« 教員養成の大学は動くかも | トップページ | ルールには幅がある »

2006/05/21

学校でワールドカップを見る

今回のワールドカップはドイツ。
なもんで、時差の関係で難しいかもしれないが、学校で子どもたちと一緒にワールドカップを見るという企画を作ってはいかがか。

大人は、ビールを飲みながら仲間達と店で大騒ぎをしながら見る事が出来る。
しかし、子どもたちはビールをジュースに変えても無理だろう。
スポーツは多くの仲間と見る方が面白い。

楢原中学校に勤めている時に、「大人の粋な計らい」ということをやりたいと思い、体育館で一緒に見た。この時は、すばらしい職員室の仲間、校長、そして節度をわきまえた子どもたちと凄い条件が揃って実現する事が出来た。

写真は、予選リーグを勝ち上がれるかどうかの対チュニジア戦。そう、日本が開催国になったときのものだ。
後半、森島のゴールが決まった直後のシーンである。
体育館にテレビのアンテナコードを引っ張り込み、プロジェクターでステージに映してみたもの。

良い時間でしたよ。
生徒会の企画として、お勧めです。

« 教員養成の大学は動くかも | トップページ | ルールには幅がある »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/10177799

この記事へのトラックバック一覧です: 学校でワールドカップを見る:

« 教員養成の大学は動くかも | トップページ | ルールには幅がある »