« 教材論と指導論に入って行く | トップページ | 今月の歌詞 9月 真夜中のテニスコート »

2006/09/29

特別活動論最終課題提出締め切り日

特別活動論の最終課題の提出締め切り日が今日であった。
受講生の9割の以上の学生がこの課題に取り組んだことが分かった。
これから出席、提出物、課題などを元に、成績をつけることになる。

学生用の掲示板には以下のように書いた。

引用開始 ーーーーーーーーーー

課題提出ご苦労さんでした。
初めての経験だらけで大変だった部分もあったことでしょう。
しかし、多くのことを学んだのではないかと思う。

だた、実際はまだまだ多くのことをしなければならないのは、分かるかな。

実踏計画、実踏(本当は、施設の人との打ち合わせ、旅行代理店の人との打ち合わせもあるのだが、今回は、相手のことを考えて割愛したのは、理解しておくように)、実踏報告書は、遠足の教員側の担当者の準備であり、この先に、実施学年での細かいスケジュールの打ち合わせ、職員会議での学校全体への周知、保護者会での説明、教育委員会への計画書の通知がある。

生徒への指導では、学活での実行委員会決め、クラスの係決め、班長の選出、実行委員会の指導、栞作りなどがあり、やっと実際の遠足本番を迎えるわけである。

もちろん、帰ってきてから、遠足のまとめをクラス、実行委員会レベルで行い、保護者への会計報告、教育委員会への実施報告、文集作りと行うのである。

これらは、晴天で、生徒指導上も身体的にも配慮することの無い生徒ばかりで、当日事故が発生しなかったときに行われる非常にありがたい遠足の場合である。つまり、この課題は、宿泊を伴う行事のうちの初歩の一部であるということが分かっただろう。二泊三日の修学旅行となるとどういうことになるか、想像してみると良い。

            ◆

諸君の感想を読んでみて、多いのが

「計画通りでいいと思ったら、実際に行ってみたら違っていた」
「一人で行くのと、集団を動かすのは違うと思った」
「こんなに大変だったんだ。今までの先生に感謝したい」

というものであった。
生徒の立場で見える景色と、先生の立場で見える景色は、同じものを見ていても全く違うということに気がついたのようなので、良かったと思っている。

なぜ、これらの計画を立て、実踏をするのか。
それは、安全に子どもたちの活動を保障するためである。自信を持って子どもたちに学ばせるためである。
学校内の活動では、子どもたちの安全を守るためにさまざまな手だてがとられている。しかし、外での学習となれば、その安全のための手だてを一時的に手放すことになる。だから、念入りにやるのである。

正直なところこの実踏には、正解はない。正解は無いが不十分な実踏というものはある。また、正解は無いが、質の高い実踏というものもある。本番や本番に至るまでの子どもたちの学習と安全を保障するために、まずは十分に準備を行うのである。

今回の実踏の課題は、場所を公園に指定し、比較的安定した場所を選んだつもりである。初心者向けの場所だ。
しかし、中級、上級となるともっと大変だぞ。
私の経験でも、山の中でオリエンテーリングをさせる時には、子どもが迷子になりそうな細い道は、その道がどこまで続いているのかすべて確認したし、養護学校で遠足に連れて行く時は、トイレの場所の確認だけでなく、トイレの扉を開けて子どもが落ちないかどうかも確認するとのことであった。

教師が子どもを引率するということは、そういうことなのである。

            ◆

「子どもたちが、この計画に従って楽しく学んでくれたら嬉しいと思う」

という感想もあった。

そうだね、それが教師の喜びの一つだ。
来年度、一年生が入ってきたら是非、貴方のその計画で岡崎公園を案内してあげてください。
そのとき、貴方が成長していれば公園はまた別の姿で貴方の前に現れ、去年は気にもしなかったところに気がつくようになっているはずです。

課題提出、ご苦労さんでした。
私はこれから評価に入ります。
じっくり見ます。
心して待つように。

p.s.1 蛇足ながら、君たちが私に言う言葉は「おつかれさまでした」「ご苦労様でした」ではないよ。
このところ、私が大学から帰る時に声を掛けてくれる諸君がいるが、そういうときは、「おつかれさまでした」「ご苦労様でした」ではなく、「ありがとうございました」とか「失礼します」ですね。アルバイト言葉ではない言葉も使えるようになりましょう。

p.s.2 さらに蛇足ながら、この特別活動論は教職を(なりたい程度の違いはあるだろうが)目指している諸君が受講しているはずだ。公衆道徳ぐらいは守れなければならない。学内を見ていて、私が気になるのは、

・ ベンチの上に土足で乗っている。(足を折り曲げて)
・ 指定の場所で喫煙をしていない。
・ 静寂な図書館にも関わらず、ヒールの音が響いている(特に階段)のに配慮の無い歩き方。

受講生で心当たりのある諸君は、厳重に注意されたし。教師になる資格なしと判断されても仕方が無いぞ。

引用終了 ーーーーーーーーーー

そうなのです。
先生は、授業の前後、試験の前後、課題提出の前後が勝負なのです。

さあ、やっぞ。

« 教材論と指導論に入って行く | トップページ | 今月の歌詞 9月 真夜中のテニスコート »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/12084994

この記事へのトラックバック一覧です: 特別活動論最終課題提出締め切り日:

« 教材論と指導論に入って行く | トップページ | 今月の歌詞 9月 真夜中のテニスコート »