« 事務連絡 | トップページ | 脳のシナプスを増やせ »

2006/10/18

車と読書で、私の秋

もう10年になる、今の車に乗って。

10年一緒にいるということは、人生を一緒に走ってきたと言っていいだろう。
その愛車とさよならする時が近づいてきた。

いま次の車を選ぶ最終段階に入った。
このまま気持ちが揺らがなければ、11月の頭には新車になる。

色々な出来事や思いを乗せて走ってくれた私の車とさよならするってのは
まだ実感がない。
が、
そうして、人は生きて行くのだろう。
アクセルを踏み込む度に、ちょっと特別な思いが吹き上がって来る感じだ。

Pa16067


            ◆

この一日二日で、本をどーんと買ってしまった。
楽しみの本は、読みかけたまま投げ出してしまっているのだが、
仕事関連の本が
「ねえ、読んでよ」
と本屋の棚で囁いていたのだ。
その囁きを断れるほどの力は私には、ない。

研究費申請の書類を書くのと、本からの誘惑。
私は本の誘惑に勝てるのだろうかf(^^;。

            ◆

読書の秋だから考えるわけではないが、
なぜ、大人は子どもに本を読めと言うのだろうか。

いろいろな理由があるのだが、私がこのところ思うのは
「擬似的内言を通して、内言を育てるため」
ではないかということだ。

擬似的内言というのは、黙読と言ってもいいかもしれない。この擬似的内言を読書によってトレーニングすることが、内言を育てることに繋がるのではないかということだ。

人は、心の中の言葉で考える。この心の中の言葉が内言である。
幼い子どもは、よく言われるように、一人で読む時も声を出して読む。
その声が自分に響き、自分でも話してもらっている感覚になる。

しかし、やがて黙読になる。これは内言の発生とともに可能になるのだろう。
そうだとすると、さまざまな本を黙読することは、擬似的内言から内言を生み出すことになるのではないだろうか。

成長に伴って、内容、難易度の違う様々な本を読むことは、作者との対話と言う内言をも生み出していくのだろう。これが読書を勧める理由、というよりは読書をしないものは考えることができないという理由ではないかと思う。

            ◆

車と読書で、私の秋は深まって行く。
さて、オープンカーはあるか?
はたまた本の誘惑に勝てるのか?

つづく。

« 事務連絡 | トップページ | 脳のシナプスを増やせ »

コメント

ご存じのとおり、私もこの夏17年間乗り続けたフィアット・ウーノを涙のお別れをしました。フロントグリルとスピードメーターを遺品(?)として取り外し、部屋に飾っています。A地点からB地点への単なる移動のための機械じゃないんですよね、車は。次のお車情報のアップを楽しみにしております。他人事ながら、ものすごく気になっているんです。(笑)

「内言」・・・ヴィコツキーですね。『思考と言語』・・・・読もうと思いながら未読です。論文を書き進めなければならないのに、私も本の誘惑に負けっぱなしです。

自分でもこの車に気持ちが向かうとは思わなかったのですが、試乗したらもうダメでしたね。楽しみにしてください?(^^)。

ヴィゴツキーは長いので、『ヴィゴツキー入門』(柴田義松著 寺子屋新書)なんかを読まれるといいのでは? 

『思考と言語』を翻訳された柴田先生が書かれてますし、第二章と第三章あたりを読むだけでも、言葉のことが書かれていますからエッセンスは得られるやも知れませんよ。

クイズみたいで楽しいですね。報告楽しみにしています。また富山まで新車で飛ばして遊びに来てくださいね。

私の研究テーマの中核に「思考力」があります。自分の頭の中のことを、自分の頭で考えている(メタ思考している)わけですから、わかるはずがないのかもしれませんが、考えれば考えるほど面白い研究テーマです。ぜひ読んでみたい一冊です。

ということで、とうとう
「契約します」
とメールをしてしまいました。

仕事が変わり、家が変わり、車も変わります。
この後さらにいくつか変わるものがあるのですが、自分そのもののもいい方向に変わり続けたいと思う私であります。

紅葉の京都は渋滞で走りにくくなりますが、紅葉の琵琶湖湖畔は気持ちのよいドライブになることでしょう。

ちなみに、門島さんは私が何にしたと思いますか?
なんかあたる気がします。

知っている学生諸君は答えを書かないようにね(^^)。

では。

奥様の意見がどの程度影響しているのかがポイントですね~。
オープンかどうかが問題ですし、遠乗りされることを考えると、トランクスペースも犠牲にはできないはず・・・・。ご愛用の椅子も積み込み可能じゃないと、条件はクリアしませんし・・・・・。
となると、4シーターのオープンという結論に達します。(PCを前にして、「三角ロジック」を駆使しています・・・・笑)
加えて、国産車か輸入車かという選択肢もありますし・・・・・。

4シーターのコンパーティブル・・・・ビートル・カブリオレなんて選択はあるかな? プジョーかな?
うーん、今日の推理はこの辺にしておきます。


 

自分で振っておきながら、すみませんf(^^;。
手元に来た時に発表しますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/12330379

この記事へのトラックバック一覧です: 車と読書で、私の秋:

« 事務連絡 | トップページ | 脳のシナプスを増やせ »