« 教育実習報告会 | トップページ | 京都橘大学 児童教育学科開設シンポジューム »

2006/07/08

福山へ

金曜日は、昨年に続き広島の福山にある中・高校一貫校にお招き頂いて、研修会の講師を務めた。昨年は、ディベートに絞ったものであったが、今回は国語教育全般について。「確かな学力をつけるための魅力的な授業づくり 国語を好きにさせる授業づくり」という大きなテーマを頂いての2時間半のお話でした。

1)漢字指導
2)作文指導
3)学習ゲーム
4)シラバス検討

という大きなテーマばかりで、果たしてご要望に添ったお話が出来るか、時間内に終わるかという不安がありましたが、無事に終わらせる事が出来ました。

先生方は、期末考査の最終日、つまり採点がたくさん残っているにもかかわらず、熱心に参加してくださいました。学校を回していく中堅の実力派の先生達は、教科の枠を超えて参加してくださり、しかも休憩時間なしでした。

研修会とか講座とかは、するがわの問題だけではなく受講される方の熱意に支えられて作られるものでもあります。今回もそれをしみじみ感じました。

            ◆

研修会の後は瀬戸内の美味しい魚を食べに。
採点もあると言うのに、先生方も参加してくださいました。
旬の天然の鱸(すずき)の刺身は、身も締まっていて美味しゅうございました。

と、新幹線の中でこの文章を書きながらふと窓の向こうを見たらきれいなお城だ。
あ、姫路城ですね。
新幹線から見えるんだ。

で、思うのですが私、本当に幸せね。
自分の言いたい事を言って、それが先生方のお役に立てて、
美味しい魚まで食べられるのですから。

富山の魚に、瀬戸内の魚。
幸せダア。

            ◆

来週末は、名古屋に向かい、ディベート甲子園東海支部の地区大会のジャッジを務めます。名古屋の魚ってなんだ?

を、こんどは右側に明石海峡大橋が見えるぞ。
新幹線ってやっぱり凄いなあ。

充実した広島行きでした。

« 教育実習報告会 | トップページ | 京都橘大学 児童教育学科開設シンポジューム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/10845653

この記事へのトラックバック一覧です: 福山へ:

« 教育実習報告会 | トップページ | 京都橘大学 児童教育学科開設シンポジューム »