« 貴方の年収は、世界ではどんな感じ? | トップページ | 授業づくりの世界へようこそ »

2006/11/17

昼休。一息入れよう。

午前中から20日締め切りの仕事に没頭する。
昼休。一息入れよう。

今まで依頼された仕事の中では、かなり大きな仕事なので何回も気合いを入れ直して取り組んでいる。いや、その他の仕事に手を抜いていると言うわけではないのだが、この20日締め切りの仕事は、私にとって未知の領域なのだ。

ひげを剃り、ネクタイを締め、仕事着に着替えてと一連の身支度をしながらあれこれと構想を練る。どうも私は何かをしながらの方がアイディアが浮かぶタイプなので、あれこれしている。

かつて夏目漱石は『我が輩は猫である』の中で自らのことを
「我が輩の主人の仕事は鼻毛を抜いて原稿用紙に並べる仕事である」
と猫に言わせたが、この鼻毛を抜くという作業が、アイディアを探り醗酵させている時間であると理解したのは、仕事を始めるようになる前後であろうか。

            ◆

で、このアイディア出しと醗酵のための作業が、人様から見られると遊んでいるように思われることがある。ま、遊んでいるのかもしれないが、遊びが目的ではなくてあくまでも仕事の一部なのである。ちょうど筆で文章を書くためには墨を摺らなければならないのと同じ。

ただ、今は筆であっても墨汁で書いたり筆ペンんで書くことが一般的になってきているので、この前段階があまり重視されていないのかもしれない。

            ◆

もちろん、一部のビジネス書等にはこの前段階等せずに、一気に集中して一気に始めることが仕事をてきぱきとさせるためには大事なのだということを述べているものもある。

だが、それは違う。一気に行く人は日頃からあらゆる場面で前段階のことをしているのだ。あるものが次のあるものの前段階になるように仕事をしているのである。私もこの一気にタイプでやる仕事もあるのでわかる。しかし、もう一方できちんと前段階を押さえてやるタイプの仕事もあるということだ。

            ◆

家本先生は、教師は勤務時間中にパチンコ屋に行くこともあると言っていた。そりゃあそうでしょ。給食費を払ってくれない親が日中パチンコ屋で多摩を打っている時に、いきなり話しかけるのも大変で、まずは隣に座って球を打ちながら話しかけるでしょう。

パチンコで生計を立てている家だってある。そういう家庭の子どもも学校で学んでいるわけなのだから。私も同じように昼間にスーパーに買い物に行って、レジで働いているお母さんに何気なく給食費を払ってもらうように話したことがある。

そこの場面だけ見られたら、教師が仕事中にパチンコをして買い物をしてということになるが、教育は文脈で行われるものである。多くの人たちは
(ああ、何か事情があるに違いないな)
と思い見て見ぬ振りをしてくれていた。だって、そこを突っ込まれても
「ええ、このお母さんの子どもが給食費を払っていないので取り立てにきているんですよ」
なんてことは、個人情報保護法のなかったあの時代だって言える問題ではない。
「ええ、ちょっと色々とありまして」
としか言えないことなのだ.子どもを守るためにはそうするしかないのだ。

だが、
「なぜ言えないんだ」
とお門違いに追求する人がちが教育の周り、公務員の周りには増えてきている。
これが、昨日の強行採決を後押ししているのだろう。

            ◆

教育基本法は、一人の人間の人格の完成を目指すことを教育の目的として掲げているが、「改正」では国に役立つ人間の育成を目的としている。愛国心についていうのであれば、現状でもきちんとそのことは第一条で述べているのであり、今回の「改正」のポイントは第二条にあるというのが、竹内常一先生らの考えであり、私もそう思う。

ちなみに、現行は

引用開始 ーーーーーーーーーー

第一条(教育の目的) 教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の
形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、
自主的精神に充ちた心身とともに健康な国民の育成を期して行われなければなら
ない。

第二条(教育の方針) 教育の目的は、あらゆる機会に、あらゆる場所において
実現されなければならない。この目的を達成するためには、学問の自由を尊重し、
実際生活に即し、自発的精神を養い、自他の敬愛と協力によって、文化の創造と
発展に貢献するように努めなければならない。

引用終了 ーーーーーーーーーー

であり、改正案は

引用開始 ーーーーーーーーーー

(教育の目的)第一条

教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家および社会の形成者として必要な資質を備えた、心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならないこと。


(教育の目標)第二条 

教育は、その目的を実現するため、学問の自由を尊重しつつ、次に掲げる目標を達成するよう行われるものとすること。

一 幅広い知識と教養を身に付け、真理を求める態度を養い、豊かな情操と道徳心を培うとともに、健やかな身体をはぐくむこと。

二 個人の価値を尊重して、その能力を伸ばし、創造性をはぐくみ、自主および自律の精神を養うとともに、職業および生活との関連を重視し、勤労を重んずる態度を養うこと。

三 正義と責任、男女の平等、自他の敬愛と協力を重んずるとともに、公共の精神に基づき、主体的に社会の形成に参画し、その発展に寄与する態度を養うこと。

四 生命を尊び、自然を大切にし、環境の保全に寄与する態度を養うこと。

五 伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと。

引用終了 ーーーーーーーーーー

となっている。もうちょっと言うと、改正第一条には「資質」と言う言葉があるが、これは生まれつきに備えているものであり、教育との関係はよくわからない。で、第二条ではこれ以外のものは学校教育のみならず、教育という名のつく行為においては日本では認めないということなのである。

それを強行採決で良いのか?
そんな教育の目的で良いのか?

            ◆

人にはそれぞれの仕事のスタイルがあり、それを法的とか道徳的にひどく逸脱している以外は、外野がとやかく言う必要はない。直接迷惑がかかっているわけでもないのに自らだが代表のような気分で言う必要はない。

それぞれが「言うべきこと、言えること、言えないこと、言った方が良いかもしれないこと、言ってはならないこと」の事情を抱え、生きている。

それぞれが少しずつ我慢をして、少し住みやすい世の中にすることも目的の一つとして仕事をしているのではないかなあ。

            ◆

おっと、気がついたら結構書いてしまった。
そろそろ20日締め切りの仕事に戻ろう。
トイレぐらいは行って、さあ、やるぞ。

« 貴方の年収は、世界ではどんな感じ? | トップページ | 授業づくりの世界へようこそ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/12715439

この記事へのトラックバック一覧です: 昼休。一息入れよう。:

» キーワード【教育基本法】 [キーワード|ブックランキングベスト10]
【1】なぜ変える?教育基本法 【2】教育基本法「改正」を問う―愛国心・格差社会・憲法 【3】リーディングス 日本の教育と社会―第4巻 教育基本法 【4】教育基本法「改正」―私たちは何を選択するのか 【5】教育激変―新教育基本法案がめざす「家庭」「学校」「日本..... [続きを読む]

« 貴方の年収は、世界ではどんな感じ? | トップページ | 授業づくりの世界へようこそ »