« で、模擬授業。 | トップページ | うむ。弾けたぞ。 »

2006/12/02

待っていたな、牡蠣!

さあて、12月だ。怒濤の11月の最後は、今日で終わる(といいいな)。

今日は広島まで行く。高校の校内研修会に呼ばれているのだ。この高校からは通算三回目のご指名。一回目はディベート、二回目は国語の指導方法。ここまでは国語科の先生方を対象にしたもの。で、今回は三回目で学校全体に向けて授業の作り方と小論文指導についての話をしてほしいとのこと。

今までの講座を受けられた方が約20人。そして、初めての方が60人。前回の話の延長でありつつ、今回初めて話を聞く方にも対応していて、なおかつ新しい話題も入れなければならないというかなり難しい状況設定である。

さて、事前の準備がうまく機能しますように。

            ◆

授業の後の研修会ということだが、折角だから学校での授業を見てほしいとのリクエストもあり、お昼過ぎに学校に到着するように家を出る。

明石海峡大橋、瀬戸内海と眺めながら、この景色を身近に感じている自分に驚いている。
授業づくりネットワークの岡山大会のときに、初めて四国を見て、明石海峡大橋を渡って鳴門教育大学にお邪魔してなんてころには、今の自分を想像することだにできなかった。

人生は思うようにならない。良いようにも、悪いようにもである。

            ◆

駅に迎えにきて頂いてそのまま昼ご飯を食べに行く。若いご主人がしっかりとした味を出しているそば屋だ。そこで、牡蠣のいろいろを出して頂いた。待っていたな、牡蠣!ってやつだ。酢の物、天婦羅、焼き牡蠣と堪能。そばも当然上手い。幸せ。

学校について校長先生にご挨拶をした後、いくつかの授業を見せて頂く。教室の廊下側の壁がすべてガラスの窓で、なんとも不思議な感覚。久しぶりの中学生の授業。ちょっとだけ私も授業をしたくなったなあ。

            ◆

さて、放課後になっていよいよ私の出番となる。
授業観点の整理、作文指導と小論文指導の実際についてワークショップを取り入れながら行う。

予定の時間より少し遅れて始まったため、その分予定の時間をオーバーしてしまったが、2時間ちょっとで講座は無事終了。大きな拍手を頂いたから、講座は及第点を得たと判断して良いかな。

            ◆

ホテルに戻りどぶんと風呂に浸かって、夕食に向かう。
これがいいお店であった。ここは昼に食べたおそば屋さんの友人のお店。一品一品が入魂の作品で、純米吟醸酒が飲み放題というとんでもないお店。和食をベースにしていて、魚介類の使い方も絶妙。幸せ。

二次会のカラオケでは私は新曲を披露する。先生たちも熱唱。
それにしても仲がいい先生たちだなあ。先生たちが仲良くないと良い教育はできないからなあ。

さらに、もう一件行ったところで、私は撃沈。
いやあ、堪能した。

お世話になりました。


« で、模擬授業。 | トップページ | うむ。弾けたぞ。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95613/12903679

この記事へのトラックバック一覧です: 待っていたな、牡蠣!:

» 12月15日 宮川俊彦赤入れ講座のご案内 [日刊ミヤガワ]
こんばんは。作文研です。取り急ぎ、赤入れ講座のご案内を差し上げます。 今月15日(金)の朝10時より、「第10回・作文から子どもが見える 文章指導赤入れ講座」を開講します。 記 会場:作文研教室(神保町) 時間:午前10時〜12時 費用:1000円(+お布施) 定員:教室に入る限り… 講師:もちろん宮川俊彦 対象は定めませんので、学生諸君、学校・予備校の先生、子を持つ親の皆様など、幅広い参加を期待しています。 受講を希望される方は ... [続きを読む]

« で、模擬授業。 | トップページ | うむ。弾けたぞ。 »