« 姿を見せた。 | トップページ | まずは学ぶことだ。そして、 »

2006/12/15

もう一つ教師の仕事

うーん、時間が飛んで行く。
コンドルは飛んで行くが、el condle pasaだから、時間が飛んで行くは、el tiempo pasaか? 
中学校の教師のときとは違う時間の飛び方だ。

            ◆

中学校三年生の担任であれば、この時期は三者面談を終えいよいよ高校訪問ということである。東京の私立の高校は、12月15日が高校訪問の解禁日だ。三者面談の結果を抱えて三年の担当の先生が中心になって高校を巡る。

内申点によって推薦で合格できるかできないかなどのおおよその判断が、ほぼこの日に出る。

信じられないが、この時期には、期末考査を作り、採点し、成績を出して、クラス全員の面談をしてそして進路関係の書類を書いて、クラブ活動をやり、職員会議ではそろそろ来年度に向けての今年度の反省を始め、通信簿に載せる成績や所見を書き、おっと、授業もしなければならない。その合間を縫って高校に訪問に行くのだ。

さらに、精神的に追いつめられている子どもたちは、生活指導上での問題も起こす。その対応等も入って来ることがある。

もちろん、教師だって人間だ。個人のプライベートな時間も必要である。
しかし、この時期にはほとんどない。
「みんな大丈夫? 倒れない? 倒れるときは一緒だぜ。12/25日以降にね」
なんて言いながら分刻みの仕事に立ち向かっている時だ。

東京のみんな、倒れないでね。

            ◆

で、私はなんで忙しいのかというと、来年度の準備や、学生から相談を受けて答え続けていることもあるのだが、本を読む時間に追いまくられているということである。なんというかもう少し読み進めると、ドカーンと金鉱脈にぶち当たるのではないかというような予感で読んでいるのである。そんな波が来ている感じがするのだ。

それがなんだかは分からない。
研究上の核心なのか、10年後の自分の方向性なのか、明日の仕事のヒントなのか、分からないのだが来そうだという感触がある。

こういうときの読書は、極めてスリリングである。

            ◆

で、手当り次第に読んでいるのだが、『MASTER キートン』も久しぶりに読んでいる。漫画だ。なんで漫画家と言えば、テンションを下げずにリラックスするためだ。

Mk


読書と言っても疲れるものは疲れる。だから、休憩は必要。しかし、休憩でテンションを下げてしまってはまた読書に戻った時にテンションをあげるのに時間がかかる。これでは意味がない。

休憩をしながら、テンションは下げない。そのための方法を私はいくつか持っているが、今は漫画だ。『頭文字はD』も27巻読み終わってしまったし、『MASTER キートン』も全18巻行くだろう。その次は『のだめカンタービレ』全16巻かもしれない。

            ◆

『MASTER キートン』を読みながら、新しくもう一つ教師の仕事、教師の役割を発見してしまった。以前にも読んでいたはずなのに、記憶がほとんどない。その時は、そこではそんなにぐっと来なかったのだろう。

だけど、今回は一気に来てしまった。
そうか、そうだったな。
教師はそうだよ。
と具体的には書かないでおこう。

            ◆

さて、この波が何を私に運んで来るのか。
怖いような楽しいような気分になりながら、先に進もう。

« 姿を見せた。 | トップページ | まずは学ぶことだ。そして、 »

コメント

お久しぶりです。

あと1週間と鞭を打ちつつ。
マスターキートン、私も好きです。no・dameも好きです。
これにzeroと王様の仕立て屋があるということないのですが。
先生の記述を見て、もう一度マスターキートンを。。。。ヨム時間あるかな?

どうも。
マスターキートンは、絵に対する情報量が多いのでさっと読むことができませんよね。でも、そこが良いんですよね。物語の快楽を与えてくれる漫画ですよね。

もう北海道は冬休みかと思っていました。
始まりが遅いんですよね。

 冬休みはおおよそ第4週から。そして本州の学校より長いですね(その分夏休みが短いんですよ)。

歴史ネタが多いのも私にとって魅力の1つです。

 

北海道のFireです

吹雪の中、波乗り→会議→忘年会の日々です。

さてさて、
「テンションを下げずにリラックスする技」
いや〜、僕が身につけたいと思っていることの一つです。
僕にとってはずっと「スポーツ」だったのですが、20代の頃のようにストレスが抜けるまで運動をし続けると、どこか故障してしまうんですよね〜。
でも、これからどんどん年はとっていくわけだから、何かスポーツ以外の別の方法を見つけなければ・・・と思っている今日この頃でした。参考になりました!

吹雪ですか。流石、世界遺産は違う。

テンションを下げずにリラックスするってのは、突き詰めれば趣味の世界だと思うのです。その趣味に没入することで、逆にテンションがあがったりもするのではないかと。

ただ、外でやるものや季節に左右されるものなんてのは、外的要因が大きすぎるので、それに左右されないものを持っていると良いのではないかと思います。

私の場合、書道なんてのもありますが、これは

1)一人でできる
2)狭い家でもできる
3)静かにできる
4)年をとってもできる
5)上手く行くと小遣い稼ぎができる

という好条件を兼ね備えています。そんなものが見つかると良いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/13078664

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つ教師の仕事:

« 姿を見せた。 | トップページ | まずは学ぶことだ。そして、 »