« 2006年7月2日 - 2006年7月8日 | トップページ | 2006年7月16日 - 2006年7月22日 »

2006/07/15

あと少しで50000!

いやあ、50000ですか。
ありがたいことです。
キリ番の方、または前後の方。
書き込みをお願いします。

では。

『1985年の奇跡』(五十嵐貴久 双葉文庫)

本日ディベート甲子園の東海地区大会である。
朝から新幹線に飛び乗り、名古屋は金城学院大学に向かう。

で、その新幹線の中で参ってしまった。
読んでいる本がクライマックスを迎えてしまったのだ。

『1985年の奇跡』(五十嵐貴久 双葉文庫)

である。

            ◆

1985年と言えば、あの御巣鷹山に日航ジャンボジェットが墜落した年だ。
私は当時の愛車YAMAHA SRX-4にまたがり、伊豆半島の最南端弓ケ浜まで乗り付け、
半ズボンにTシャツのまま、太平洋に浮かんで青空を見ていたのを思い出す。

この本が単行本になったときに、手を出そうかと思ったのだが
自分の青春時代が変な風に書かれていたら、なんだかなあと思ったので取りあえず手を止めておいたのだ。

で、三日前に文庫本になっているのを発見して、久しぶりの物語欲求が襲いかかってくるのを押さえられずに手にした。

            ◆

結論から言うと、参った。
いやあ、良かった。
解説の茶木さんが書かれていたが、

引用開始 ーーーーーーーーーー

しかしそれにしても、『セーラー服を脱がさないで』の歌詞を読みながらまさか自分が泣くとは、本書に出会うまで想像もしなかった。

引用終了 ーーーーーーーーーー

には、同感である。
「ウォーターボーイ」「スイングガールズ」の次の矢口監督作品として映像化してもらいたい、青春ドラマである。

『セーラー服を脱がさないで』で青春時代を送ったみなさんの必読書であろう。

           ◆

これから始まる東海地区大会でも、高校生はディベートで熱く青春を燃やしてくれるといいなと思う。

2006/07/14

宵宵宵山

突然の大雨、まるでスコールのような大雨が比叡山の麓、皇子が丘に降り注ぐ。
その大雨の向こう側は真夏の入道雲が輝いている。
今日は、オフ。

新車を真剣に捜そうと、とあるディーラーに出かける。
私はオープンカーが欲しい。
琵琶湖のほとりを森高千里の「私がオバさんになっても」をかけながら
気持ちよくクルーズしたい。

んが、奥さんは
「えー、普通の車が良い」
とおっしゃる。
ふむ。
もう少し考えるか。

            ◆

自宅で明日の名古屋行きの宿の手配や新幹線の時間の確認をしようと思ってPCを確認したところ、学生からメール。

「明日面接試験なので、対策をお願いします」

とのこと。
うーむ、明日かいな。
ま、やらないよりはやった方がいいだろうということで、慌てて短パンTシャツの姿からネクタイ姿に着替えて大学に向かう。オフ取り消し。

やっぱり職場と家が近いってのはいいなあ。

            ◆

研究室で、明日面接試験を受ける学生を中心に三人に面接試験のポイントを実践形式で伝える。
30分の予定であったが1時間みっちりと行った。

付け刃になってしまうかもしれないが、自分をブランド化するということが多少分かってくれて、そしてその方向で自分と言うものを試験官に伝えることができれば、お買い上げ=合格ということになるのだが。

うちの学生達は、真面目に学んでいるもののそれを人に伝えると言う部分が弱い。何もしていないのであれば仕方がないが、小学校のボランティアに通ったり、懸命に書道を練習したりしているのに、それを前面に出して自分を理解してもらいやすいように加工する技術が弱い。

やってもいないことを、いかにもやってきたように話す必要は無いが、やってきたことでれば淡々とでも良いからきちんと伝えることが大事だ。君にしか起こらなかった人生の意味を大事にして、これから目指そうとする教育の仕事に生かすべきなのである。

            ◆

で、今晩は祇園祭の「宵宵宵山」であって、これを見に行く。
まあ、蒸し暑い。
凄い人である。
本番は明後日。
でも、これが京都なんだろうなあ。

「P1010025.MOV」をダウンロード

は、鉾の上で楽曲を奏でているところ。
京都の夏であります。

句会の授業

7/13

朝は5時台に起きて、仕事の準備。
宝塚ホテルで朝食をとって車に乗り込む。

カーナビが付いていない車でしかも、兵庫の道路マップも持っていないまま、ネットでプリントアウトした地図を元に今日の学校に向かう。ホテルから50分ぐらいだとフロントの女性に言われた。

ちょっと分かりにくいところにあったので、遠回りしてしまったがなんとか授業の開始5分前には到着することができた。ふう。

            ◆

今日の高校生達は、学校で用意されたプリントに私の話を丁寧にメモしながら聞いていた。こういう姿勢が大事なんだよね。

ただ、私の話し方が悪かったのか、反応がちょっと固かったかな。ま、大学の先生ともなれば固くて怖いと思うのが一般的かねえ。そういう人ばかりではないのにね。

            ◆

授業後、高速に乗る前に回転寿しで昼ご飯を食べて、阪神高速道路から、中国自動車道、名神自動車道と乗り継いで戻る。京都東インターチェンジの手前で京都橘大学が見えるんだなあ。

直接大学に行こうかと思ったが、あまりにも汗だらけなので一度家に戻り、身体を整えることにした。こういう時、家と職場が近いのは本当に良い。

            ◆

今日の授業は、「句会」。
小中高と俳句の授業は受けてきている彼女らだが、句会はほとんど経験したことがないとのことだった。

私はこの「句会」は、思春期の子供たちの授業作りには非常に効果的な方法の一つだと思っている。句会では、作品と作者を切り離して、作品だけで評価する。

思春期の子どもたちは、特に「○○さんが作ったから」というだけで、その作品を選ぶことがある。まず、作品を純粋に鑑賞する為には、作品と作者を切り離す作業が必要である。そのとき、この句会と言う形式は非常に優れているのである。

            ◆

で、宿題にしていた俳句をもとに、句会を行った。
残念ながら、ぼろぼろであった。
優秀な作品を選ぶことができないのだ。それどころか、俳句になっていない作品を選ぶのだ。

字余り、字足らず、季重なり、無季。さらに、形容詞で気持ちを説明してしまっている作品も選んでしまっている。そして、俳句の命である「二物衝突」が理解できていない。だから、俳句を選ぶことができず、印象だけで派手な作品を選んでしまっているのだ。

教師となって授業をする為には、俳句を作る力よりも俳句を選ぶ力、または、何処がおかしいのかを指摘する力が無ければならない。句会で選句をするということは、その力があるかどうかを見ることができるのである。ところが、ない。

うーむ。困った。

俳句は二句作らせておいたので、最初の俳句での句会では、厳し目にコメントを加えた。そしたら、二句目での句会は、彼女らは丁寧に作品を鑑賞し、少なくとも俳句になっていない作品は良い句(正選句)として選ぶことはしなくなった。

この辺りが京都橘大学の学生の良いところである。素直なので指導がすっと入るのだ。

その後、「人生名言集」や「このタイトルの作文が読みたいコンテスト」の話等をしながら授業を終える。

で、
『このまま「これは俳句ではありません」なんて言われたままじゃ残念でしょ? もう一度夏の季語で句会をやりましょう』
と言うと、嬉しそうな顔。

急遽、前期の最後の授業でもう一回句会をすることにした。
授業は、やり直せる機会が無いとね。

            ◆

で、この授業では学生による授業評価も行った。自由記述の部分だけ見ると、基本的には良い評価を貰っているのだが、二点だけマイナスがあった。これは私もまずいなあと思っているものだ。

・ 早口になることがあり、何を言っているか分からなくなることがある。
・ 授業が延びてしまうことがある。

その通りです。すみません。
伝えたいことが多すぎて、つい、そのようになってしまっているのを私も自覚している。しかし、これが直らないんだなあ。すみません。

            ◆

出張の事務処理をして、授業の片付けをして帰宅。
随分家を空けている気がしたが、一泊二日なのね。

さて、今日は久しぶりに研究日とすることができるかな。
明日、明後日は名古屋だあ。

2006/07/13

で、確かこのホテルは・・・

7/12 

今日は車で移動。
中国自動車道を西に進み、兵庫県のとある高校で模擬授業。二時間続けてである。

二時間続けて授業をやる事自体はなんでもないのだが、丁寧な学校で担当の先生が二時間続けて私の説明をずーっと聞いている。生徒が変わるのであれば、同じ話をしても良いのだが、一人でも同じ聞き手がいるとまったく同じ話をするのは、申し訳ない気持ちになってしまい、ちょこっと変える。

基本的には真面目な生徒の多い高校で、教室の後ろの黒板には懐かしい数式が書かれている。サイン、コサイン、タンジェントの例のあれを使った数式である。話も真剣に聞く。

『君たちは、どんどん賢くなりなさい。どんどん力を付けなさい。そして、その力で勉強で苦しんでいる子ども、人間関係で困っている子どもを救ってあげなさい。それをするために、力を付けなさい。そんな先生になりなさい』

と伝えた。

『八郎』を読んでいる私にとって、力は、他の人の役に立った時に初めて本当の力を持っているのだと思っている。

            ◆

実は明日も兵庫の高校で模擬授業が午前中に二時間ある。集合時間に間に合うように行くには、家を5時台に出なければならない。それは、きつい。しかも午後には大学で授業もある。

そこで、明日の学校に近いところに宿を取る事にした。ネットで捜したのだが、なかなか見つからない。あったとしても、ひとりでは泊まる事ができないとか。

高速道路のSAに車を止めてもう一度捜す。
(宝塚あたりならどうか?)
と思って捜してみたら、ありました「宝塚ホテル」です。
お得な値段で泊まれるのを発見。やった。

で、確かこのホテルは・・・。
そうです、私の奥さんのご両親が結婚式を挙げたホテルなのです。
義理の父親に電話で確認したら、
「私の父親も泊まっているよ」
とのことでした。

うーん、縁があるなあ。
京都の宿の側にあった知恩院にしても、宝塚ホテルにしても、もうここまで縁があると笑ってしまいますねえ。ありがたいこってす。

            ◆

さて、折角のホテルですから、ちょっと美味しいものでも食べましょうか。
ビアレストランでビールと一品を頼む。
付け合わせの温野菜のために添えられていたデミグラスソースが美味しかった。

食事後、軽く散歩。
武庫川の上を阪急電車が走り、光が反射する。
ああ、聖蹟桜ヶ丘の景色に似ている。
振り返れば満月が登ってくる。

そこを、美しい女性達が通り抜ける。
よくわからないが、宝塚大劇場でレッスンを終えた歌劇団のみなさんかなあと思う。
歩き方がとてもきれいだ。
育ちはそういう細かいところに出てしまうから日頃の振る舞いが大事なんだよなあ。

            ◆

部屋に備え付けのフットバスに浸かりながら、
(フットバスで、吹っ飛ばすだなあ)
なんてどうでも良い事を思いながら奥さんに電話。

さあ、明日に備えて寝るか。

教育委員会のみなさん

昼間に一仕事やって、夕方からは教職の学生諸君と、教育実習の反省会と採用試験一次試験の一つ目終了の反省会をかねて、食事会。

彼女らの話を聞くつもりで出かけていったのに、いつの間にか私の高校時代の話やら教員採用試験のころの失敗談を話していた。

まー、彼女らはあれが事実だというのは信じられないだろうなあf(^^;。
私だって、もう一度同じ状況になったらその道を選ぶとは思わないし、上手く行くとも思わないからね。

私、わがままなので自分の好き嫌いがはっきりしていて、嫌な事はやらないんだよね。それは、もう小学校に入る前から変わらない。人間はなかなか変わらないとつくづく思う。

            ◆

でも、実習の話を聞くと、基本的にはみんな上手く行ったようで、一安心。実習に行って
「絶対、教師にはなりません」
となってしまったら、可哀想だもんなあ。

だけど、実習先の先生によってすごい指導の差があるのが分かる。丁寧に指導してくれる先生もいるが、一回授業を見せただけで
「あとは好きにやって」
と放っておく先生もいる。

去年まで中学校にいた私は、
(まったく、大学ではどんな指導をしているんだ? 全然教わってきていないじゃないか)
と思う事もあったが、学校現場だって指導しない、できない指導教員がいるわけで、これで同じ教員免許の単位と言うのは、なんか違う気がするなあ。

実習期間を長くしても、ここにメスを入れないと意味は無いなあ。

            ◆

で、宴会も盛り上がってきたところで、サプライズ。
なんと娘達からバースデイケーキを貰ったのだ。
本当にびっくりしたf(^^;。
また、嬉しかったねえ。

さすがに私は焼酎を頂きながらケーキを頂く事は出来なかったので、持って帰ってきたが、気持ちが嬉しいねえ。

教育委員会のみなさん、橘の娘達は優しくていい仕事をしまっせ。
ぜひ、教員採用試験に合格させてくださいね。

2006/07/10

開設シンポジュームパンフレット

京都橘大学児童教育学科開設シンポジュームのパンフレットは、
「kyototatibana.pdf」をダウンロード

をクリックしてください。

授業作りネットワーク夏 大阪 8/10,11

私がベースキャンプにしている研究団体の夏の集会が、今年は大阪であります。
これだけの講師を集めて行う集会は、なかなかありません。
私も参加したい講座だらけです。
是非、ご参加ください。

京都橘大学の教職を選んでいる学生諸君は、本当は強制参加にしたいぐらいの内容です。
参加してください。

詳しいパンフレットは、「2006070121.pdf」をダウンロード

にあります。

2006/07/09

久しぶりの散歩

遊覧船に格安で乗れるチケットを手に入れたので、午後から乗ることにして、午前中は大学に行って仕事をする。

仕事をするつもりだったが、なんと車のエンジンがかからない。バッテリーが上がってしまった。広島に行く時に車の中から携帯電話を発掘したのだが、その時に室内灯をつけっぱなしで出かけてしまったらしい。

マンションの駐車場で住人に助けをこうがみんな忙しいと断る。なんてこった。仕方がなしに初めてジャフを頼む。もうバッテリーの有効期限に来ていてたので、その場で新品に変えてもらう。

          ◆

大学にいっていくつかの文章を仕上げる。
文章を書きながら受け取ったのが、ある高校の管理職の先生からのメール。

「生徒に夏休みに作文を書かせたいのだが、書き方の指導を国語の先生にお願いしようと思っても忙しくてそのプリントを作れないだろうから、先生のHPを見ながらまとめて作ったので、申し訳ないがこれで使わせてくれないか」

との内容。びっくりした。そして嬉しかった。
私のHPの内容が採用される嬉しさと、指導する先生を助けようとする管理職の先生の姿に接した嬉しさである。

少しでも役立ってくれると良いなあ。

            ◆

Funsui
15:30から琵琶湖周遊の観光船ミシガンに乗船。1時間程度なので大津の周りをぐるりであるが、琵琶湖を渡る風が気持ちよかった。

その後、琵琶湖ホテルで軽く食事。
鯵の刺身、茄子とうなぎのグリルで軽くビール一本を楽しむ。非常に美味しかった。
琵琶湖はやはりリゾートである。

Nasu
ホテルから出て湖岸を歩いていたら、でっかいブラックバスをヒットしている人を発見。たくさんのブラックバス釣りを楽しむ人がいるが、釣っているのを見た事が無かったので、驚き。釣り人は、感動のあまり無口になっていた。
Bbass


            ◆

ホテルから自宅までは湖の畔を奥さんと二人で歩きながら帰宅。
心地よい風であった。

久しぶりの散歩であった。

京都橘大学 児童教育学科開設シンポジューム

Tachibana
広島からの帰り。電車の中吊り広告を何気なく見たら、
目に飛び込んできた。
いよいよ、広告開始である。
私はコーディネーターとして参加します。

引用開始 ーーーーーーーーーー

京都橘大学 児童教育学科開設シンポジューム

「授業の達人に学ぶ 15分の可能性 ーこどもは一日でどのぐらい成長するのか?ー」

日時:9月24日(日)
   13:00〜17:00
場所:京都市国際交流会館(地下鉄東西線 蹴上(けあげ)駅下車)

講師:杉渕鉄良先生
 佐藤正寿先生
 土作 彰先生
 赤坂真二先生

費用:無料 (200名)

引用終了 ーーーーーーーーーー

4人の先生達に、まず15分ずつ漢字の模擬授業をしていただきます。
会場から質問を受け付けてその質問を元に授業を自評して貰います。
この自評を元に4人の先生方にお互いの授業について意見の交換を行います。
そして、授業の可能性を考えてみようと言う企画です。

この4人の先生が行う授業をライブで見ることができ、質問も出来て、しかも、無料。
こりゃあ凄い企画だと、企画立案者の一人である私も驚いています。

お問い合わせは、京都橘大学へどうぞ。

« 2006年7月2日 - 2006年7月8日 | トップページ | 2006年7月16日 - 2006年7月22日 »