« 全国大学国語教育学会初日 | トップページ | 一人カラオケ »

2006/05/28

二日目

二日目は、午前中知り合いの先生が発表をされていて、全部回ろうとしたのだが、朝、なぜか熱っぽくてしばらくホテルで様子を見ていたら、門島先生と寺崎先生の発表しか見る事が出来なかった。残念。今度富山に伺います。そして、授業を見せて下さいね。さらに、「きときと」の魚も食べさせて下さいねf(^^;。

だが、午後の提案授業とその後の検討会も熱かった。
難波先生が、小学校4年生を対象にして授業を行う。宮沢賢治の詩をもとに太鼓を叩きながら詩を読み、生徒の表出を狙おうとするものであった。

45分の授業の後、検討会では東北福祉大学の上條先生と岩手大学の藤井先生が提案者に加わりながら、小学校国語の授業の今後の方向性について検討を重ねた。司会は秋田大学の阿部先生。

            ◆

で、授業の評価であるが、二つに分かれた。非常に提案性のある授業で良かったという意見と、これは国語の授業なのか、いやそもそも授業なのかというものである。

授業研究は難しいなあと改めて思った。
提案授業であるから、提案の方向性をきちんと伝える事が大事である。そして、その方向性に導かれて検討を行うものだと私は思う。

しかし、

・方向性が見えない人
・方向性が見えない授業
・方向性が違うと考える人
・方向性が良いと考える人
・自分の方向性に縛られて授業を見る人

など色々なスタンスを持つ人が、一つの授業について考えを述べる。中には、一回目は褒めておきながら、二回目の発言ではケチョンパンに言う人もいて、なんだあと思ったりもした。

授業は、やりたいことと出来た事の差があって当然で、飛び込み授業(つまり、日頃授業をしていない子どもたちに向かって行う授業)であり、提案授業であれば提案の大胆さによってその可能性はさらに広がるのは当然だと思う。

だから、何をしたかったのかという方向性を元に議論する事が大事だと思う。

会場では、岩手の中学国語教育の巨人、南先生にも会う。同じ年齢ではあるが、私とは違いじっくりと落ち着いた実践をされる方だ。なにが凄いと言って、自分の実践を毎年冊子にまとめているのが凄い。今年で第7集となる。これを頂いた。こういう地道な研究が太い実践を支えるのだろうなあ。

良い刺激をまた貰った。

終了時間を3分残し、会場を後にする。盛岡駅から飛行場に向かうバスに乗り遅れそうだったからだ。乗れてよかったけど。

            ◆

飛行場では、飛行機の出発が遅れるとのことだったので、ちょと早めの食事。ジャジャ麺を食す。これで盛岡三大麺、椀子そば、冷麺、ジャジャ麺を食すことができた。良かった良かった。

で、麺を食べながら思った。私はどこに帰るのであろうかと。

聖蹟桜ヶ丘に戻るという感覚はもうあまりない自分に気づいた。だけど、京都に帰るという実感もあまりない。引っ越しを控えていて「戻る」という感覚がないのかもしれない。奥さんは、聖蹟桜ヶ丘の家の荷物を整理し始めたと電話で話していた。

帰るのではなく、新しい旅立ちということを体が理解しているのかもしれない。

さあ、搭乗が始まった。


« 全国大学国語教育学会初日 | トップページ | 一人カラオケ »

コメント

盛岡の懇親会では、書道授業の裏技を教えていただきましてありがとうございます。早速、國學院大のテキストを取り寄せてみます。
実際の授業について、いくつか質問したいことがあります。後日メールでお聞きいたします。よろしくご指導お願いいたします。
また、拙発表についてご意見・ご指導等がありましたら、お願いいたします。
ぜひ富山との交流を実現させたいですね。
寺崎先生と「きときと(新鮮な)魚」たちが待っております。
本当にありがとうございました。

ご発表は廊下で伺っておりました。活発な質問が出ていましたよね。さすがでした。

「書道の裏技」=「模書」ですが、この方法は中国の書道を学ぶ方法としては3000年も前から行われている方法だと思います。妙な精神論を大事にする日本人はこの方法を嫌がるのですが、学習の入り口としては優れている方法です。

大事な事は、

・半紙は、仮名用のにじまない半紙を選ぶ。ゆっくり書いても大丈夫ですし、薄いので下の文字がよく見える。
・筆を選ぶ。是非、生徒には新品を買わせて下さい。お勧めは、「下筆春蚕食叶声」という唐筆です。グレードは色々とありますが、問屋(http://www.mariko3-no-omise.shop-site.jp/)で注文すれば、300円も出せば良いものが手に入ります。
・息は軽く吐いて止めて書く。ゆっくり(500円玉ぐらいの大きさの字で30秒程度かける)と書く。筆を正しく持つということです。

たくさん書く事よりも、一つ一つの字がどのような筆の動かし方で出来上がったのかを考えて、書く事です。

お試しください。

示唆に富んだメール本当にありがとうございました。
まだ一度も書写をやっていませんので、6月中旬から書写学習をスタートできるように準備したいと考えています。これからもアドバイスよろしくお願いいたします。

そのうち、画像を入れて書道編をHPにアップすることを考えました。引っ越しが落ち着いたらやります。

それからいま、私が関わっている学生が富山に教育実習で戻っています。高校の社会科なので直接お世話になることはないかもしれませんが、何かのときにはよろしくお願い致します。

富山県のローカルルールとかあったらアドヴァイスしてやってください。Fくん、君からもお願いしておくようにね。

では。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/10282468

この記事へのトラックバック一覧です: 二日目:

« 全国大学国語教育学会初日 | トップページ | 一人カラオケ »