« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »

2006/04/22

別れと出会いの一日

風呂に入り、ひげを剃り、新しいシャツとネクタイを選ぶ。中学校の教師は辞したが、これが最後の中学校の授業だと思い、気持ちを改める。

朝日が出窓から入ってくる。出窓の向こうは、新緑だ。
ああ、瑞々しい朝だ。

            ◆

で、学校に行く前に、歯医者に飛び込みで行く。差し歯がぐらついているのだ。京都で良い歯医者を捜さなければとは思うのだが、まずは差し歯の延命治療をしてもらいにかかりつけの歯医者に向かう。根っこが厳しい状態にあるが、もたせるしかない。

            ◆

歯が落ち着くまで、通い慣れた本屋に向かい、研究室に必要な本を買いあさる。思うに引っ越しというのは、パソコンで言うところのOSの変更と同じではないかと思う。

パソコンを使ってやる事は、マックでもウインドウズでもリナックスでも同じだろうが、その使い勝手が違う。引っ越しをしても生活を続けていく事には変わりないのだが、その生活の勝手が全く違ってしまう。本屋はどこにある、美容院はどこがいい、歯医者は、ラーメン屋は? と最初から学習し直さなければならない。

これを村上春樹などは「引っ越しは過去がチャラになるのが良い」なんて言って、引っ越しを繰り返すのだが、私はどうもそうではないらしい。何に出会うのかというわくわくも良いが、まあ、それは旅で良いかなとも思う。生活は、どこに行けば何がどういう状態であるのかというのが分かっている方が良いなあ。

            ◆

昼ご飯は、久しぶりに「亀我楽」。
嬉しい。
じっくりと味わって食す。
おいしい。

そして、あることをご主人に相談。
そうすると、快諾してくれる。
これで、安心して京都でも暮らせる。

            ◆

和田中学校のある堀之内二丁目のバス停で降りる。
信号待ちをしていたら、一緒の学年で仕事をしていたY先生に会う。
一緒に離任式に出席することになっている。よくバス停から一緒に歩いたよなあ。

校長室で開始の時間を待つ。
まあ、いろいろなことがあったよなあと思い出す。

開始の時間になり、体育館に向かう。なぜかスピーチは一番最初。先頭を歩く。音楽も拍手もないので、ちょっと緊張、するかと思ったが全然しない。自然と微笑んでしまう。ステージの上から子どもたちを見ると、いるいる、懐かしい顔。ああ、ここには中学校の日常があるなと思った。

和田中学校では、生徒のスピーチはすべて暗記という伝統がある。ま、生徒がそうだからといって教師もそうする必要はないのだが、私もそうした。

最後の授業である。自己紹介のあと、中学生とは何かという話をした。一部を思い出して書いてみる。

「私は生徒に指導しているつもりでいたけど、実は君たちから育てられていたのではないかと最近は思っている。こんなだらしのない私がそれなりに中学校の教師という仕事をすることができたのは、中学生である君たちにそだて貰ったからではないかと思います。ありがとう。

で、中学生とは何かを考えてみました。
小学校の学校の目標は、ま、簡単に言うと「いい子になろう」ではないかと思うのです。が、中学校はどうでしょうか? 日本中どこの中学校を見ても「いい子になろう」なんてことはないと思います。なぜでしょうか。中学校は大人に向かってい一歩を踏み出す場所だからです。

君たちは子どもですか、大人ですか。子どもかもしれないし、子どもと大人の間かもしれないし、大人かもしれません。では、大人ではないという人に聞いてみたいのですが、ずっと大人にならないでいられる人っていますか? いませんよね。そうなんです、大人には、ならざるをえないのです。そうだとすれば、君たちには是非カッチョエー大人になってほしいのです。その一歩目を学ぶのが中学生の時代だと思うのです。

小学校の先生の仕事は、海に眠っているかもしれない、山に埋まっているかもしれない宝石の原石である君を取り出す事ではないかと思っています。君は原石の宝石のままで中学校にやってきました。

中学校の教師であった私は、その原石である君を磨く事が仕事だと思っていました。玉磨かざれば光無しという言葉がありますが、そのことをやろうと思って仕事をしていました。

だけど、違うんだなあと仕事を進めるに従って思うようになりました。君たちは原石ではありますが、石ではありません。人間なんですね。先生が磨かなくとも、自分で自分を磨く事ができるのですね。さらに、あなたは仲間と磨き合う事ができるのですね。それを切磋琢磨というのではないかと思うようになりました。

中学校ってそれができる場所なんですね。中学生ってそれができる時期なんですね」

話の後、クラブの子どもたちから言葉と花束を貰った。ちょっと照れてしまったが、嬉しかったな。全国大会で会おう。

校長室で次の会を待っていたら、三年生が何人か顔を出した。
「先生、『たほいや』やろうよ」
と。
やっぱり、俺はたほいやか(^^)。
そして、なぜか私のお腹を触る。
「ぷにょぷにょして気持ちいー」
うーん、この生徒はこういう一面を持っていたのか、と最後の最後に分かる。
本当は、こういう触れ合いをしたかったんだろうなあ。
『これこれ、セクハラはやめんしゃい』
というが、
「だって気持ちいいんだもん」
まあ、もうこんなこともないから好きないようにさせておいた。

その後、PTAの歓送迎会でお茶を飲み、和田中を後にしようとしたら、去年指導していた生徒達が、いた。おーおー、スカートも短く化粧もしているなあ。やっぱり今風の高校生になったか。でも、笑顔は変わっていないなあ、良かった。男の子達は、シャツを出して着ていた。やりたかったんだろうなあ。見せたかったんだろうなあ(^^)。

さらば、和田中学校である。

            ◆

さて、その後は学芸大学の大熊研究室の歓送迎会である。
5月にある学会の打ち合わせがメインだが、さらに私の転職のお祝いもして下さるというので国分寺に向かった。

今年院にやってきた新人は、なんと国学院の後輩。恩師の話等で盛り上がる。また、14条特例で合格した現職の先生とも熱く話す。研究室での過ごし方の奥義も伝える。

別れと出会いの一日であった。

2006/04/21

「大きな声」の意味

昨日の授業では、教師にとっての声について考えてみた。国語科教育法ではあるが、授業の基礎として教師に必要不可欠な声を理解する事はかなり大事だと思う。

本当は、板書の基礎技術と一緒にやる予定だったのだが、声だけで授業の指導案が90分ぐらいになってしまったので、後半の板書は次週に回す事にして授業に臨む。しかし、それでも足りなかった。あれもこれも話しておきたいと思うので、足りなくなってしまうんだなあ。精選が必要だ。

            ◆

この授業は大学の3.4年生に教えている。そこで、先週

「強制ではありませんが、できれば、スーツ等を着て授業を受けると良いですよ。一週間に一回でもスーツを着る習慣を身につけておく事が、就職活動をするにも教育実習をするにも良いと思います。スーツに着られているという感じではなく、スーツを着るという感じになるには割と時間がかかるものです」

と話したところ、1/3ぐらいの学生がそれらしいスーツを着て参加していた。こういう素直さが京都橘大学の学生の良さであろう。その素直な心を持ちつつ、ひねくれてしまっている生徒にきちんと立ち向かえる指導力を身につける事ができたら、鬼に金棒だろうなあ。

            ◆

この授業で学生達が印象的だったのは、なぜ大きな声が必要かということであったようだ。
大きな声は叱るときに必要、遠くにいる生徒に声をかけるときに必要とか言っていたのだが、それは違うと話した。

引用開始 ーーーーーーーーーー

今日の授業で一番印象に残ったのは、大きな声は危険・緊急の時に必要だということです。

引用終了 ーーーーーーーーーー

教師の力は、「人格の力」「指導の力」「管理の力」の三つが必要だと看破したのは家本芳郎先生である。その中の「管理の力」は、生徒の健康と安全を守る力である。

大きな声は、生徒の安全を守るために必要なのである。

「危ない!」

の一言で、教室中の生徒全員が体の動きを止めるぐらいの大きな声が出せなければならないと思う。とっさの時の大声である。

遠くにいて声が届かない時は、こっちに呼んで話せば良い。来なければ自分で歩いていけば良い。さらに、高いところから話す、生徒を座らせるなどをすれば、小さな声でも事が足りる事がある。しかし、生徒の危険を大人としての教師が察知した時に、瞬間的に止めるのは「大声」しかない。

その声を出せる事が、教師として仕事をする際に必要最低限であり、かなり重要な声だということを扱った。

その上で、明瞭な声、明るい声で話すことの意味と方法、声の出し方、話し方と講義を続けていくうちに時間切れとなってしまった。つづきは来週である。来週も時間切れになりそうな木もするが。

            ◆

授業を終えて、急いで京都駅に向かう。家に戻りスーツケースを抱え地下鉄に乗り込む。予定していた新幹線には乗れなかったが、まあ、指定席が確保できたからよし。

新幹線の中で軽い夕食をとり、授業のアンケートを読みながらコメントを打ちつつ移動。寝ようかと思っていたのだが、気がついたら新横浜。品川下車の予定だからそのまま起きてしまった。

             ◆

半月ぶりの東京。
そりゃあ、生まれてこのかた東京暮らしをしているのだからまだまだ帰ってきたという感じである。「宇宙戦艦ヤマト」の
「地球か。なにもかもが美しい」
とまではいかないが、美しく見える。

京都は古都の景観を守るために、ビルの高さ規制があり、高層ビル群がない。だからビルの明かりによる夜景がない。そこが違うんだろうなあ。というか、そういうビルの夜景の美しさに慣れて生きてきたからなあ。

山手線、京王線と乗り継いで自宅に戻る。
ああ、やっぱりいいなあと思ってしまう。

一間のマンスリーマンションとは違い、3LDKの我が家は広い。
そして、出窓から見る景色は広々としている。

軽くお茶を飲み、景色を味わって寝た。

             ◆

さて、今日の午後は和田中学校の離任式である。
何を話そうかなあ。
まだ、考えていない。

2006/04/19

ふわふわしながら

仕事に一区切りつけて、大学を後にした。
ちょっと前までは、コートを着ていても寒かったと思うのだが、このごろではコートもなしで歩ける。

さらに、春の夜の匂いである。
桜若葉が芽吹く頃、日中の太陽で暖められた土が夜に熱を放つ。
その熱が鼻腔をくすぐる。

春宵一刻値千金

ふわふわしながら、鼻腔に春を受け止め、坂道を下る。
明日の夜は久しぶりに東京に戻るぞ。

何回か目の出会い直し

授業を作るために研究室に持ち込んだ自分の本をひっくり返しては、その出典を確かめている。
(たしか、あの話は、あの本だったよな)
と出典を確認する。

中学校の教師のときは、基本的には私がだいたい分かっていれば良かった出典だが、大学の授業ではそれを先行研究として学生が使う可能性があるので、いい加減なことをするわけにもいかず、あれこれと確認している。

昔懐かしい本を取り出してきて、教師修行を始めたばかりの頃の私が線を引きまくった本、作者の言いたい事が理解できなくて反論を書き込んだ本、当時は何も感じなかったのに今読み直すと胸にぐっと来るフレーズのある本。そんな本達と会話をしながら授業の細案を作り込んでいる。

そして、やっぱり、その中でも家本芳郎先生の本は別格だ。
なんて、こんなに子どもと教師に対して厳しく、温かいのだろうかと思う。

たとえば、『教師のための「話術」入門』(高文研 家本芳郎著 p61  1442円 1991.3)

引用開始 ーーーーーーーーーー

言葉のうえで、どんなに怒っていても、顔を真っ赤にして怒っていても、やさしいまなざしで「目は励ましている」「目は許している」「目は包み込んでいる」それが教師の目である。

引用終了 ーーーーーーーーーー

本当にそうだよなあ。
それが教師だよなあ。

でも家本先生はもういらっしゃらないんだよなあ。
でも本の中から語りかけてくれるんだよなあ。

授業作りをしながら、私は、家本先生に何回か目の出会い直しをしている。

2006/04/18

授業準備

うーん、面白い。
授業準備から抜け出せない。研究室から抜け出せない。

次回の国語科教育法1は、「授業を行う者としての基本技術」を扱う予定にしている。
大きな項目は、

・発声の基礎
・チョークの持ち方
・板書の基礎
・教室での教師の立ち位置

だ。子ども観とか子ども観察とかは別の授業に譲って、国語の教師として教室で勝負する時に大事な「声」と「板書」と「ポジショニング」について行うつもりだ。

コンピュータや色々な機材を使って行う授業も良いのだが、黒板・チョーク、教科書、先生だけで授業ができるようになる事が大事だし、これができていないとコンピュータを使う授業も上手くいかないと思っている。

で、改めて調べ直していると面白い。チョーク一つとっても、チョークや黒板の歴史、チョークの種類、チョークの成分、チョークの色とさまざまな内容が出てくる。

中学校で授業をしている時は、自分で考えてやっていたので自分が分かっていれば良かったのだが、大学で授業となるとこれを学生に伝えるのでもう一度調べて整理し直さなければならない。この過程でいろいろな再発見がある。これが、面白いんだなあ。

シラバスに提示した予定では、上記の4つの内容を実習も含めて行うのだが、90分じゃあ終わらないなあ。後半をバッサリと切って、次の次に回すかなあとも考えている。そんな事を考えるのも面白いんだよなあ。

こうして考える事できる環境があることに、感謝だ。
さあ、もう一踏ん張り。

国語科指導の世界へようこそ

進級おめでとうございます。
今年度、国語科教育法1と2を担当する事になりました、池田 修と申します。
昨年度まで、東京の杉並区立和田中学校というところで、教鞭を執っていました。今年度から京都橘大学にお世話になる事になりました。

私は、大学というところで本格的に授業をするのは初めての経験という事もあり、どの程度までやれば良いのか、正直分からない部分もあります。

が、この授業を受けるみなさんは、将来国語科や書道の教師になろうという意志を持っているみなさんですから、そのみなさんが将来学校教育現場に立った時に十分に力を発揮できるように、学校現場の指導の場面に即した授業を展開しようと考えています。

つまり、教員採用試験に受かるための授業というよりは、採用されてから教壇に立った時に役に立つ授業であろうと考えています 。

            ◆

みなさんもご存知の通り、教員採用試験は非常に狭き関門です。なかなか合格できません。しかし、それでも受験する人が多いのは、教師という仕事に魅力を感じる人が多いからでしょう。

どこに魅力を感じるのか、それは人それぞれでしょうが、私は中学校の国語の教師をしていて、子どもたちが言葉を通して自分を磨き、仲間と一緒に磨き合っている姿を見るたびに、
(ああ、国語の教師になってよかったなあ)
と思ったものでした。

国語科や書道の教師の道を選ぼうとしているみなさんは、良い仕事に就こうとしているなあと本当に思います。是非、その夢を実現して下さい。

            ◆

しかし、その一方で

「辛い」
「休みたい」
「早くやめたい」

とつぶやき、実際にこんなにすてきな仕事を辞めてしまう先生も増えています。ベテランの先生や新しく教師になったばかりの先生にも、辞めてしまう先生が増えています。色々な理由はあるのでしょうが、その内の大きな理由の一つに、授業が上手く行かないということがあると思います。

            ◆

授業というものは、実に豊かで奥の深いものです。

正直に語れば、年間30回の授業で、国語の授業の基礎を伝える事はできないと考えています。ですが、なんとか勘所の一部分を手にしてもらえる授業を目指したいと考えています。

そのために、この授業は、講義よりも実際に「やること」を大事にしようと考えています。シラバスを見てもらえれば分かると思いますが、学校現場に出て行った時、多くの若い先生が悩む具体的なトピックを中心に授業を構成しています。

みなさんは、国語の、書道の指導者になるのですから、自分が理解するだけでは不十分です。自分ができて、できない子どもに指導ができて、できない子どもができるようになって、初めて
「先生!」
と呼ばれるようになるんですね。

具体的な指導ができるようになれば、
(よし、何が何でも先生になってみせるぞ!!)
という気持ちになると思います。そんなみなさんになれるような授業を目指したいと思っています。

今まで習ってきた国語とはちょっと違うと感じるかもしれませんが、しっかり学んで下さい。

(国語科教育法通信「修学」 NO.1 より)

2006/04/17

緑の常緑樹の間に

また一日中研究室に籠る。

大学の近くの駅、椥辻(なぎつじ)から大学までは坂道が続く。15分程度の軽いハイキングだ。この時期だと、研究室にたどり着く頃には一汗かいている。だが、心地よい汗だ。一日一回の運動になる。

            ◆

大学に着くとレターケースを確認する。
事務手続きの書類や福利厚生関係の書類、授業関連の書類などが入っている。これを確認して、あとは研究室にこもる訳だ。

机に向かって、ガシガシ仕事を進める。が、体が固まってしまう。そこで、キッチンタイマーをセットして1時間ごとに鳴るようにしてある。タイマーが鳴ったら、無理矢理席を離れて体を動かす。

研究室の外にも出てみた。すると、目の前の山に山桜が山肌に這うように咲いていた。この景色は東京の山では見る事のできない景色だなあと思った。この景色、割と多く見る事ができる。

            ◆

そこでだ、Fire君、プロジェクトなのだ。
北海道にある山の山肌を一つ用意できないかな。

そこに、桜を植えたいのだ。
桜の木で、「桜」という文字を書きたいのだ。

春の一時期、そして、秋の一時期。
ピンクと朱色で山肌に「桜」という字が浮かび出るのだ。
緑の常緑樹の間に、一瞬浮かび出てやがて緑に同化する。

いいと思わないか(^^)。

もちろん、平面でも良い。
ナスカの地上絵のように上から見たら「桜」ってことだ。

そんな山肌・土地はないかねえ。

『流学日記』

岩本悠君という元気のよい若者がいる。
昨年度の最後に、和田中学校の総合的な学習の時間でお世話になった。

学芸大学の二年生の時に、「逃げるようにして日本を離れ」、一年間世界をフィールドにして学び続けた記録が、『流学日記』である。今売れている本だ。大学生の生協ランキングでは3位ぐらいに入っているんじゃないかな。

その彼と連絡を取ったら、なんと京都に来るという。
4/24の夜の集いだ。

何がどうなるのか分からないが、これもご縁。私もいってみようと思う。
京都近辺の方、一緒に生きませんか(^^)。

旅人戻らず ー二条城の桜ー

4/16 今日は気温が高くなるという予報だったので、午前中から探索に出る。

実は私の現在の住まいは、あの一澤帆布のお店のすぐ近くである。ということは、信三郎帆布のすぐ近くでもある。お家騒動の後の信三郎帆布新規開店ということで、店の前はいつも大行列。開店の9時には100人ぐらいの人がいる。で、今日ちょっと覗いてみようかと思ったのだが、今日は休業日でした。うーむ。

白川沿いを祇園に向けて歩く。
まだ白川沿いの桜は美しく咲いていた。
もちろん、この場所にくれば
「かにかくに・・・」
で始まる吉井勇の短歌を思い出す。美しいなあ。

その歌碑のそばを歩いていたら、川沿いを歩く猫を発見。見ていると器用に屋根伝いに歩く。そして、あるお店の屋根の下の欄間の前で丸くなって目をつむってしまった。まるで、「眠り猫」である。平和だ。

            ◆

祇園の町並みを眺めた後、もう一度円山公園に向かう。最後の枝垂れ桜を見るためだ。
その途中に「なか卯」があったので早めの昼食とする。気になっていた「トマトうどん」を食すためだ。

感想だが、これはいけるのではないかなと思う。「ミートソースうどん」という感じである。ちょっとはまるかもしれない。

で、円山公園の枝垂れ桜だが、残念ながら盛りは過ぎていた。公園にいた女性が
「えー、昨日の夜はきれいだったのに」
と叫んでいたから、一晩で終わったのだろう。

はかない。
もったいない。
切ない。

            ◆

P4160149
円山公園、岡崎公園と通り抜けて、黒谷に向かう。ここは江戸時代の最後に、会津藩藩主、松平容保が本陣を構えたお寺がある。ここの桜が東山区の桜では最後の満開になる。ちょっとした山になっていて、京都の街を見渡す事ができるのである。

新選組もこのお寺の山門に上り、町の動きを見張っていたのであろう。

さらにこのお寺には、平家物語の「敦盛の最期」に出てくる熊谷次郎直実が、敦盛を殺めた後、出家した寺とも言われている。熊谷次郎直実が脱いだ鎧を立てかけた松の木というものがある。

とにかく、当たり前だが、歴史だらけの町なのだ。

            ◆

白川沿いのちょっとしたレストランで、夜のおつまみを買う。そして、歩き疲れたので、白川沿いのそば屋に入る事にする。中に入ると満席。しかし、タイミングよく、白川を臨める奥の座敷がちょうと空く。そこに席をゲットする。

天婦羅蕎麦を頼む。白川の美しさのために、お酒も頼む。「京乃一滴」という純米酒をぬる燗にして一合もらう。

一度やってみたいと思いながらやった事がない食事がある。それは池波正太郎だったか、山口瞳だったかが日曜日の昼にやるという食事だ。

そば屋で、「ぬき」というものを頼み、お酒を楽しむというのだ。この「ぬき」というのは、あたたかい天婦羅蕎麦の「蕎麦を抜いたもの」というのだ。つまり蕎麦の汁の上に天婦羅の具が載っているのだ。これをつまみにしてお酒を飲み、飲み終わったらざるそばを一枚手繰ってオシマイという昼ご飯だ。

やってみたいのだが、まだちょっと修行が足りないなあということで、ちゃんと天婦羅蕎麦に日本酒という食事であった。

            ◆

昼酒が足腰の疲れにとけ込んだ。いったん家に戻って休憩。

そして、本日最終日の出し物を見に行く。そうである、懸案の二条城の桜のライトアップである。。これだけライトアップを見ればもう良いだろうと思う方もいるだろうが、それはそれである。

二条城は、徳川家康が築城を命じ、徳川慶喜の幕引きの舞台にもなった訳である。そこに植えられている桜は大きく三種類。ソメイヨシノ、枝垂れ桜、その他である。枝垂れ桜が満開であった。

京都工芸大学(だったかな?)の協力があり、城内のガイドには彼らが作った照明器具が使われていた。竹を加工して作ってありこれもきれいであった。

そして、肝心の桜だ。
お殿様しか見る事のできなかった桜が、目の前にある。
見事だ。
静かに揺れている。
いや、風はない。
しかし、木そのものが揺れているかのように満開の花を投げ出している。
その投げ出し方が、揺れのように感じさせるのである。
ふう。

P4160126

P4160177

庭の奥にも桜の壁が見える。この壁にもライトが当てられている。
この桜の壁は、ふすま絵に描かれた桜であるかのようだ。
ふすま絵は、写実であったのか。

P4160147


ため息とともに、出口近くに戻ってくると琴の音色。
なんとライブで演奏があるとのことだ。
ちょうど前の演奏が終わったところで、最終回の演奏がタイミングよく聞ける。池坊のでっかい生け花のある会場で、最前列で鑑賞。三人の奏者が奏でる。さくらさくら、隅田川などの曲を奏でる。いいなあ。

P4160188


三人の着物は、若い人が赤地に桜、ちょっと年配の二人が空色地に桜と黒地に桜であった。特に黒地に桜の着物は、夜桜を表しているようで見事であった。夜の特別拝観の最終日の最後のステージ。次は来年です。

            ◆

十分に歩き回って、心にエネルギーをたくさん入れて、週末終了。
家に帰って、昼間に買ったおつまみで桜を思い出しながら、一杯。

旅人の生活から、日常人の生活へと戻るべき時が来ているとは思うのだが、今しばらくはこの生活が続くかなあ。

« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »