今後の人生で自らの考えを深め、今の社会を良くするために考える方法を得るために。または、自分の考えを多くの人に理解してもらえる文章が書けるようになるために。

そのきっかけとして小論文の書き方を学んで卒業していってほしいと思います。

(教科通信「志学」 NO. 46 より)

« 『夏雲あがれ 上・下』 | トップページ | 80年代の音楽 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/8604302

この記事へのトラックバック一覧です: 自らの問いに、自らが答える:

« 『夏雲あがれ 上・下』 | トップページ | 80年代の音楽 »