« 一つの月に重なった夜 | トップページ | 夕方から一路、神戸へ »

2006/12/07

模擬授業の10回

さあて、これで三回の模擬授業が終わった。

学生たちの授業を見る目も随分変わってきたと思う。授業を受ける側から、授業をする側の視点で模擬授業を見ることができるようになってきたように感じる。

今日は、古典。
『竹取物語』をやった。
本学の甲斐睦朗先生にも相談しに行って授業の準備をしていた。

導入部分をゲームにしたり、歴史的仮名遣いの説明にこだわったりして努力を重ねていたが、どうも気になることが。それは、読み方の癖である。

普通に淡々と読めば良いところを、何か面白いことがあるように、特別なことがあるかのように読むのだ。あそこまでひどくはないが、ジャパネットタカタの商品説明の仕方と言ったら良いのだろうか、アニメのキャラクターと言ったら良いのだろうか、なにか妙な抑揚を付けて話す。

もちろん、その話し方がマッチする場合もあるだろう。だが、相手は中学一年生だ。相当上手くやらないと、生徒は引いてしまうだろう。

淡々と読む。淡々と説明する。生徒に媚を売らない。
これらのやり方ができない学生が、割といる。

            ◆

見本を見せなければと思い、竹取の物語の冒頭の文を二種類の読み方で示す。「ナレーション読み」と「物語読み」と学生には説明をしたが、「音訳」と「朗読読み」という言い方のほうが一般的だろうか。

淡々とテキストの事実を伝える読み方。読み手の解釈を極力入れないで、音の事実から読み手が自分でイメージを構築するために読む読み方が一つ。もう一つが、読み手の解釈を思いっきり入れてその解釈を聞き手に伝えるような読み方である。

この二つができることが、大事である。
見本ではできていたと思うのだが、実際のところどうだったか分からなかったので、きときと君に聞いてみた。
『どう?』
できているとのこと。ああ、良かったf(^^;。

            ◆

できれば、学生時代に10回は模擬授業をやらせたいなあと思う。
ディベートも10試合すると見えて来るものがあるが、模擬授業も10回ぐらいやらせてあげたいなあ。

今日の学生たちも、
「ああ、もう一度やりたい。今日の授業をやり直したい」
と言っていた。そうだね、いろいろと指摘を受けてそれを元に作り替えたいよね。やってみると良いよ。模擬授業はそれが許されるのだよ。実際の学校教育現場での授業では、やり直しは、できないことはないけど、基本的にはできないことだからね。今のうちに、納得のいくものに練り上げる練習をしておくと良いよ。

模擬授業の10回。
多いか少ないか。
教師になれば、場合によっては二日間でこなす分量の授業量だ。
しかし、指導案を書いて準備を重ねてという模擬授業は、かなり力がつく回数だと思う。

さあ、教育実習に向けて、ここからスタートだよ。
あと6ヶ月で教育実習だよ。
自分の取り組む課題は見えてきたでしょ。

諸君、期待していますよ。

« 一つの月に重なった夜 | トップページ | 夕方から一路、神戸へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/12965658

この記事へのトラックバック一覧です: 模擬授業の10回:

» トラックバック:話の抑揚 [山田雅彦@cocolog]
>なにか妙な抑揚を付けて話す。  現在、授業の一環として音読をやっています。テキ [続きを読む]

« 一つの月に重なった夜 | トップページ | 夕方から一路、神戸へ »