« 2006年5月28日 - 2006年6月3日 | トップページ | 2006年6月11日 - 2006年6月17日 »

2006/06/10

漏刻祭

いま、マックスウェーバーの『職業としての学問』を読んでいる。
実は、高校を卒業して、大学に入った時に一度読んでいる。
それは、高校時代の友人で、現在東工大で有機化学の先生をしている松本隆司君から勧められたのだ。
「やっぱり、これは読むでしょ」
と。

私はなんとなく教師になろうとは思っていたかもしれないが、学者になるなんてつもりはまったくなかったが、
(まあ、彼が言うなら読んでおくか)
と思って読んだのだが、内容の記憶は全くない。

あのとき思ってもいなかった「学者」になった私は、
(あ、そうだ)
と思い出して読み直している。

            ◆

・大学に職を奉ずるものの生活はすべて僥倖の支配下にある。
・学問に生きる者は、ひとり自己の専門に閉じこもることによってのみ、自分はここにのちのちまで残るようなを達成したと言う、おそらく生涯に二度とは味わえぬであろうような深い喜びを感じることができる。
・いやしくも人間としての自覚のあるものにとって、情熱なしになしうるすべては、無価値だからである。
・情熱はいわゆる「霊感」を生み出す地盤であり、そして「霊感」は学者にとって決定的なものである。
・こうした「霊感」が与えられるかいなかは、いわば運しだいの事柄である。学問に生きるものは、この点でも僥倖の支配に甘んじねばならぬ。

            ◆

たしかに、基礎的な勉強を徹底的に続けた上で、発見が降ってくるのを待つしかないのが研究なのだと思う。割と納得する部分があった本だ。しかしこれを20年前に読んでいるんだが、その時には分からなかったんだろうなあ。

琵琶湖の湖畔で、朝日が登ってくるのを見ながら朝の読書をして、読み終わる。

            ◆

歩いて15分のところに近江神宮がある。
今日は、1300年前に天智天皇が日本で初めて漏刻(ろうこく)という時計を作った記念日と言うことで、天智天皇がまつられている近江神宮で午前11時から漏刻祭という祭があった。

奥さんと二人で歩いて見に行ったのだが、なかなか面白かった。
お社の中には、さらに階段があって宮司さんがそれを登って、扉を開けるところから神事は始まる。
「う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
と言いながら扉を開けるのだ。
そして、さまざまな神様が現れては祝詞をあげる。
なかには、外人さんもいた。

時計会社のお歴々が玉串を捧げ、舞楽が奉納され、式は滞りなく進んだ。Bugaku

舞楽をライブで見たのは、初めてかもしれない。

珍しい時計も見た。日時計ではなく、火時計である。Hidokei

ドラゴンの背中に大きな線香が置いてある。そこに紐が重ねてある。紐の先端には鉄の玉がぶら下がっている。線香が少しずつ燃えてきて、紐の場所に来ると、紐が燃えて切れる。すると、鉄の玉が落ちて、下にある鉄で出来た受け皿に当たる。すると、大きな音がするのだ。

これは、作ってみたいなあと思った。

            ◆

午後は、大学に行って授業の準備。そして明日のキャンパス見学の準備だ。

2006/06/09

5年後には3TB

昨日帰る前にする予定だった学生への資料の印刷をしないで帰ってきてしまったので、慌てて大学に向かう。こういうとき近くに住んでいるのは本当にいい。

ほんの2時間ぐらいで帰ってくる予定だったのだが、結局5時近くまで仕事。今日は事務ばかりしていた。研究費の精算、来年度の新入生キャンプの企画、高校の模擬授業の準備に後始末などをしていた。

新入生キャンプというのは、入学してきた学生に学ぶ姿勢と親睦とを兼ねて一泊二日で出かける行事なのだが、この企画を作り始めているのだ。児童教育学科の開設に先立って一年前に着任しているのは、こういう仕事もするためであるのだ。

高校の模擬授業では、授業後にアンケートを書いてもらうようにしているのだが、そこに質問を書いてくる生徒がいる。ま、すべてに答えるわけにもいかないが、大事だと思う内容・深刻だと思う質問には返事を書かなければなあと思い、書く。

            ◆

東京には、古いテレビを置いてきた。まだ使えると言えば使えるが、さすがにブラウン管の調子も悪くなってきていたので、新しいものを買った。でかい液晶テレビにしようかとも思ったが、それはやめて20インチにした。大きな映像は液晶プロジェクターに頑張ってもらうつもり。

また、録画用のデッキは地上デジタルとは関係のないものにした。HDは250GBで、VHSとDVDが使えるもの。これが5万円だった。私の読みでは、ムーアの法則により5年後には3TBのHDを装備した地上デジタル対応のデッキが5万円で売っていると見たので、現在はこれで良いと判断した。さて、予測は当たるか?

            ◆

明日は、地元の神社のお祭りを見に行く。
一つのお祭りが1000年単位で続いていたりする。
歴史にとけ込んでこようと思う。

2006/06/08

小学校4年生にも分かるように説明せよ

高校での模擬授業。45分の持ち時間であったが、チャイムがなってから教室に移動だったので予定していた45分の授業の枠通りに進めるのが厳しくて、参った。

授業の最初に教室を見たら、ペットボトルが一本机の上にあった。
『はい、それではそのペットボトルしまってくれる?』
と言った瞬間、教室の空気が重くなるのを感じる。しかし、そんなことでめげてはいられない。授業を受ける者として、飲み物を机の上に置いておくことを私は許さない。

ま、それでも授業の半ばから教室の空気も暖まり、最後には高校生達も喜んでくれたようだ。アンケート見るとわかる。薔薇という字も書けたことだし。「もっと授業をしてほしい」と書いてくれた生徒も多い。じゃあ、京都橘大学で待っているぜ(^^)。

            ◆

高校からはタクシーで大学に戻る。5時間目の授業がある。だけど、15分ぐらい遅れてしまった。すまん。京都は名神高速道路が集中工事で一般道路が混んでいる。んなもんで、タクシーもその渋滞にはまってしまったのだ。

今日の授業は、「作文の指導1」である。学校で指導する作文の種類を「体験の作文」「伝達の作文」「思考の作文」の三つに分類し、主に「体験の作文」の指導法について、その哲学や原稿用紙の使い方、作文指導のアナロジーなどについて話す。

予想した通り、中高で作文の書き方を習ったことのある生徒は皆無であった。なぜか、作文を書く時は「書け」「思った通りに書け」「時間内に書け」「書けなかったら宿題で書け」と命令なのだ。これは指導ではない。

次週は、具体的な指導法について述べることになる。

            ◆

研究室に戻り、実習生の指導。扱う教材は「メディアに軽重はあるか」というもの。一週間考える時間を置いての指導。

・「メディア」とは何かを、小学校4年生にも分かるように説明せよ

という課題を与えておいたのだが、彼女がやってきたのは、専門書を読み、そこに書いてある学術的な定義を書き写してきたことであった。真面目な学生がはまるパターンである。

彼女は、学術的な説明を調べ、自分でも理解した。それは正しいし、当然のことである。しかし、それは、説明ではない。小学校4年生が分かるはずもない。

そこで、私は次の説明をした。

『君がしてきたことは、定義を捜してきたことだね。子どもたちにその定義を話しても分からないよ。子どもたちは、手紙、新聞、パソコン、フロッピー、ラジオ、テレビ・・・と具体的なメディアから、抽象的な定義には至れない。教師は、具体と抽象との間の理解を促す「説明の言葉」が必要になるのだよ。そして、それはおそらく「比喩」がキーワードになるはずだ』

という話をしながら、私が中学校でやってきた実践の話、研究授業の山場はどうするか、授業全体のまとめはどうするかなどの話をして終わる。

やる気のある学生の指導は、気合いが入るなあ。

            ◆

家に帰ってから今日のことを奥さんに話していたら、奥さんから次の授業のアイディアを貰った。そうか、そういう手があったか。ありがたい。

『こんな時どう言い返す』という本を作った連載も、奥さんの一言から始まったのだが、奥さんのこういう一言は的を射ていることが多いからなあ。新しい展開があるかも。

うーん、いいなあ。

2006/06/07

この調子で

昼ご飯を久しぶりに「サイゼリア」で取った。
失敗した。

食事はあの値段できちんとエキストラバージンオイルを使っているようだし、それなりに良いと思う。しかし、客層が・・・。

ファミリーレストランだったら子どもを暴れさせても良いと思っている母親の集団がいた。5〜6人の子どもに、3〜4人の母親たち。奇声を上げて椅子の上で跳ねている。自分の家ではないぞ。公という概念がどこかに捨てられてきてしまっているのだろうなあ。

少子化でますます子どもに甘い親や社会が増えるか。
でも、甘やかされて育ったら、その後その子どもたちが抱える社会の厳しさに耐えられるのであろうか。少子高齢化ってことは、今の子どもたちが支える社会が重荷になるってことだぞ。

            ◆

午後からは予定通りに、研究室で授業の準備と論文の執筆に取り組むことが出来た。新しいことを提案するってのは、不安でもあるが楽しい。少なくとも私は楽しい方が上回る。

ディベートの授業に取り組み始めた時、他に誰もやっていなかった。だから、私が失敗したと思っても、私と子ども以外には私が失敗したことが理解できないという妙な状況が続いた。周りが分からないうちに、勉強し直してきちんとしたことをやるということが出来たf(^^;。

今取り組んでいるものも、教員養成課程の指導方法としては、新しいものになると考えている。さて、これが学会等で受け入れられるかどうかは私には分からない。でも、作り上げているこの瞬間が楽しいんだよなあ。今年度中にまとまると良いなあ。

            ◆

で、背中の筋肉痛も久しぶりだ。
修士論文を書いていたとき、腹筋と背筋がとても痛くなった。一日に12時間もワープロと戦っていたからな。その時以来だ。

やっぱり論文を書くために必要な力は、発想力>経済力>体力>知力だなと思う。

このところ、マンションの14階から1階まで歩いて降りるようにして筋力に活を入れている。さらに、昼ご飯も主食と同量の野菜を食べて体調をコントロールしようとしている。
気持ち、顔が小さくなり、ズボンのベルトの穴も一つ内側にずれたような気がする。

この調子でダイエット、ダイエット。
論文、論文。
授業、授業。

明日は、高校で授業だ。

2006/06/06

サボテンの花

新居に来て、サボテンの花が咲いた。
大きな一輪だ。

「サボテンの花」は、チューリップの名曲で冬の別れの曲だが、
ここでは新しい生活を祝ってくれているようだ。
よろしく、サボテンの花。

Photo_2

今月の歌詞 6月ー1 六月の詩

六月の詩 
      by カルメンマキ&OZ

私の心の隙間に 六月の風が吹いても
あの夏は やっては来ない
悲しみを 殺したままに
笑いながら 通り過ぎていった
生温い 六月の風

夏を待つ 都会の静けさ
渦を巻く 憂鬱な気分
喘いでる 私の自由を
つかみ取れるのは あなたじゃない
去年の 夏のままに
私は しゃがみ込んでいる

私の夏は続いている

夏を待つ 都会の静けさ
渦を巻く 憂鬱な気分
喘いでる 私の自由を
つかみ取れるのは あなたじゃない
去年の 夏のままに
私は しゃがみ込んでいる

私の夏は続いている

            ◆

高校生の時だろうか、この歌を聴いたのは。衝撃だったなあ。
クイーンが「ボヘミアンラプソディ」や「愛にすべてを」を引っさげて、ロックであるのに合唱がある構成で楽曲を作り世に送り出した後に、この「カルメンマキ&OZ」を知った。

明らかにニューウェーブではなく、オールドウェーブの彼らであったが、ぐいぐい惹かれた。

「夏を待つ 都会の静けさ
 渦を巻く 憂鬱な気分」

なんて的確な表現なのだろうと、敏感に言葉を感じる年代の私はいたく感動した。
当時住んでいたのは東京の多摩地区のはずれでにある武蔵村山市。この都会の静けさは実感としてはよくわからないでいたが、わざわざ原宿、霞ヶ関、大手町の昼下がりを歩いてこれを実感しにいったのを思い出す。

六月になると、あの高校生の時に歩いた都会の静けさをしっかりと思い出すことが出来る。

「私の夏は続いている」

私も続いている。

今日は060606の日である

午前中、警察に行き免許証の住所変更を再度しにいくが、再び頭にくることがあった。
警察署の駐車場の半分のスペースに鍵がかかっていて、停められない。
6/1から道交法が変わってナーバスになっている運転手の気持ちを考えているのか?

さらに、写真をもってこいというので持っていったら
「スナップ写真は困ります」
とのこと。後ろに壁が写っているだけなのにスナップだと?
『昨日はそんなことは言わなかった。上半身で脱帽のものと言っていたでしょ』
と頭にきてそのまま警察署を出る。
『ったく、きちんと伝えろよ。時間の無駄を何回させれば気が済むんだ?』
と言葉に出してしまうのは、辛うじて我慢した。

            ◆

大学に向かい、授業の準備に取り組む。今週と来週が一つの山になる。作文指導の指導方法である。学生諸君よ、気合いを入れて授業に参加するんだぞ。私も気合いを入れて準備をしている。

教えたいことはたくさんあるが、整理して伝えないことには時間が足りなくなる。その準備である。

で、取りあえず完成。プリントアウトして確認しようと思ったら、ファイルがない。え? 昨日今日で作った二時間分の細案がない? ないないないない! 保存してなかったのか? 悲しすぎる。がーん。

今日は060606の日である。まるでオーメンのようだ。
このことは忘れない。
仕方がない、もう一度作り直しだ。

            ◆

だけど、こうして作り直すことでより良い物が出来ていくのだろうと思う。実際、二回目に作った細案は、かかった時間は少なくてクオリティーはアップしていると思う。授業二日前で良かった。ふう。

            ◆

で、夕方は会議。新しくできる児童教育学科についての打ち合わせ。新しいところを立ち上げるのは、面白いなあ。ま、ひえーの内容があったりするのだが、これはこれで勉強だと思って。

明日は半日授業の準備、もう半日を論文執筆に使いたいなあ。

2006/06/05

社会科見学をしていた感じだ

関西は交通費が高いという嘆きをブログに書いたところ、本学の小暮先生からメールを頂いた。滋賀から大阪に行く時には、一度京都で降りて切符を買い直すと安いとのこと。なんか関東人の感覚ではよくわからないのだが、今度してみよう。情報ありがとうございました。

            ◆

しかし引っ越しと言うのは、いろいろなものが変わるのでパソコンのOSの変更のようなものだ。その第一のところが住民票の移動と、印鑑登録と、銀行の変更だろう。

昨日の代休で午前中はオフにして奥さんと一緒に行ってそれをやったのだが、まあ私がいかに社会性が弱いかと言うことが改めて分かった。

書類を書くための基礎情報がない。銀行口座は作った支店でなければ解約できないとかなんてのは知らない。

ほとんど、今日は奥さんに付いていって社会科見学をしていた感じだな。大津市役所の五階の食堂から見た景色がきれいだったから、遠足だったかもしれない。

            ◆

納得いかなかったのが、警察での免許書の住所変更。写真がないと受け付けないと言うのだ。なんだそりゃ。確かに私は危険人物ではあるが、写真を提出しないと免許書の住所を変更できないと言うのだ。

そんなに必要なら、そちらでポラロイドカメラかなにかで撮影すれば良いのに、こっちに用意をしろとのこと。さらに、ないのなら目の前のデパートに簡単に写真が撮れる機械があるからそちらで撮ってきてほしいと言うこと。

まったくなんてこった。道路の向こうまで行って高いお金を払って撮影だと? そんなに必要なら警察の中に一枚10円ぐらいで撮影できるように用意しておけば良いじゃないか。

と言いたかったが、いきなりブラックリストに載るのもなんなので、止めた。

            ◆

午後から大学に行き、授業の準備。いよいよ授業も半ばに入る。
今年担当している国語科教育法1の授業の基本コンセプトは、「学校現場で困ることの多い指導項目を、体験的に理解する」ということである。

だから、声の出し方、黒板の字の書き方、漢字の指導方法とやってきて、ここでいよいよ作文指導に入る。体験作文の書き方指導をやる。例のテレビ番組を見せてオシマイにするという手もあるが、それじゃあつまらない。

折角なのでエッセンスをやる予定である。その準備が半分終わったところで8時を過ぎてしまったので今日はおしまい。続きの準備は明日だ。

2006/06/04

大阪へ

まだ、書ける気がしたのだろう、今日も朝の五時半に起きてしまった。書き続けている。本来論文と言うものは、こんな風にして書くものではないと思うのだが、練り上げたり刈り込んだりする部分はさておいて、とにかく書いてしまおうと思っている。

で、朝のメールチェックをしていたら、嬉しい返信があった。
これはまだ正式にはスケジュール調整をしていないので書けないが、9月の私の特別活動論の講義にビックなゲストをお招きすることが出来そうになってきた。

キャリア開発演習という教職の科目でも現職の凄い先生を呼ぶのだが、特別活動論にお呼びする先生も、かなりの先生である。

正式に決まったらご案内します。授業は9月です。

            ◆

午後からは、大学の仕事で大阪に行く。関西地区の私立大学が集まって合同説明会をするのだが、大学の職員と一緒に私も参加と言うことだ。

しかし、西大津から大阪までは新快速で39分なのに、950円もかかる。関西は交通機関の料金がタクシー以外は高い。聞いてみると、京都と大阪間は安いのだが、京都を滋賀の方に越えると高くなるとのこと。許せない。

            ◆

説明会は72の大学が参加。本学のブースにも高校生がやってくる。やっぱり人気があるのが新しくできる児童教育学科、看護学部、歴史学科である。しっかりと力を付けて大学に来てほしい物だ。

            ◆

その後、奥さんと待ち合わせをして、梅田のヨドバシカメラで家電を見て歩く。すごく広いので疲れた。結局、冷蔵庫と洗濯機はゲット。それもかなり安くゲット。懸案のテレビ、プロジェクターは後回し。

あ、それから新しいオーブントースターを買った。今使っているものはまだ使えるのだが、もっと大きいのが欲しいと言うことで買った。だから、使えるオーブントースターがあまっています。欲しい学生諸君、早い者勝ちで差し上げます。メール下さい。

大きなテレビにするか、テレビを小さくして液晶プロジェクターにするか。プロジェクターにするなら何にするかと考え込んでしまっている。ワールドカップに間に合うか? 新居にはでかい壁(4.5m×2.2m)があるのでこの壁を使って見たいんだよな。

            ◆

んーん、疲れた。
おやすみ。

« 2006年5月28日 - 2006年6月3日 | トップページ | 2006年6月11日 - 2006年6月17日 »