« 日刊 池田修 | トップページ | 富山へ その1 »

2006/06/27

見れば分かる

岡田氏の後は、トルシエ、ジーコ、オシムと日本サッカーの代表チームの監督は移り変わっていく。出身国は違えど全員外国人である。サッカーをやっている人から見れば当たり前なのかもしれないが、凄いなあと思うのは「見れば分かる」と言うことである。

もう少し言うと、言葉で判断するのではなく目で見たもので判断できると言うことである。サッカーという現象は言葉で行われるものではなく、身体を使って表現される。だから、言葉等必要なくその動きを見れば、どんな選手なのか、どういうチームなのかが分かる。だから、外国人の監督でも大丈夫である。

ということなのだろうが、さて、私が外国人の子どもを見て、見るだけでその子どもたちに必要な指導の観点を理解し、適切な指導が出来るだろうかと思ってしまう。外人の子どもを、言葉の問題は気にしなくても良いと言われて、指導できるのであろうか。

もちろん、私が指導する部分は言葉を中心としているものだから、見るだけで子どもを理解して指導できる部分は少ない。が、それでも言葉の介入が必要のない部分で、できるのだろうかと思ってしまう。

外国人の指導者を考える時に、子どもを見る目という部分で参考になる何かがあるに違いない。

« 日刊 池田修 | トップページ | 富山へ その1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/10697054

この記事へのトラックバック一覧です: 見れば分かる:

» [サッカー]わからないからこそ [ことば・コトバ・言葉]
今日のチャペル礼拝は校長がメッセージ。中学生相手ということで、わかりやすい内容を心がけたのでしょう。話題のサッカー日本代表の監督についてでした。 これがけっこう胸にストンと落ちる話で、感心してしまいました。 先日、校長はジェフ千葉の元社長の方と話をされたの... [続きを読む]

« 日刊 池田修 | トップページ | 富山へ その1 »