« 本日は、大学の最終日 | トップページ | 思考実験 »

2006/12/27

3時間一本勝負

午前中に掃除をすませ、午後から大学で仕事と思っていたのだが、食後の読書ついでに見ていなかった「明石やサンタ」の録画を見始めたのが良くなかった。気がついたら3時過ぎ。慌てて大学に向かう。ま、家でも出来るのだが、集中してやろうと思い車に乗る。

            ◆

さすがに学生のいない大学は静かだ。
暖房は足許のヒーターだけにして、頭寒足熱。3時間一本勝負。
滋賀大学の教職サークルから頼まれている1/16の講座の準備をする。

            ◆

ふう。
完成。
添付ファイルにくっつけて学生事務局に送付。
年内に終わってよ良かった。

打ち合わせをして、学生たちのリクエストを聞いて、そのリクエストを2時間の講座形式にレイアウトする。まさに、下からの教材作り、授業づくりだ。

今ままでの授業で活用してきた資料があるから3時間で準備できるが、その資料の作成時間まで考えると考えたくないだけの時間がかかっているなあと改めて思う。ではあるが、

「その資料下さい」

と簡単に言う人が大学生のみならず、教職関係者には割と多くいる。こういう準備をしたことのない人なんだろうなあと思う。そして、多くの場合あげても御礼のメールもなければ、使ったという報告もないことが多い。なんだかなあと思う。

            ◆

これからの時代、著作権がどのように動いて行くのか分からない部分もある。実際のところインターネットを通じて音楽にしても、映画にしても、漫画にしてもどんどん手に入る時代だ。

だけど、作者に何らかの敬意と対価がないような方向には行かないだろう。学生だから、子どもたちのためだからだけでは、「その資料下さい」ということの理由にはならないのではないかと、私は思っている。

« 本日は、大学の最終日 | トップページ | 思考実験 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/13225453

この記事へのトラックバック一覧です: 3時間一本勝負:

« 本日は、大学の最終日 | トップページ | 思考実験 »