« 一雨降ってひんやりしてきたな | トップページ | 『ダッセン』(長岡秀貴) »

2006/10/25

なんとも居たたまれない

なんとも居たたまれない。
こんなことがあったのか。
私の記憶では全然報道されていなかったが。
折角夢を実現して教師になったと言うのに。

引用開始 ーーーーーーーーーー

「教諭自殺、学校に責任」両親が公務災害認定を申請

 東京都新宿区立小学校に今春から勤務していた新任の女性教師(当時23歳)が自殺したのは、仕事上のストレスや学校の支援不足が原因だとして、この教師の両親が24日、地方公務員災害補償基金東京都支部に公務災害の認定を申請した。

 心の病で休職する教師が増える中、新任教師の死は学校現場に課題を突き付けている。

 両親の代理人弁護士によると、この教師は4月、2年生の担任になった。保護者と交換する連絡帳の中で、宿題の出し方が安定しない、子どものけんかで授業がつぶれるなどと指摘されるようになり、5月には、人生経験の少なさも批判された。

 このため5月22日、校長に初めて相談。保護者と電話で話すよう指示を受けたが、時間外労働も加わり、過度のストレスを感じていた。自殺を図っていったん未遂に終わったが、同月末にもう一度自殺を図り、翌日死亡した。ノートには「全(すべ)て私の無能さが原因です」などと書き残されていた。弁護士は「保護者からのクレームなどで精神的に追いつめられ、学校の支援も不足していた」としている。
(読売新聞) - 10月25日1時53分更新

引用終了 ーーーーーーーーーー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061024-00000215-yom-soci&kz=sociより

こんな状況になったのはなぜか?
この問は、実は間違っている。
「なった」のではなく、「した」のである。

教育の責任を一人の、しかも新人の先生に任せてしまうなんて、無理である。それを支えるのが同僚であり、校長であり、教育委員会であるのに。もちろん、学校現場に入る前に力を付けなければならない大学にも問題はあるはずだ。ではあるが、それらをさせない、することができないようにしているものの存在もある。

おーい、教え子で教師をしているみんな大丈夫か。
辛かったら休めよ。
全然問題ないぞ。
教育のすばらしさに出会う前に倒れそうになったら、一度立ち止まるんだぞ、引き返すんだぞ。
先は長いんだから。

« 一雨降ってひんやりしてきたな | トップページ | 『ダッセン』(長岡秀貴) »

コメント

続報です。

引用開始 ーーーーーーーーーー

保護者から批判『結婚、子育てしてないから』
『ストレスで教諭自殺』

 東京都新宿区の区立小学校の女性新任教諭=当時(23)=が過重労働やストレスで精神疾患にかかって自殺したのは公務災害に当たるとして、両親が二十四日、地方公務員災害補償基金東京都支部長(石原慎太郎都知事)に公務災害の認定を申請した。

 申請によると、この教諭は今春大学を卒業。四月に同校に赴任し、二年生の学級担任(児童二十二人)となった。大学時代は健康だったが、五月下旬に病院で「抑うつ状態」と診断された。同月三十一日に自宅で首つり自殺を図り、六月一日に死亡した。

 教諭は着任後、連日授業の準備に追われ、一カ月の超過勤務時間は百時間を超えた。また、保護者からの連絡帳には指導への疑問や批判が繰り返し記され、「結婚や子育てをしていないので経験が乏しいのではないか」と人格を侵害するような内容もあったという。

 同校は一学年一学級編成で、教諭は友人に「相談する人がいない」と漏らしていた。八月に自宅で見つかったノートには、「無責任な私をお許しください。すべて私の無能さが原因です」と書かれていた。

 記者会見した代理人の川人博弁護士は「新任教諭への学校のサポート体制が脆弱(ぜいじゃく)だった。保護者にも新任教諭を育てる姿勢が必要だ」と指摘している。

 同校校長は「若い尊い命が失われたことは痛恨の極みで、ざんきに堪えない。誠意を持って対応する」と話している。

 区教委の木下川肇教育指導課長は「現段階で申請内容を確認できないが、手続きには協力する」とコメントした。

引用終了 ーーーーーーーーーー

http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20061025/mng_____sya_____009.shtml

報道が事実なら、なんともやりきれない。
自分の子どものことしか見ることができない親たちの存在だ。

この人たちの特徴は、なんでもかんでも他人を自分と同じレベルや立場にして比べる。そして、その同じレベルにするときは、大概の場合、相手のレベルや立場に従うのではなく、自分のところに引きずりおろして行う。

結婚して、子どもができてが標準か?
結婚もせず、子どももいなくたって「大村はま先生」は大村はま先生だったし、いやひょっとしたら結婚しないで子どももいなかったから大村はま先生だったかもしれない。

子どもがそういうことを言ったら、
「人様にはいろいろと人には言えない事情があるものよ」
と嗜めるのが大人であり、親である。

経験がないことは、確かに教師にとっては頼りないことかもしれない。だけど、最初から経験が豊富な教師なんてどこにもいない。必死に頑張っている若い先生を育てるのが、経験豊かな保護者の仕事だろう。

自分の子どもが、その先生の最初に担任した子どもになれるってのは、幸せだってのが分からないのかなあ。その先生にとっては一生で一回の経験なのに。忘れることのできない生徒たちになるのに。

若い教師たちは、
「保護者との関係をきちんと作りましょう」
という指示を受けて、保護者の要求を全面的に受け入れることが大事だと考え、その通りに行っている人がいる。

そんなこと無理だぞ。
一人の親の要求は、他の一人の親の要求と正反対のことがあるんだぞ。学校は一人の子どもの家庭教師を引き受けているのではない。そんなことしていたら、学級で無くなるぞ。

あなたは担任だ。親の担任は校長に任せておけば良い。
あなたは担任だ。目の前の子どもを見よう。そして、自分の頭で考えよう。自分の教師仲間と実践を語り合おう。

目の前の子どもたちに、先生の夢、先生が困っていることを話そう。子どもたちの話を聞こう。子どもたちと話そう。そして、クラスの皆が少しずつ我慢して、今よりも心地よいクラスを作ることを目指そう。それが担任の先生にできる大事なことだよ。学年は関係ない。子どもは分かってくれるよ。子どもたちはそれを待ってくれているはずだよ。

保護者のみなさんには、是非、若い先生にたちを厳しく温かく支えて頂きたいと、切に思う。

今回のことは、私も初めて知ったことでびっくりしました。
 昨日のNHKのニュースに出てきたので、思わず食事の動作が止まりましたよ。
 インターネットでさまざまに記事を拾い集めましたが、池田先生のブログを読んだ方がはやかったですね。
 東京は、昨年だけで100人の新任が止めていくという事態になったということを陰山先生の講演で知ったのです。だから、背景に、東京の学校状況があるのではないでしょうか。
 私は、今初任者向けの本を書いているのですが、(2月明治図書から出版の予定です)初任者が、順調に育っていくことを願いながら書きつないでいます。

私の学校では、一昨年に教員が一人(初任者ではありませんが)昨年は新任2年目の事務職員が亡くなっています。今回の新宿の件は人ごととは思えません。

うちの学校だけでなく、仕事に追われ、互いを思いやる余裕が職員に無くなっている気がします。私が教員になった十数年前とは全く違った状況です。大量採用時代を迎え、新しい先生方がとても心配です。

野中先生、池田です。

今日のワイドショーを見ると、やっと「これは保護者による教師への集団いじめではないか?」のような意見が出てきましたね。人が死なないと動けないのかと思うと悲しいです。

私も学生やこれから教師を目指そうとしている高校生には次のように言っています。

「これからは教師になり易い時代だと思っているだろうが、それ以上に辞め易い、辞めさせられ易い時代になっているということも理解しなければならない」

だから、学生時代にきちんと学んで、少なくとも一年間は学校現場で生き残れる力を付けてあげたいと思います。一年間生き残れることができれば、その先は見通しをもって仕事をし続けることができると思うのです。

教師という仕事のイメージと、現実の違いすぎるところを具体的に教え、そしてその解決方法の入り口ぐらいは授業で扱ってあげたい。そんな気持ちです。野中先生と同じような気持ちです。

今日の授業は、学習指導案の書き方です。

佐藤先生、本当に、がらりと変わってしまいましたね。
都知事が変わった辺りから急にですね。

本当にこの能天気な私ですら、去年の体の痺れや胃腸の衰弱はとんでもないものでした。今は、本当に少なくなりましたから。

裁判でも行き過ぎにブレーキがかけられる判決が出始めています。揺り戻しの揺り戻しが出てきているのかもしれません。

体に気をつけて、しなやかにしたたかにこの時代を生きて行かなければと思います。

疲れたら休んで、美味しいものを食べてくださいね。秋ですから。

池田先生、野中です。
私のブログにも池田先生のコメントを載せさせてもらいました。
素晴らしい、具体的な言葉をもらったように思いました。
「1年間をなんとか生き抜け。2年目からはなんとかなる」
この言葉を多くの初任の先生たちに伝えたい。
そして、この1年間で何をすればいいか、具体的に3冊目の本に書きました。池田先生に感謝します。

池田先生,こんばんは。
いつもブログを拝読させていただいております。宮城で小学校教師をしています。「授業づくり」で先生のワークショップに参加しました。先生の著書「こんな時どう言い返す」を買い,「いい本だから読むように」と若い先生に勧めています。
今回の事件は,私も似たような経験をしていたので身につまされる思いです。これから,教員を目指す人たちにどうぞいろいろ教えてあげてください。

大学で授業をやってみて、専門的なことを教える時間の少なさに愕然としています。

国語科教育法は3回生で15コマ×90分×前期と後期ということで、30コマ。4回生で30コマ。合計60コマで教えるわけです。そして、教育実習です。

幸いにして私の大学の学生は、熱心に取り組んでいますがこれでは指導方法を理解することができたとしても、指導方法を身につけるまではいかないというのが実感です。その状態でもこれからは合格する学生がどんどん増えると思います。

スキューバーダイビングで例えると、ハーネスやBCジャケットを装着し、マスクを押さえ船からジャイアントダイブで飛び込んだら、タンクに空気が入っていなかったという状態ではないかと思います。

溺れるのは必至です。

私の国語科教育法の授業は、学生たちにも言ってありますが、前期はサバイバルを重視してやりました。教師になった時にここの指導ができれば、取りあえず教師として子どもたちや保護者から認められる部分を重点的にやるというものです。

黒板の書き方
声の出し方
漢字指導
読書指導
作文指導

です。このうちどれか一つでも
(お、この先生なかなかいいんじゃないの)
と思われることが、一年目をやりきる新人教師には大切なポイントだと思ってのことです。

野中先生、三冊目、楽しみにしています。今の学生たちを救うために、よろしくお願いいたします。

JJさん、ありがとうございます。『こんな時どう言い返す』を進めてくださいまして、ありがとうございます。あれも若い教師を応援するための本です。

ブログ拝読しました。

そうなんですよね、教師はそうやって教師になって行くのに、いきなりすべての責任を新人の教師に任せるなんてやってはいけないことです。

教師を一般社会人のようにきちんとしようなんて動きがありますが、それならば今の教師には社会人の新人のように、新人の時には新人用の仕事をさせるべきです。

社会人の新人に、先輩がつかないで、仕事を教えないで、サポートしないでいきなり一つのプロジェクトを任せる会社がどこにありますか。

私は

1)一年目は担任を外す
2)学級事務専門の職員を配置する
3)4年目に半年間、職場を離れて大学や教育委員会、企業など自分の必要に応じた場所で研修をすることができる

というプランをもっています。これにかかる予算なんて大したことないと思います。教育基本法を変えるより、ずっと効果があると思います。

学校現場の教員が若手を支えることと、システムで支えることの両方がないと厳しいと思うのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/12421459

この記事へのトラックバック一覧です: なんとも居たたまれない:

» 教員だっていじめにあう [JJの「楽しくなければ学校じゃない!」]
東京の教員が自殺したと言うニュースを聞いて,いたたまれない気持ちになりました。 [続きを読む]

» 教諭自殺は校長いじめ?遺族がパワハラで公務災害申請へ [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「教諭自殺は校長いじめ?遺族がパワハラで公務災害申請へ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =20... [続きを読む]

« 一雨降ってひんやりしてきたな | トップページ | 『ダッセン』(長岡秀貴) »