« この調子で | トップページ | 5年後には3TB »

2006/06/08

小学校4年生にも分かるように説明せよ

高校での模擬授業。45分の持ち時間であったが、チャイムがなってから教室に移動だったので予定していた45分の授業の枠通りに進めるのが厳しくて、参った。

授業の最初に教室を見たら、ペットボトルが一本机の上にあった。
『はい、それではそのペットボトルしまってくれる?』
と言った瞬間、教室の空気が重くなるのを感じる。しかし、そんなことでめげてはいられない。授業を受ける者として、飲み物を机の上に置いておくことを私は許さない。

ま、それでも授業の半ばから教室の空気も暖まり、最後には高校生達も喜んでくれたようだ。アンケート見るとわかる。薔薇という字も書けたことだし。「もっと授業をしてほしい」と書いてくれた生徒も多い。じゃあ、京都橘大学で待っているぜ(^^)。

            ◆

高校からはタクシーで大学に戻る。5時間目の授業がある。だけど、15分ぐらい遅れてしまった。すまん。京都は名神高速道路が集中工事で一般道路が混んでいる。んなもんで、タクシーもその渋滞にはまってしまったのだ。

今日の授業は、「作文の指導1」である。学校で指導する作文の種類を「体験の作文」「伝達の作文」「思考の作文」の三つに分類し、主に「体験の作文」の指導法について、その哲学や原稿用紙の使い方、作文指導のアナロジーなどについて話す。

予想した通り、中高で作文の書き方を習ったことのある生徒は皆無であった。なぜか、作文を書く時は「書け」「思った通りに書け」「時間内に書け」「書けなかったら宿題で書け」と命令なのだ。これは指導ではない。

次週は、具体的な指導法について述べることになる。

            ◆

研究室に戻り、実習生の指導。扱う教材は「メディアに軽重はあるか」というもの。一週間考える時間を置いての指導。

・「メディア」とは何かを、小学校4年生にも分かるように説明せよ

という課題を与えておいたのだが、彼女がやってきたのは、専門書を読み、そこに書いてある学術的な定義を書き写してきたことであった。真面目な学生がはまるパターンである。

彼女は、学術的な説明を調べ、自分でも理解した。それは正しいし、当然のことである。しかし、それは、説明ではない。小学校4年生が分かるはずもない。

そこで、私は次の説明をした。

『君がしてきたことは、定義を捜してきたことだね。子どもたちにその定義を話しても分からないよ。子どもたちは、手紙、新聞、パソコン、フロッピー、ラジオ、テレビ・・・と具体的なメディアから、抽象的な定義には至れない。教師は、具体と抽象との間の理解を促す「説明の言葉」が必要になるのだよ。そして、それはおそらく「比喩」がキーワードになるはずだ』

という話をしながら、私が中学校でやってきた実践の話、研究授業の山場はどうするか、授業全体のまとめはどうするかなどの話をして終わる。

やる気のある学生の指導は、気合いが入るなあ。

            ◆

家に帰ってから今日のことを奥さんに話していたら、奥さんから次の授業のアイディアを貰った。そうか、そういう手があったか。ありがたい。

『こんな時どう言い返す』という本を作った連載も、奥さんの一言から始まったのだが、奥さんのこういう一言は的を射ていることが多いからなあ。新しい展開があるかも。

うーん、いいなあ。

« この調子で | トップページ | 5年後には3TB »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/10444207

この記事へのトラックバック一覧です: 小学校4年生にも分かるように説明せよ:

« この調子で | トップページ | 5年後には3TB »