« 訃報 家本芳郎先生 | トップページ | アンソロジーノートに書いてね。 »

2006/03/14

家本先生が感動された詩

全生研の仲間が、家本先生の感動された詩を紹介していました。

引用開始 ーーーーーーーーーー

千の風になって
           作者未詳(原作英詩)


私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

秋には光になって 畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
夜は星になって あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 死んでなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

あの大きな空を
吹きわたっています

引用終了 ーーーーーーーーーー

もし、この詩を家本先生が感動していらっしゃったのなら、
なんか私は少し楽な気持ちになりました。

(そうか、家本先生は、風になって全国の教室を回ることにしたんだな)

と思えました。それなら、私の教室にもやってきて
「お、頑張っているね。無理しないでね」
とか
「そこは、あの本に書いてある、あそこのところを読むんだよ」
なんて言ってくれていそうな気がします。

悲しいんだけど、元気が出てきます。

« 訃報 家本芳郎先生 | トップページ | アンソロジーノートに書いてね。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/9089851

この記事へのトラックバック一覧です: 家本先生が感動された詩:

» 『〈教育力〉をみがく』家本芳郎 [本を読もう!!VIVA読書!]
指導力不足の教員が問題化しています。 本書は改めて「教育力」とは何か考えます。 議論の前提となる議論という感じです。 それによれば、「教育力」とは 「指導の力」 「人格の力」 「管理の力」 がその柱です。 読んでいて、教育内容によって 指導方法が具体的に議論されていて とても参考になりました。 また、同じ教育目標でも、 教師の個性によって指導方法も 異なっていてもいいんだということを知り、 ちょっとだけ安心し... [続きを読む]

« 訃報 家本芳郎先生 | トップページ | アンソロジーノートに書いてね。 »