« 2006年4月2日 - 2006年4月8日 | トップページ | 2006年4月16日 - 2006年4月22日 »

2006/04/15

石川九楊

4/15 今年の大学の大きな仕事の一つに、新学科設立準備がある。今日は、その仕事で大阪にあるSという高校にお邪魔した。一時間、高校二年生を相手に幼児教育について話すというものである。頑張ってiworksでパンフレットも作った。

京都に来てまだ半月であるからして、大阪に足を向ける余裕等ない。だから、行ったことのない町にいく事になる。地下鉄を乗り継ぎ、阪急の特急に乗って梅田方面に向かう。乗り換え案内はこういうとき実に便利である。

関東と関西の違いはいくらもあるが、エスカレーターの通路の作り方はその一つである。京都駅ではなぜか関東スタイルなのだが、大阪に来ると違った。しっかりと歩く人は左側で乗る人は右側であった。

私の義理の父と兄は電車通であるが、その二人が日本の電車の中で一番好きなのが、阪急電車という事を聞いていたので、興味津々で乗る。

1)各駅停車なのに、早い。
2)特急が3Doorの方はとてもきれい。
3)線路際に桜の花が多い。

確かに乗り心地は良かった。

            ◆

S高校のある駅に降りる。
このS高校は義理の叔母の出身高だと言う話を聞いていた。また、義理の祖父の住んでいた町にも近いとの事。なにか、縁を感じる。

高校に到着し、50分話す。
高校二年生という事で、私が最後に楢原中学校で教えていた子どもたちと同じ年齢だ。あいつらどうしているかなあと思いながら、授業をする。

予定通りに恙無く終了し、学校を後にする。
その後、駅前のショッピングセンターを見て歩き、関東では店先に並んでいない魚を見て楽しむ。驚いた事に、北海道産の生のシシャモがあった。買おうかどうか悩んだが、移動距離を考えて我慢。

           ◆

奥さんに連絡すると、阪急デパートで食事をしているという。
そこで、待ち合わせをする事に。
会ってから四条を歩く。
私の目標は二つ。

1)石川九楊展を見る。
2)文房具を買う。

1)大丸の美術館でやっているのを見に行った、石川九楊氏は現在の書の世界ではトップランナーである。だが、なかなか肉筆を見た事がなかった。今回京都の大丸でやっているというので見に行こうと思っていたのだ。

いやあ、凄い。
おそらく中学生が見たらなにがなんだか分からないだろう。
これが文字? これが書道?
と普通は思うだろう。

そんな中に、良い言葉があった。(作品「歎異抄NO18」の解説文より)

引用開始 ーーーーーーーーーー

芸術表現は基本的に常軌を逸した職人芸に裏打ちされていなければならない。アルチザン(引用者注:職人)はアーティストでないかもしれないが、アーティストはアルチザンでなければならない。少なくともアルチザンの知る、制作上の微細な秘密に精通し、それを知悉していなければならない。

引用終了 ーーーーーーーーーー

そうだよなあと思う。中学生向けに話をすれば、書写と書道の違いと言っていいのかもしれないなあ。

その後、LOFTで文房具を買って目的は達成。

            ◆

錦市場を歩き、高幡不動のおいしいケーキのお店「FUJIU」のシェフに教えてもらった錦市場の近くのおいしいケーキ屋さんでケーキを買い、今日はおなじみの「天狗」で食事をして帰宅。

はあ、今日も歩いた。

キノコと水菜のアンチョビサラダ

4/14 午前中は家で仕事をして、午後から出かける。家探しである。ま、正確に言うと土地を見ているということである。大学の周りには何があるのか、そして、どう授業に使えるかということを見ながら、家も捜している。

今日は山科駅の北側を見て歩いた。毘沙門堂の桜に向かって歩いた。途中、琵琶湖の疎水を楽しみ、たどり着く。山科駅のスーパーで昼ご飯を買い込み、毘沙門堂の野外休憩所で食事をしながら花を観賞し始めた。美しいなあと思っていたところ、横の席に座っていたおじさんがどいた。

すると、
「この場所での飲食はご遠慮願います」
とのシールが席に張ってある。
(そんなあ)
もう既に、飲み物は空けてしまっている。

しかし、そこで食べ続ける訳にもいかず、飲み物をこぼさないように境内を出る。外から見る桜もまた美しかった。

            ◆

その後、醍醐まで行き、世界遺産の醍醐寺の桜を見る。家探しの途中で知り合いになれた醍醐寺のお坊さんからご招待を頂いたので、見に行ったのだ。枝垂れ桜とソメイヨシノの満開の時期は過ぎていたが、大手鞠の桜は満開であった。

こうして縁が広がっていくのは嬉しいなあ。来年は醍醐寺の夜桜にご招待していただけるとのこと。とっても嬉しい(^^)。

夜は、醍醐のスーパーで買ってきた地物の水菜を使ったサラダ等を作って食す。

キノコと水菜のアンチョビサラダ レシピ 2人前

1)水菜1/2袋を、ざく切りにして皿に並べる。
2)お好みのキノコを1/2袋程度茹でる。
3)茹で上がったキノコに塩をして、オリーブオイルで炒める。
4)炒め終わるころに、アンチョビペーストを小さじ1パイ程度いれて混ぜる。
5)1)の水菜の上に、4)をかける。

ビールを用意して、水菜とキノコを和えて、飲む食う飲む食うを繰り返す。
あー、美味いと呟く。

ということである。
お試しあれ。

2006/04/14

夜桜三昧

盛りだくさんの一日の最後を締めるのは、清水寺の夜間特別参拝である。
一言で言うと、極楽か地獄かというぐらいの壮絶な美しさであった。これを見るためだけに、東京から新幹線で来ても良いと思う。今週の日曜日までである。

            ◆

大学から家に戻り、マンションの前のバス停から清水寺に向かう。
清水寺は、修学旅行で何回も行っているが、観光バスで坂の途中の駐車場まで連れて行ってもらうので、下から歩く事はほとんどない。

多少汗をかきながら、坂を上りきる。いや〜、三門からして凄い。
清水寺は、山の上にあるので下界よりも桜の開花が遅れる。昨日の雨で花びらが散ってしまったかと思ったが、なんのなんの、まさに真っ盛りであった。

Kiyomizu


本当に、ため息しか出ない。
平安の貴族は、このライトアップされた桜は見る事はできなかっただろうな。もちろん、平安の貴族は電線のない景色を見てた訳だが、かがり火が焚かれていたとしても、桜はライトアップの方が美しいだろうなあ。

Kiyomizu2


町中に美しい桜があるのに、その近くに住んでいる人がライトアップしないのは、実にもったいないと思う。私も聖蹟桜ヶ丘の家では隣の公園にある桜にライトアップをしていたが、実に見事になる。年に1週間の贅沢だが、そのためのライトなんて5000円もしないで工事用品店で
手に入るのだから、これから満開を迎える北の国の方々、是非、挑戦していていただきたいものです。

            ◆

あっけにとられながらマンションに足を向ける。
途中で、八坂神社の前を通る。祇園だ。
私は円山公園の枝垂れ桜のライトアップを見ていなかったので、立ち寄る事にする。時刻は夜の十時近く。

円山公園はまだお花見の真っ最中。先週見に行った奥さんに寄ると随分お客は少ないというが、それでもかなりのお客さん。宴席の横を通り抜けてめざす枝垂れ桜に向かう。

でた。凄い。

静かに、音もなく、燃えている。

Maruyama2


魂を吸い取られないように、離れたところに腰掛けて見る。
持参していたビールとつまみで、静かに乾杯。

この枝垂れ桜は、見る位置を変えると色々な姿に変化する。
桜の周りを歩いていたとき、月が出ているのに気がつく。ほぼ、満月。

Maruyama


なんという美しさだ。
ああ、魂を吸い取られそうだ。

            ◆

それにしても、濃い一日だった。
夢の中には、夜桜の精霊がでてくるぐらいであった。

「国語科教育法」始まる

大学での初めての授業があった。
今年は、新学科設立準備のため集中講義で授業を行う事が多く、毎週行う授業が少ない。

木曜日の授業は、国語科教育法1である。中高の国語の教師を目指す学生が受講する。受講生する学生は3回生の女子学生。人数もそんなに多くない。これはやりやすい。実習形式で授業を行う事ができる。

本日の授業は、

1)授業開きの実際と理論
2)国語の授業とは何か
3)学習と勉強
4)勉強のできない子ども、苦手な子どもたちにする話
5)授業を受けるためのルール
6)質疑
7)次回の予告・課題提示
8)まとめ・感想

という流れで行った。
これをマッピングのメモを取らせながら、90分で行った。私は、90分の授業の方がやりやすい。早口になることもなく、学生の思考が動き出すのを待つ事ができる。

学生がどのぐらいメモが取れるかということを確認する意味もあったのだが、メモを取りながら授業を受ける事で集中して聞く事になる。出来上がったマップは、割と書けている。しかも書道学科の学生が多い事もあり、字もきれいである。

            ◆

学生の今日の授業の感想である。

・メモを取りながら聞いたので、”聞こう”という気持ちが持ててよく理解できたように思います。書くのが遅いので耳と手が合わなくて聞きのがしてしまったところがあるかも知れないです。とても興味深いお話でした。

・今日は、これまでの教職の授業とは違う内容で楽しく授業を受けることができた。

・授業に集中させるための技法の一つがこのマッピング目もだと感じました。集中する授業作りの一部を見ました。話術にも”おっ”と思うところがありました。

・メリ・ハリがあって分かりやすかった。まだメモの取り方が下手なので、上手くまとめられないが、自分なりにまとめられるようになりたい。また、どう授業を始めたら良いのか少し分かった気がする。

・すごいテンポが良い授業で、メモを取るのも大変だったけど、「授業」というものがすごく分かった気がしました。二回生より、教師の仕事というものが身近になった授業な気がしました。

・今まで授業開きについて考えた事などなかった。短い時間で言いたい事を伝えるのは難しいと感じた。これから国語の授業ができるように、勉強していきたいと思った。

・マッピング目もを今回初めてしました。ただ授業を聞くだけでなくこのやり方をすると自分の頭でどう整理したらいいかなども分からされた気がします。先生は授業は(ママ)すごく引きつけられたのでこんな授業ができたらと思いました。あと少し高校や中学の授業を受けているようで懐かしい気分でした。(笑)

・大学で当てられる授業というのがあまりないので緊張してしまいました。辞書をすぐに引くより、まず考えろといわれて普段自分があまり考えて生活してないかもしれないと感じました。今までただ知識の蓄積だけの勉強でしたが、今日の授業で教えるための勉強をしなければならないと思いました。

・初めは先生が言った事を全部書こうと思ったけど、そうすると、ずっと下を向いてばかりだし、書く事が多すぎて頭の中もぐちゃぐちゃになってくるので、大事だなあと思ったことだけを書いて前を見るようにしました。難しい授業かと思ったけど、少し、楽しかったです。

・マッピングメモははじめてだったのと、字を書くのが遅いので、メモを取るのに苦労しました。でも、メモを取る事は凄く大事な事だと思うので、なれていきたいです。集中して受ける事ができたので、時間が早く過ぎました。

・おそらく、初めてマッピンング形式での学習をしたのですが、うまくコンパクトにmとめることができず、やってみて難しかったです。でも、こういった授業、または先生の授業はメリハリがあって、緊張感もあって、集中して取り組む事がでたし、楽しかったです。先生のじがとてもきれいで読み書きしやすかったです。

・私が中学校の時や高校生の時の国語の授業は、指導要領にそったような授業だった気がするので、楽しいとか感じることがなかった。だから、私はこの授業で国語とは楽しいと思えたり、生徒を引き込めるような授業ができるようになりたいと先生の話を聞いていて思った。

            ◆

基本的には良い評価を貰っているようで良かった。そして、意欲が感じられるのが嬉しい。

特に私が面白いなあと思ったが、「テンポが良い授業」という感想を貰っている事だ。今日の授業は非常にゆっくりと話しているし、畳み掛けるような話術は使っていない。しかし、それでもテンポが良いと評価している学生が割といる。

授業のテンポとは授業の展開スピード、話の早さと関係がないとは思わないが、別の要因もあるということが改めて分かったのが私の昨日の収穫である。

来週の授業は、「授業を行う者としての基本技術」を扱う予定である。

ああ、授業は良いなあ。
この子たちが、力を付けて学校現場でがんがん生徒を育ててほしいなあ。

2006/04/13

餃子の王将

京都に行くことが決まったとき、仲間に言われたことは
「いいですねえ、京都にはおいしいものがたくさんあって。池田さんグルメだから楽しみでしょう」
ということである。

私は趣味は料理だが、高い食材を豪快に使って作る事もなければ、美味くて高いものを食べ歩くという趣味もない。ただ、折角外で食べるのだったら、自分の趣味に合うものを食べたいというだけでの事である。しかも、安く。

そういう私が京都の食べ物と聞いて一番始めに思ったのが、「餃子の王将」である。

            ◆

学生時代、下北沢の近くに下宿していた。当時、下北沢でよく飲んでいた。本当に飲んでいた。蜂屋なんていうとっても安い(500円は食べられない。だって、餃子100円、野菜スープ150円、チャーハン200円だった)定食屋さんがあり、陣太鼓という戦国焼き鳥屋で回転から閉店まで飲んでいた事もある。

その下北沢の駅前に「餃子の王将」があった。

あるとき、ちょっと頭に来た事があって下北沢を歩いていた。すると、その餃子の王将で、「10人前を30分以内で食べられれば無料!」という看板があり、餃子が大好きで、おなかが空いていて、しかも頭に来ていた私は挑む事にした。

待つ事5分。目の前には大皿に載った10人前の餃子が出てきた。
「んじゃ、あの時計であこまでね。はいどうぞ」
と言われて食べ始める。
(あ、熱い!)
できたての餃子は非常に熱い。慌てて水を飲む。しかし、これが良くない。おなかを膨らませる事になるのだ。

しかも、重ねて皿の上に盛りつけてある餃子は、一番上の3人前を食べても、下にある7人前の餃子は熱々なのであった。
(やばい)
と思ったが、意地で食べた。頭に来ていてよかった。
最後は、口の中に押し込んで時間内に食べ終わった。

店員さんが、
「大丈夫。トイレで吐き出してきても良いよ」
と言ってくれたが、そんな失礼な真似はできない。頑張って飲み込んだ。

            ◆

今日の午前中は、三条の大きな店を回り研究室に揃える文房具を買いあさった。
高島屋、OPA、LOFTと回ったが、やっぱりLOFTが一番品揃えがあったな。やっとステドラーの2.0mmの製図用シャープペンシルを買う事ができた。鉛筆は、これが書きやすい。適度な重さが良いのだ。替芯や専用の鉛筆削りも購入。四月は新しい文房具を買うに限る。

で、嬉しい気持ちで高瀬川沿いを歩いていたら、見つけてしまったのだ。「餃子の王将」を。ちょっと迷ったものの、突入。

カウンターでは、12時前だというのに、餃子をつまみにビールを飲み赤ら顔になっているおじいちゃんがいる。いいなあ、こういうの。

私は、基本である餃子を二人前とライスを注文。
やはり、美味い。
しかし、20年ぐらい前ではあるが、これを10人前も食べたのかと思うと、自分でもびっくりする。餃子を二人前とライスだけでも十分におなかがいっぱいで、なおかつちょっと食べ過ぎたかなと思い、
(ああ、今日も駅からはバスはやめて歩いて大学まで行かなければならない)
と決意をするぐらいであった。

いつかやってみたい、餃子の王将で昼間からビールと餃子。
私のグルメなんて基本はこんなものである。

2006/04/12

去年までの俺は何をしていたんだ?

今日は初めて学生達の前で話した。教職関連のガイダンスである。

私が担当するキャリア開発演習の受講のすすめを行った。150人程度の学生達を前に話すことになったのだが、昼休みという事もあり、食事をしながら説明を聞く事を特別に許可していた。私の持ち時間は15分。

何をどう話そうかと考えて、メモが出来上がったのが今日の午前中ぎりぎり。学内の担当者の先生たちにそのメモを学内LANを使って配信。話が重ならないように、または足りないところがないかをチェックしてもらうためである。

それから読みの練習。研究室は私の他に誰もいないので、こういう時は便利である。タイマーで測ったら12分31秒。ま、これなら15分以内に収まるだろう。

話した内容は次の三つ

1)教師の仕事の面白さと難しさ
2)京都橘大学で設けている教職課程の授業プログラム
3)それを受けて「キャリア開発演習」の授業の意味

食事をしながら聞いていた学生達が、箸を止め真剣に聞いていた。私語なんて本当にいない。よし、こういう真剣さが伝わる学生には、きちんとした授業をしようとますます思う。

本番も12分39秒で終わる。よし、時間の感覚は鈍っていないぞ。

             ◆

午後は研究室に再び籠る。予定されていた会議が延期になったのでさらに籠る。授業の準備に勤しむ。しかし、きりがないなあ。去年までの俺は何をしていたんだ?と思ってしまうぐらいである。

もちろん、授業の内容は違うし、教科書もないから自分で教科書を作る感覚で資料を集めて構成してとやっているので時間がかかる訳だが、やればやるほど
(あ、あれもだ)
と盛り込んでしまう。

実際の授業ではここで用意をしているもののうち、10/10でやってしまったら学生達がパンクしてしまうから6/10ぐらいできれば良いのだと思うが、準備はしておかなければ。

で、予定していた帰宅の時間を2時間ぐらい過ぎて帰宅。ま、まずい。
実は今宵は清水寺のライトアップを見に行く予定だったのだが、遅れてしまった。家に帰って軽く食事をしていこうと思ったのだが、これがまたおいしいものが用意されていたので、まったりしてしまった。

ということで、清水寺は明日に変更。
上手く行けば、満月と満開の宵になると思う。
さてさて、いかがでしょうか。

2006/04/11

ぐぁどーんんんんんんんんんんん!

(なんだ、何かショートしたか?)
大学から歩いて帰ってくる時のことだ、一瞬目の前というか、辺り一面が真っ白になった。思わず身構えた瞬間、
「ぐぁどーんんんんんんんんんんん!」
という音とともに雷が落ちた。

今日も一日研究室で仕事をしていて、気がついたら乗ろうと思っていたバスに乗り遅れたので歩いて帰っていたのだが、あの雷には参った。今日は確かに雷が鳴ると昨日の天気予報で言っていたが見事に当たった。でも、私に当たらなくてよかった。

しばらく歩いていたら、消防車のサイレンの音がしていたから被害があったんだろうなあ。桑原桑原である。

ま、バスに遅れた御陰で凄い夜桜を見る事ができたんだけどね。

Jinnjayozakura


            ◆

大学は山の斜面にある。
だから、下界よりは少し桜の開花が遅くなる。今、満開というところであろうか。研究室の前にあるのは八重の桜。ユキヤナギからバトンタッチされた感じで、きれいに咲いてきた。

このところしている仕事は、高校生に向けて、来年度できる新学科(児童教育学科)と教育に関する説明をするためのレジュメを作っている。中学校の説明であれば改めて勉強し直す事もないが、もう少し大きな視点で教育を捉えて、それを高校生相手に説明するので勉強し直している。

レジュメはできたのだが、折角だからこれをパンフレット形式にしてしまおうと思って、あべたかさんも使っていたマックのiworksに入っているpagesというソフトを使って作ってみた。

以前使った時は、pagesの上で文章を書いていたのだがこれが非常に重たい。つまり、動きが鈍い。そこで、今回は文章はエディターで作っておいて、流し込む事にした。すると、かなり快適に使う事ができた。ちょっとはまりそうな感覚。

            ◆

で、ここまで来たらレーザープリンターでプリントアウトしようと思い立ち、大学の専門家に相談する。あれこれやって完成。その過程で色々な事を教えてもらう。

いやあ、すごい。
マックを校内ランに簡単につなぐ方法やら色々な事を教えてもらった。一気に大学の授業実践の構想が広がった。いや、深まった。

ちょっっと思い出すとたぶん、1990年ぐらいに思いついた実践の構想なのだが、ここに来てやっとできそうだ。20年かかったかあ。今年の前期にこの実践ができればいいなあ。

嬉しくなって、研究室を出る。
ところが、そこで雷に遭う。
そんな一日だった。

2006/04/10

一日中研究室に籠って

ふう。終わったのが7時ちょっと前。
一日中研究室に籠って仕事をしている。
研究をしているというよりは、仕事をしている。

まだ、大学での体の動かし方が分かっていないので、一つ一つスケジュールを確認しながら、今日中に書き上げなければならない書類なのか、今週中にしあげなければならないものなのかを何回も確認しながら進めている。

今日は8時間ほど研究室に籠っていた。
だが、この仕事に関しては、今は心地よい充実感を感じている。

創り出す事の喜びなのだろう。
まだ授業がないのがなんとも不思議な気持ちだが。

ウグイスの鳴き声

大学に行く途中、蹴上の桜を見る。
細かい雨が降っている。
昨日とは全く別の景色だ。

今日は一日研究室で仕事を進める予定。
高校訪問の準備をし続ける。

研究室の外は、八重の桜が咲き出した。
そして、ウグイスの鳴き声が聞こえてくる。

春の雨もいいものだ。

2006/04/09

家探しは続く

昨晩手に入れた「純米 大七」が効いたのか、今朝はぐっすり寝ていた。三条の高島屋で手に入れた刺身とマッチして飲み過ぎたかもしれない。

いや、それだけではないだろう。京都に来て東京の生活とかなり違っているのが、「歩く」ということである。自動車も自転車もないからなのだが、良く歩く。だから、体が疲れるということで、ぐっすりと寝ているのだろう。

うどんの朝ご飯を食べて、近所を見て回る事にした。まず、琵琶湖疎水のほとりには満開の桜。さらに、平安神宮。そして琵琶湖疎水を作った蹴上インクラインの桜並木。南禅寺の水道橋。南禅寺の三門(山門ではない)は特別拝観で上に上ることもできた。哲学の道は入り口だけ確認。

いやあ、実に歩いた。どこに行っても凄い人で、凄い桜だが、東山に住んでいる間に見られるものは見ておこう。

家に帰ってきて昼ご飯のパスタを食べて、ごろっと横になったら完全に熟睡。幸せ。

            ◆

午後は、家探し。
今日は京都の南を見に行く。六地蔵、宇治と見て回る。結論から言うと、残念ながら
(ああ、住みたい)
と思う気持ちにはなれなかった。
今度は、京都の北の方を見て回る事に決めた。

宇治からはJRで京都駅に行く。関東の感覚ではちょっと違うのだが、関西ではJRの方が私鉄よりも安い。

京都駅の駅ビルは、実は一回も上った事がなかった。六本木ヒルズも代官山ヒルズもいかない私であるから、京都駅ビルに行く事もないかと思っていたのだが、奥さんがきれいだから行くと良いよというので、行ってみる事にした。

きれいだった。

Kyotost
無駄な空間があるなあと思いながらも、夕刻のビルはきれいだった。やっぱりこういう風景がないと私達は生活しにくいのかもしれないなあと思った。聖蹟桜ヶ丘は、コンパクトな都会の一面を持ちつつ、自然も豊かであったので、都会の雰囲気もないと生活しず来のかもしれないと思った。

            ◆

さて、夕ご飯である。朝昼と麺類であったが、夜も麺にした。ラーメンである。今回は当たりであった。

京都駅の地下街portaにあった。「麺屋 かんじん堂」の「京野菜ラーメン 650円」は良かった。タンメンなのだが柚子の入っている麺と、柚子の入っている塩味のスープ。さっぱりとした味で、スープも最後まで飽きずに飲む事ができた。お勧めである。

満足して、地下鉄を乗り継ぎ帰宅。はあ、風呂が気持ちよい。

« 2006年4月2日 - 2006年4月8日 | トップページ | 2006年4月16日 - 2006年4月22日 »