« 学習ゲームを通して | トップページ | こどもが言葉を手に入れるとき »

2006/10/13

まだ、間に合う

今朝の日の出は幻想的であった。

Pa13001


霧が微妙な偏光率を生み出したのだろう。
これからの朝も楽しみである。

            ◆

大学に速達が届いているというので、慌てて向かう。
まったく縁のないところからの原稿の依頼。
なんだろうと思ってみたら、
(いや〜、参ったなあ)
であった。

私が新卒の時にお世話になった指導主事の先生が、東京のある大学の教授になっており、私が転職した時に連絡を差し上げたのだが、その関係で推薦されたのだ。
先生、勉強させて頂きます。

            ◆

でもって、そのまま研究室にこもって結局仕事の続きをする。
そこに内線電話。
「先生、車のスモールランプがついています」
と。
またやってしまった。
慌てて消しに行こうとすると、後ろから追いかけてくる足音。
(ん?)
見ると、国語科教育法で教えている学生。
『どうしたの?』
と聞くと、
「教員採用試験の勉強会をしているのですが、この先どういう勉強の仕方をして行けば良いのか話し合っているんです。先生、ご指導頂けますか?」
とのこと。
『ん、いいよ』
と言いながらスモールランプを消しに走る。

            ◆

で、1時間ほど、話を聞きながら、あーだこーだと話をする。
自分達に基礎学力がないことを理解した彼女らは、これから伸びると思う。

勉強は、そこからしか始まらないと思う。
そして、自分にあった勉強法で勉強することが重要だ。

彼女らは一週間に二回の割合で自主勉強会をすると言う。
採用試験まで10ヶ月。
まだ、間に合う。

しっかりね。

« 学習ゲームを通して | トップページ | こどもが言葉を手に入れるとき »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/12270616

この記事へのトラックバック一覧です: まだ、間に合う:

« 学習ゲームを通して | トップページ | こどもが言葉を手に入れるとき »