« 西大津のタイ料理 | トップページ | 教育実習報告会 »

2006/07/08

書き込み回覧作文で作品を味わう

S1 自分の作文に感想を書いてもらえると、どういうことに皆興味があるのかわかるから、次に作文を書く時の参考になるので、とてもいいかと思いました。もう一回、書き直したのを見てもらいたい。テスト作りはとても難しそうだけど、頑張って作ってみたいと思います。(特に文章題)

T 学校教育に置ける指導は、具体的でなければならないと私は考えています。『教室の皆が興味を持てるような具体的な内容で書きましょう』と指示を出したとしても、①教室の皆が興味を持てるような内容。②具体的な内容の2点について、多くの中学生は理解できないでしょう。書き込み回覧作文を行えば、このうち①についてはコメントが貰える事で生徒は分かります。②について説明するのみになります。で、具体的ってなんだか分かったよね?

S2 友達の作文を皆で楽しめるって良いなと思いました。テスト作るのも不安だし、解くのも不安です・・・。

T 文章が自分の生活を見直すきっかけになるということはありますよね。これはつまり、書く事考える事に繋がっているからです。書いて、読んで、考える。この循環が大事なんですね。

S3 書き込み回覧作文でみんなからコメントがあると、すごく嬉しかった。「書きたい!」と思わせることが大切だということが理解できた。何回も読み返して自分できちんと指導できるようにしたい。

T そうです。みなさんは、教師になるのですから、自分が分かるだけでは不十分です。みなさんは、分かった先に「指導できる」ようにならなければなりません。力を付けて下さい。

S4 テストを作るのは、かなり難しそうだと思った。テストを作る時に考えなければいけないことが想像以上にあったし、配点を考えるだけでも大変だと思った。実際に受ける立場の時は、「何でここの配点が高いんだ?」と不満も色々あったが、ちゃんと理由があり、考えられた結果そうなっていたのだと分かった。

T 今回のテスト問題をつくる授業では今までの授業と違って、最初に丁寧にその方法を説明しませんでした。私の作ったテストの実際の見本を見せるだけにして、あとはお任せ。理由はあとで説明します。良い問題を作って下さい。

S5 今日の授業の前半でやった体験作文の回覧はとても面白かったです。インパクトの強かった内容はまだはっきりと覚えていて、思い出すと笑えます。私も他の人の印象に残るような作文を書きたかったなと思いました。

T 竹の味、浴衣、長沢、ポップコーン・・・。これらは今でも鮮明に思い出す事が出来ます。自分にしか起こらなかった体験を、読者に分かりやすく丁寧に、インパクトのあるように叙述する事。これが大事なんですね。

S6 書き込み回覧作文は、いろんな人の過去の体験を知ることが出来て楽しかった。でも初めの一分は作文を2枚しか読むことが出来ず、はじめの方にちょっとコメントを書いたぐらいでした。テスト問題作りを来襲して、解く時に、もう忘れてしまった漢字がたくさんありそうなので、解くのが少し怖い気がします。

T ということで、この書き込み回覧作文は、学級の行事のあとにお勧めなんです。同じ体験をしながら、感想が違ったり同じだったり。その中で仲間が育っていくことを私は指導の中で何回も見ました。

テスト問題は作るよりも解く方が厳しいみたいですねえ(笑)。

S7 回覧作文は、みんながどんな事書いているかわかって、良いと思った。確かに、よし、自分も頑張ろうという気持ちになると思います。今日は、料理を味わうように、作文を味わえたと思いました。テストを作るのは初めてですが、難しそうだけど頑張ろうと思う。

T 味わって読んでもらった作文は、喜んでいるでしょう。丁寧に書いたものを丁寧に読む。そんなことが繰り返し行われる授業が教室で普通にされるなら、子どもたちの作文力は向上するはずです。

S8 テストを作る。どんなテストにしたら良いのか今からとても悩んでいます。それ以上にパソコンを買わないといけない。書道だからいらないと思っていたのが甘かったなあと今日一番思いました。作文も次に書くときに今回以上に読んでおもしろと思ってもらえる作文を書けたらと思います。パソコンは中学の時に3台動かなくしたのを思い出しました・・・。

T ものを買う時は、欲しいから買うではなく、必要だから買うと考えておくと良いと私は考えています。欲しいものというのは、よく考えてみると欲しいのではなく、「欲しいと思わされている」ことが多いわけです。CMとか作られた流行とかにですね。だから、あんなに欲しかったものがあっという間にどうでも良いものに変わります。

ですが、パソコンや万年筆などは、あなたの人生に必要なものでしょう。そして、この道具を使いこなすにはある程度のトレーニングの時間が必要になります。確かに「書道は卒業論文がないからパソコンは必要ない」という考え方もできますが、あなたの長い人生を考えるとき、パソコンなしの人生は考える事が出来ません。そういうものは、早めに使えるようになって置く事が大事です。

私も持っている万年筆は、普通に使ってもあと2〜300年は使えますが、自分の癖に馴染んで使いやすくなるには5年ぐらいかかりました。あなたが今買っても、就職した時には使いやすくなっていません。だから、そのような一生ものは、なるべく早く手に入れて、亡くさないように大事に使っていくのです。その方が安いし、価値があります。

必要かどうか、これがポイントです。

S9 作文の回覧がとても楽しかったです。同じテーマなのにそれぞれの体験が見れて楽しかったです。テスト作り、高校に教育実習の内諾貰いに行った時に話を聞きました。未知の領域に足を藤入れるのは面白そうですが不安です。しかし、予行練習だと思って考えます。

T 未知の世界に突入する時に、わくわくする人生でありたいと思います。多少は準備もしますが、準備しているうちに、チャンスを失うことのないように。大学の授業でなら、失敗したって聖蹟が悪くなる程度です。本番でこけないように、大いに挑戦して下さい。

S10 回覧作文がとても面白かったです。コメントがついて返ってくると嬉しいし、他の人がどういう所に注目して読むのかが分かりました。これを続けていいくときちんと考えて作文が書けるよう」になるし、書く事自体がスムーズになると思います。教師が参加できるのもいいなと思いました。

T ときどきはこうして生徒のいる場所に先生も降りていって、一緒の活動をすることが大事だと思います。中学生であっても子どもたちは喜びますよ。何より見本を見せる事が出来るのが貴重です。

S11 みんなの作文を回覧して、面白いなと思ったり凄いと持ったり、楽しかったのと同時に勉強になりました。「この表現おもしろい」というのがあって、作文を書く時はぜひ使おうと思いました。テストを作るのは難しそうで、今からどうしようと不安ですが、先生のテストなどを参考に作りたいです。

T 【「この表現おもしろい」というのがあって、】とありますが、【たとえば、〜のようにおもしろい表現があって、」と書く事が大事です。具体的に引用する事です。その引用が無いと、何が面白いのか分からなくて読者は消化不良を起こします。心がけて下さい。

(教科通信 修学 NO24、5より)

« 西大津のタイ料理 | トップページ | 教育実習報告会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/10844966

この記事へのトラックバック一覧です: 書き込み回覧作文で作品を味わう:

« 西大津のタイ料理 | トップページ | 教育実習報告会 »