« 現在モバイル環境 | トップページ | ファーストインプレッション »

2006/04/01

転職のご挨拶

ご挨拶

私、池田修は平成17年度いっぱいをもちまして、東京都の中学校国語科教諭(杉並区立和田中学校)の職を辞し、平成18年度から京都橘大学文学部助教授として赴任する事になりました。

中学生の側を離れる事には寂しさもありますが、子どもから学んだ事、仲間から学んだ事、恩師から受けた指導への恩返しをするには、大学で学生を指導するのが一番と考え、決心しました。

大学では、国語教育と特別活動論、また教職総合演習にキャリア開発などの授業を担当し、ディベートも指導します。また、来年度に開設される児童教育学科の設立準備に携わります。

これから先、何があるか分かりませんが今は、一回限りの人生において、新たなステージを手に入れる事のできる幸せを感じております。

今後ともご指導頂く事ばかりだとは思います。よろしくお願いいたします。

« 現在モバイル環境 | トップページ | ファーストインプレッション »

コメント

ご栄転、おめでとうございます。
ますます、池田さんのお力が発揮できるポジションなのではないかとうれしく思います。

以前にも増して、池田さんの動向を注目しながら、わたし自身も自分の工場のために精進していきたいと思っています。
これからも、わたしたちに刺激を与え続けてください。

住まいがわたしの住む福島と若干離れてしまい、お会いする機会が減るように思いますが、このようにネット環境が充実した今、いつも池田さんがお近くにいらっしゃるようにも思えます。

京都案内ができるくらい、京都に詳しくなった際は、ぜひ、妻共々おじゃまできないかなぁと思っております。

池田さんの人生に乾杯!

おめでとうございます。
これからも先生のご研究から学ばせていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。
ご活躍を楽しみにしております。

あべたかさん、ありがとうございます。

というわけで、辞令を受け取り現在午後の文学部の入学式に備えて、研究室の整理をしようとしています。

学校に自分の部屋があるというのは、なんか変な感じですが、自宅にある本が少しでもへるという事が連れ合いには非常に嬉しいようです。

何がどうなるのか分からない人生を、この年になって迎えられるのは嬉しい限りです。できれば、右目で世の中の流れを、左目で物事の本質を見つめられる研究と授業を作っていければなあと思っています。

ネットワーク夏の大阪大会までには、落ち着くと思います。京都をご案内できるようになっていましょう。

これからも、よろしくお願いいたします。

門島さん、ありがとうございます。

今までは目の前の子どもたちが分からないという声に導かれて授業を作ってきましたが、大学では目的を持って研究すべき場所のような気もします。

ですが、人間はそう簡単には変わりませんから、学生の分かりませんに導かれながら授業を作っていくのかなあと思っています。

大した事はできませんが、これからもよろしくお願いいたします。

ご栄転を心からお祝いいたします。
今度は広い視野から日本の教育を変えるためにご尽力されることと思います。楽しみです。
そうそう、このブログでの発信は変わらないのですよね。新たな視点からの池田さんに注目しています!きっと京都の〇〇めぐりといったコラムも出てくるのでは・・・と期待しています。

サトマサさん、お祝いの言葉、ありがとうございます。
なんと、京都の○○めぐりですかf(^^;。

私は修学旅行の引率で何回か来ているのですが、修学旅行は夜の生徒指導がメインなもので、バスの移動は寝ていました。

だもんで、京都は点で理解しており、線や面で理解しておりません。これからぼちぼち理解します。昨日は、祇園や円山公園がどこにあるのかを理解しました。

大学での動き方はまだ理解できていないので、ぼちぼちやっていこうと思います。さて、午後からは私の所属する文学部の入学式です。お昼を食べていってきます。

では。

ご栄転、おめでとうございます。
まさか、池田さんが京都に来られるとは・・・嬉しいです!
是非、一緒に勉強させて下さい。
とりあえず、一度、一緒に飲みましょう。

池田さん、おめでとうございます!
そうですか、京都ですか!ちょっと近くなりました(^^

新しい環境で、池田さんのやりたいことが思い切りできるといいですね。楽しみですね!
私も今年は担任を外されて教科の研究部員に選ばれてしまい、池田さんにご相談したいことがいっぱいですf(^^; お互い健康第一でがんばりましょう!

糸井さん、ありがとうございます。
「人生は思い通りにならない。良いようにも悪いようにも」というのは、最近私が実感する名言です。私が作りましたf(^^;。

まさか、私の人生に京都暮らしや大学教員というステージがあるとは思っても見ませんでしたが、いま住まいしている東山は、(なんだ、ここか)と思えるような縁のある場所でした。

京都には先生の知り合いがほとんどいないので、糸井さんがいて下さって、嬉しいです。
また、生で糸井さんの授業を見せていただける機会が得られそうで、私は嬉しいです。

よろしくお願いいたします。
飲み会の打ち合わせは、メールでいたします。

では。

岩下さん、ありがとうございます。
西の人間になりました。どの程度関西の言葉が私の体にしみ込んでくるのかを、楽しみにしています。

研究部員の仕事は、担任とは違って先生相手の部分が増えますね。教科の先生たちの必要とする学びをセッティングする仕事になりますね。が、岩下さんなら大丈夫ですよ。

私でお役に立てる事があれば、どうぞお使いください。京都からであれば、広島もそんなには遠くないと思いますし(よくは分からないf(^^;。)

よろしくお願いいたします。

ご栄転おめでとうございます。
ますますのご活躍を期待しております。

 かくいう私も、稚内の小学校教師から 利尻島、利尻町の中学校教師になります。
 新しい門出です。
 中学社会科でのディベートを模索しようと思っていますし、池田先生の実践を学びながら、子どもたちを支えていこうと思っています。明日、船で島に渡ります(今、ふぇーリー乗り場の近くのホテルです)

ありがとうございます。

利尻島ですか。もう着きましたか?
おいしい昆布の島ですね。
すごいなあ。

でも、そこからディベートの北海道予選に参加したら、子どもたち嬉しいでしょうねえ。是非、子どもたちにチャンスを与えてあげて下さいね。

楽しみにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/9367815

この記事へのトラックバック一覧です: 転職のご挨拶:

« 現在モバイル環境 | トップページ | ファーストインプレッション »