« 命を大事にするおまじない | トップページ | 発見ではなく編集 »

2006/03/10

言葉を学ぶ一つの理由

「言葉を学ぶのはなぜなのか」
と言えば、「つながる」ためだと言っていいはずだ。
何とつながるのか。それは、人である。

                   ◆

中学生ぐらいの君たちは、人生の中で一番自分に自信があり、また一番自分に自信がないころだろう。
(お、俺ってすごいんじゃない? やっぱ俺が一番でしょう)
と思った翌日に、
(あー、ダメだ。もう最低だ)
と自分のことを思い切り否定するなんてことも珍しくはない。

ま、人間が成長するには、この(お、俺ってすごいんじゃない? やっぱ俺が一番でしょう)というなんでもできると思える「全能感(ぜんのうかん)」がないと厳しいので、ある程度は多くあったほうがいいでしょう。

年齢をとるに従って全能感は少なくなり、自分の程が分かってくる。そして、いろいろなことが分かってくる。例えば、

・自分が好きなことと、自分に向かないこと。
・自分がやらねばならぬことと、自分はやってはいけないこと。
・自分にできることと、自分ができないこと。
・自分だけでは何もできないこと、仲間に助けられるとできること。
・自分一人でやらなければならないこと、自分だけでやってはいけないこと。

自分の持っている力を仲間に与え、自分にない力を持っている人から、その力を貰うことが豊かな人生につながることを理解し始める。

中には、全部自分の力だけでできると思っている人もいるかもしれない。しかし、もし、すべて自分の力だけでできると思える人がいるとすれば、その人の抱えている世界、相手にしている社会があまりにも小さいのだと私は思う。例えていえば、小学生の低学年がやる内容を、中学生の君が「私はすべて自分だけでやれている」といっているようなものなのだ。

だから、人に力を貸し、人から力を借りられない人は、人間として成長して豊かな人生を送ることが難しいと思うのだ。その、人に力を貸し、人から力を借りるためには、「言葉」が重要な道具になる。

                   ◆

私は君たちに、「言葉=超能力」であると四月の段階で教えた。国語の力というのは、言葉を使いながら人とつながることで育っていくと考えても良いのかもしれない。確かに、漢字や文法などの学習は多くは個人で行うものである。しかし、これを活用することを考えたとき、相手を考えないで行うことはできない。読書だって実は作者や、もう一人の自分との対話なのである。

言葉において、自分一人だけということはあり得ないのだ。

そうだとすれば、学んだことをテストという物だけに焦点を当てて力を測ろうとしているだけでは、国語の力は付きにくいのかもしれない。自分のためだけに学んでも、その力は本物にはなりにくいということだ。学んだことを仲間や社会の中に投げかけ続けることで、あなたの国語の力は本物になっていくのではないかと思う。

それは、日直の学活での一言かもしれない。それは、朝の挨拶かもしれない。掃除の時、「これ、私がやろうか」の一言かもしれない。読み終えた本に関するあなたのメモかもしれない。そんなところから人はつながりを持ち、仲間を助け、助けられて育っていくのだと思う。

                   ◆

もちろん、人は、今の人に限らない。
私達は書物を通して、過去の人とつながることができる。アンソロジーノートに書いた詩、短歌、俳句の作者の多くは、もうこの世にはいない。しかし、私達は彼らの作品に触れることで、彼らの創り出した世界を味わうことができる。作者の紡ぎ出した言葉の世界に触れることで、作者につながることができるのだ。

さらに、君たちは未来の人ともつながることができる。君の書いたその文が、未来の誰かの手に届き、その人の考えを深め、心を振るわすことになるやも知れないのだ。

三年生は、「大人とは何か」のテーマで卒業小論文を書いた。

この小論文が、君の成長の、15歳の瞬間を切り取り、今後の君の「つながり」の広がりの、きっかけになっていることを願う。

(教科通信「志学」 NO. 53 より)

« 命を大事にするおまじない | トップページ | 発見ではなく編集 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/9022696

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉を学ぶ一つの理由:

» はじめまして! [RSD友の会]
私は、妻と娘2人を持つ、30代のパパです。もはや、「中年の星(?)」ですね(笑) [続きを読む]

« 命を大事にするおまじない | トップページ | 発見ではなく編集 »