« やってみせて、教えて、やらせる | トップページ | それじゃ、甲子園で »

2006/08/03

楽しい一日を終えた

午前中は大学の仕事。
大学の論文を集めた紀要集の合評会があり、私は一人の先生が書かれた論文のレポーターを担当することになった。

教育方法に関係するものということで、私にご指名があったのだが、大学でのこういうお仕事は初めてなので、何を何処まですれば良いのかわらから無い。

そこで、

1)この論文から学んだこと
2)良く分からないこと
3)今後の研究に期待すること

の三つの柱に分けて15分間で発表した。

大学の授業に関わってシラバスと、クラスシラバスというものについての論文であったが、学校教育現場における、年間指導計画と学級開き、授業開きとの関連性に付いてレポートした。

少しずつ大学の仕事に関わることで、色々なことが分かるなあと思った。

            ◆

レポーターを終え、慌てて京都芸術センターに向かう。「ダンスで理科」の研究の中間発表会があったのだ。糸井先生岩瀬先生が発表を行い、藤川先生小暮先生がコメンテーターと言うのであれば、行かないわけが無い。

私は自分が学んできた道のりから、学習の活動において、
(これだと引いてしまう子どもがいないか)
(オレならやらねーな)
とか思う基準で授業や発表を見ることがある。また、授業の展開に従いつつも、別の流れで、別の文脈で授業を見ることがある。ここが私に取っての学びだと思うのだ。
ちょっと遅れて会場に付いた私は、ワークショップには参加しないで見学しながらそんなことを考えていた。

発表そのものもさすがのレベルであったが、そういう意味では、また別の意味で私にとっては非常に刺激的な中間発表であった。

            ◆

発表会の後、コーヒー屋さんに出向き、一次会。さらに、和食のお店でビール。そして、日本酒専門店で日本酒を楽しむ。

日本酒専門店では、「ぬる燗」を頼んでいるのに、どうしても「熱燗」になって出てくるのが不満であったが、つまみなどは絶品だったので、許す。

二学期からのそれぞれの新しい展開を約束して、楽しい一日を終えた。

さあ、明日からキャンパス見学会だ。

« やってみせて、教えて、やらせる | トップページ | それじゃ、甲子園で »

コメント

先日は、どうもありがとうございました。
たくさんお話を伺えて、とても楽しく、勉強になりました。
「ダンスで理科」はまだまだこれからですが、
(個人ブログの方をトラックバックさせて頂きました)
どうぞよろしくお願い申し上げます。

TBありがとうございました。
そして、楽しい企画をありがとうございました。

ダンスにはいろいろな可能性があると思います。私の恩師の本の帯には「著者とダンスをするようにこの本を読んでみませんか?」というコピーがありました。

まさに、ロンドを踊っているかのような論の展開に、唸ったことがあります。

理科は全くの門外漢ですが、授業をつくるという観点から、また、教師教育という観点から何か学べればと思っております。

それから、京都のおいしいお店もたくさん教えていただきまして、ありがとうございました(^^)。教えていただいた割には、名前はおろか場所ももう分かりません。

またご案内頂ければ幸いですf(^^;。

良い夏を。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/11240180

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しい一日を終えた:

» 「ダンスで理科が好きになる」研究会、終了しました! [こども、アート、日々。]
「ダンスで理科が好きになる!」の研究会が、無事に終了しました。 本当に、さまざまな分野の方々にお越し頂き、 大変有意義な会となりました。ご来場頂いたみなさま、パネラーのみなさま、 京都芸術センターのみなさま、本当にどうもありがとうございました。 研究会の正式な成果報告にはもう少しお時間を頂くとして、 以下は、イデガミ的目線から見たこの一日の“個人的”記録日記です。 ・・・ とりあえず昨日の段階で必要(だと思われる)準備はすべて終えたと思っていたので、 余裕の10時出勤。だ... [続きを読む]

« やってみせて、教えて、やらせる | トップページ | それじゃ、甲子園で »