« 探しても出てこないなあ | トップページ | 大人で良かった。 »

2006/10/28

スピーチの実際と評価

「語り」のテストを行った。自分の好きな話を3分から5分の間で語るのである。

自分の趣味の話、恋愛の話、怪しい人に追いかけられた話、落語、雪道の登校、トイレの話などテーマは様々であった。

教師を目指す諸君であるからして話すのは得意な方ではあろう。好き嫌いであれば好きな部類である。しかし、今回のテストはプラベートなおしゃべりではなく、パブリックな語りである。授業は当然このパブリックな語りを主にして、行われる。プライベートなおしゃべりが上手な人が、パブリックな語りが上手いかというと、完全に一致することは稀ではないかと思う。

やってみただけでも、自分の語りのレベルが分かったのではないかと思う。

さらに、聞き手から項目別5段階評価と言葉のフィードバックを貰い、その上一人一人をビデオテープに録画したので、じっくりと自分を客観的に見てほしい。
最初は、恥ずかしいと思う。しかし、それを越えないと成長はない。厳しいことを言えば、そんな君が恥ずかしいと思う話し方を生徒は聞くことになるのだ。それも50分も。

恥ずかしがっている場合ではない。きちんと話す力をつけなければならない。でもまあ心配するな。恥ずかしがっているのは君だけだ。周りは全然恥ずかしくない。

(もっと上手く話せるはずなのに)という自惚れが、この恥ずかしさを生み出すのかもしれない。そうだとすれば、この自惚れを冷静に分析して、きちんと話せるようにしないとね。

            ◆

国語のテストの中で、教師が一番難しいと感じるのはこの「スピーチのテスト」の評価ではないかと思う。文章のようにじっくりと読むことができず、やり直しもさせることができない。瞬間で判断しなければならない。さらに今の先生は、学生時代にこれらの指導を受けていない。

そういうことで学校現場ではスピーチのテストを避ける先生が多かったが、今はそんなことはできない。きちんと評価の5観点の中に入っている。やらないわけにはいかない。(いや、以前からそうだったのだが、やらないで済ませている人もいるんだよね。ちなみに、中学の書道もやらないで済ませる先生がまだいる。いかんよなあ)

今回のスピーチのテストの評価をしてみて、諸君もこの評価は大変だと思ったのではないだろうか。授業で説明した通り、この評価を上手くするためには、自分で評価の観点をきちんと決め、その評価の観点を生徒に予め伝え、どういうスピーチが良いスピーチなのかを説明しておくことが、大事でなのである。

そのためには先生が、評価の観点を十分に理解し、良いスピーチができるようになっていなければならないのだ。大変である。

だけど、甘えてはならない。音楽の教師はみんなこれをしているのだ。歌を歌えて、そして生徒の歌を瞬間で評価しているのだ。国語の教師がこれをしないで良い訳がない。

            ◆

語りを作っているものには、次の要素があると私は考えている。

 内容
  体験で
  調べて
  フィクションで
 構成
  事前に作る
  話しながら作る
 伝え方
  技術
  人柄

今回の語りでは、構成と技術に弱点を抱えている人が多かったが、自分はどこが苦手でどこが得意なのかを分析し、対策を立てよう。

ここが教師が行う授業の
大事な生命線の一つなのだから。

教科通信 『修学』(10月 26日 NO. 38)より

« 探しても出てこないなあ | トップページ | 大人で良かった。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/12460280

この記事へのトラックバック一覧です: スピーチの実際と評価:

» [教育]「ディベート]ディベート体験講座のDVD [ディベート×演劇::blog補]
木曜日に届く。 さっそくマックで再生してみる。 いつもの池田さんがそこにいる。 「いつもの」というのは、ディベート体験講座で講師をされている時の池田さんだ。 DVDではどうやら大学生を相手に収録をしているようだけれど、使っているテキストは池田さんが開発したディ... [続きを読む]

« 探しても出てこないなあ | トップページ | 大人で良かった。 »