« 肩車をしてもらいながら高みに登り続ける | トップページ | そういえばこないだゴリエが来ていたよ »

2006/06/16

ダンスで理科

中学校を退職する前に、体をチェックした。臓器が弱ってきていると思ったからだ。
結果は、年齢相当の状態だったわけだが、腹の調子は悪い。ちなみに、原の調子も悪い。

電車など時間で動くものを使いながら生活をする生活は、年中腹の調子の悪い者にとってはつらい。それなりに、前日から準備をするのだが、こればかりは当日のその時になってみないことには分からない。だから、待ち合わせに迷惑をかけることも多い。すみません。家を出るまでは大丈夫でも途中からあれーってなことも良くあるんです。

            ◆

京都駅に降り立ったときに、
(あれ、やばいかな)
と思う。
(でも、時間がないから乗ってしまえ)
と近鉄急行に乗るが、ますます状態は悪くなる。
(だ、だめだ)
とホームのトイレに向かう。

ということで、急行一本遅れてしまいました。
藤川先生すみません。

            ◆

私の住む滋賀県大津市の西大津駅から京都駅までは二駅。乗っている時間も十二分程度。だが、長いトンネルを抜けていくこともあり、世界が全然違うのを感じる。

京都駅に着くと、華やかという感じがよくわかる。
もちろん、観光に来ている外からの人たちも多いのだろうし、これから出て行く人も多いのだろう。が、やはり華やかだなあ。

で、どうなんだろうと思う。
その華やかな状態が日常の状態である毎日ってのは。
いつも、きりっとしていなければならない生活ってのは辛くないのかな。

ま、ネクタイのように慣れてしまうのかな。
Tシャツに半ズボンの生活は、それだけで楽しいと思う私にはダメということなのかな。

            ◆

糸井先生の学校についたら、関係者が揃っていた。総勢12、3人ということだろうか。今日は、「ダンスで理科」の発表会である。3、4時間目を使ってメダカの卵、孵化、稚魚、成魚、交尾、卵のサイクルをダンスで表すのだ。

なぜ、ダンスで理科なのか。
私の理解では、観察を表現に高める方法としてダンスで理科なのだと思う。観察した内容をまとめてラップミュージックで表現したり、いろいろな手法を使っている。

授業のメインのところでは、コーディネーターのダンサーが子どもたちを指導していく。コーディネーターのダンスをまねることで、子どもたちは身体の解しをしていく。

私が、一番面白いと思ったのは、ダンサーの「指示」の言葉は標準語なのに、「評価」「感動」「疑問」「呼びかけ」などの言葉は京都弁で語られていたこと。その差が授業の輪郭をきちんと伝えている。バイリンガルである。

授業後のちょっとした反省会でそのことを話したら、ご本人は
「そんなこと言われたのは初めて」
と言われてしまった。
気がついていなかったのだろう。私が関東の人間で、国語の人間なので気がついたのだと思う。

しかし、標準語と故郷の言葉の二つを持っている先生は、これを意識して使った方がメリハリのある良い授業になると思った。

他にも色々と発見はあったが、この発見を導いてくれた糸井先生とその子どもたちに感謝したい。

            ◆

その後、奥さんと待ち合わせをして京都の駅ビルで買い物。
週に一度ぐらいは京都で買い物と言うぐらいがちょうどいい感じだ。

今旬の、水茄子の漬け物をゲット。これが美味しいんだ。
水ようかんもおいしい。特に抹茶水ようかんがおいしかったのでそれもゲット。
山芋のわさび漬けもゲット。

久しぶりに外を歩き回って、疲れたあ。
しかし、心地よい疲れであった。

« 肩車をしてもらいながら高みに登り続ける | トップページ | そういえばこないだゴリエが来ていたよ »

コメント

 地方の話し合い活動は、盛り上がってきた瞬間に土地の言葉が解禁になります。富山県の堀川小学校を見学しているときに気づきました。

どこかに閾値があるわけですね。その閾値はなんでしょうかねえ。お酒が入るといきなり閾値は低くなるのは分かりますが、まさか、小学校の話し合いでお酒と言うことでもないでしょうし。
 
            ◆

このバイリンガルで指導する地方の教師は、自らのバイリンガル性に気がついているのでしょうかね。

そして、気がついているならそれを授業の中で指導の技術として使っているのでしょうか。

私はハッキリと声質を変えることで、このバイリンガルを擬似的に行っていました。

授業を立体的に構成できるので、この技が使えると便利だと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/10551198

この記事へのトラックバック一覧です: ダンスで理科:

« 肩車をしてもらいながら高みに登り続ける | トップページ | そういえばこないだゴリエが来ていたよ »