« なんか、凄い偶然 | トップページ | 小野道風の神社 »

2006/06/12

引っ越しは、恐ろしい

引っ越しは、恐ろしい。

そんな恐ろしい引っ越しができるのは、まず間違いなく奥さんの御陰である。
本人にとっては大切なものも、周りから見ればゴミというものがある。
これをきちんと判断して引っ越しの時に持ってくるのは、難しい。
しかし、奥さんはこれをきちんとやってくれる。

            ◆

今回、中学校から大学に籍を移して、今までは単に思い出として持っていただけのものが使えるかもしれないと思うようになった。
学級通信や教科通信など過去の通信はすべてとってあるのだが、日頃は見ないのだが、今回の引っ越しでは
「これ、授業の資料になるんじゃないの?」
と奥さんが奥にしまわないで取り出せるところに置いておいてくれたのだ。
さすがだ。

            ◆

いやあ、なんというか懐かしく恐ろしい昔の資料が引っ越しと同時に目の前に現れたのだ。
おそるおそるいくつか見てみる。
ひえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜である。
今の字よりも幼い字で、手書きで書いてある学級通信を確認。
でも、これはこれでいい味出しているなあ。

さらに、なんと教育実習の最後の時に書いてもらった高校生からの感想文の束も発見。
ひえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜である。
これもおそるおそる見てみる。

が、思ったよりも好意的なことが書かれているのでびっくり。
そして、私は生徒の感想で批判的なことを書いてくれている部分に赤線を引いて
どうしようかと考えているのだ。

ん〜〜〜ん。なんと真面目な私。
そして、多少はそのときの生徒達に教えてもらった私の弱点は直せたかなと思って、約束を果たせたのではないかと思った。

極めつけとして、教育実習日誌も発見された。
これもこれもおそるおそる見てみる。
ひえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜である。
なんて生意気な教育実習生だったんだろうf(^^;。

こんな日誌を書いていて良く実習でオッケーが出たな。
今私が指導教官なら、コテンパンに叩くだろうなあ。
でも、叩かれても叩かれていることに気がつかない私だったかもしれない。

            ◆

教育実習に行っている学生諸君よ、最後に生徒に感想文を書いてもらうんだぞ。宝物になるぞ。
良いことも悪いこともたくさん書いてもらいなさい。悪いところを直せれば、子どもにとっていい先生になれるってことなのだから。

その宿題を教師になってから少しずつ返していきましょう。

« なんか、凄い偶然 | トップページ | 小野道風の神社 »

コメント

「きときと」です。
今日研究授業を終わらせました!
ばっちり感想を書いてもらいました(^^)
自己評価表を生徒に書かせ、私の授業に対する評価もさせた
という形です。
なかなか思うようにならないし、自分の欠点ばかりが目に付いて仕方がない、という実習13日目でした。

また生徒に書いてもらった感想をおみあげにして、研究室のドアをノックさせていただきます(^^)

きときと君、研究授業は終わったか。
それはご苦労さんでした。
いろいろな課題を貰ったかな。
確か、水曜日で実習は終わりだったね。

とあるところから(Yさんね)、金曜日に大学に来ると言う話を聞いたので、時間があったら研究室に顔を見せにおいでな。

ただ、私はちょっと出かける用事があるので細かい時間はメールでね。

じゃ、後少し充実した時間を。

私も、あなたの新採時の学級通信を・・・持っています(^-^;
たぶん。あれ・・・、整理したから・・どうしたかな。
でも、ついこの間、しっかりと読んでしまいました。
綺麗な字でとてもすてきな学級通信です。
プレミアついていますか??
指導案とかもあるかも。

異動すると出てきます(^.^;

そんなあ、脅さないでねf(^^;。

で、結婚してKI崎さんになった同期のKI崎さんて覚えている? 小学校の先生ね。先日私がメインに参加している「授業作りネットワーク」の春の大会で、同じ名字の男の先生がいたのね。

それで、
「いやあ、私の知り合いにもKI崎先生っているんですよ。私と同期でね」
と話したら、
「家内です。先生の学級通信持っています。参考にして書かせていただいています」
なんて言われてしまって、びっくり。

みんな物持ちが良いのね。
で、
し、指導案だけは勘弁して下さいf(^^;。
サッカー応援するから。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/10492120

この記事へのトラックバック一覧です: 引っ越しは、恐ろしい:

« なんか、凄い偶然 | トップページ | 小野道風の神社 »