« このところ、ぐっすり | トップページ | 450KMを一気に走る »

2006/12/31

二つの醤油差し

12/28

この十年ほど、我が家の醤油は決まっている。
醤油は日本料理の土台であるため、これが定まらないとその家の料理は定まらないと言えるだろう。

我が家の醤油は「キッコーゴ丸大豆しょうゆ」である。東京の秋川で作っている醤油で、原材料は「大豆、小麦、食塩」という至極当たり前のものである。

京都には京都の醤油があるが、こればかりは変えられないなあと思い、買いだめしてこっちに持ってきてある。

            ◆

通常は1リットルのガラスの瓶に入っているのだが、それを小さなガラスの醤油差しと、瀬戸物の醤油差しの二つに移し替えて使っている。

これが非常に心地よい。

通常はガラスの方を使うのだが、ガラスの方は小さいため中身の回転が早い。だから、新鮮な醤油を味わえる。一方瀬戸物の方は少しずつ水分が蒸発するので、味が濃くなって行くのが分かる。

            ◆

こんな小さなことの変化を楽しめるようになったのが、私は嬉しい。

« このところ、ぐっすり | トップページ | 450KMを一気に走る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/13273592

この記事へのトラックバック一覧です: 二つの醤油差し:

« このところ、ぐっすり | トップページ | 450KMを一気に走る »