« 2006年9月10日 - 2006年9月16日 | トップページ | 2006年9月24日 - 2006年9月30日 »

2006/09/23

キャリア開発演習4があってもいい

楢原中学校の生徒に向けての授業では、学生達はたくさん学ぶことが出来たようだ。
大学の授業では、なるべく実践に即して指導しているつもりだが、実際に教えることで学ぶこととは質が違う。

私が授業で教えてきた内容が、
(ああ、こういうことだったのね)
と理解できる場面が多くあったようだ。

たとえば、私は
「授業は性善説で作らないこと。性悪説で作ること」
のように指示を出している。
人間が性善説か性悪説かということではない。授業づくりはということである。
簡単に言えば、

(質問すれば、生徒は答えてくれるだろう)

という立場に立たないということだ。
もちろん、質問したら答えてくれる場合もあるし、答えさせるように授業をつくるのだが、何の疑いもなく(質問すれば、生徒は答えてくれるはずだ)という思い込みで授業をつくると、そうでない場合、パニックになる。

だから、
(質問に答えてくれない場合は、どうやって展開しようか)
と予め考えておかなければならないわけだ。これが「授業は性善説で作らないこと。性悪説で作ること」という意味である。

こんなことを、今回の授業で学生は実感することが出来たというのである。良かった良かった。

            ◆

溜まっている事務仕事をしに大学に向かい、その後、京都駅に楢原中学校の子どもたちを見送りに行った。

入場券を買って新幹線のホームに入るなんて、初めてかなあ。
ホームには疲れきった子どもたちがいた。
私が直接教えていた生徒達ではないので、交流はなかったが、嬉しい時間を作ってくれた子どもたち、そして先生達を京都に住むものとしてお見送りしたいなあと思ったわけだ。

ホームでは修学旅行の臨時の新幹線を待つ中学生だらけ。
この列車には何人かの知り合いの先生が乗っているようだったが、そこまでは挨拶には行けなかった。

窓から見える子どもたちに手を振って、別れを告げた。

            ◆

夕食は、この夏の集中講義を乗り切った学生達と食事。中華料理だ。蒸し鶏が絶品であった。

最終課題を出し終えた学生達は、口々に
「なんか、あの充実感が懐かしくなります」
という。
つまり、
「今の生活が物足りない」
というのだ。

課題を提出したある学生のメールに、
「キャリア開発演習3の授業がある夢を見ました」
という言葉が添えられていたのを、ここで紹介したのだが、学生は
「悪夢だ!」
と爆笑であった。
でも、
「あったら受けたい!」 
「キャリア開発演習4があってもいい」
と話す学生も多く、なんというか
(うーむ、倒れるぞ)
と思った。もちろん、学生の方だが。

ただ、こんな話もした。
『足りないと思っているのならば、そこを自分と自分の仲間でやるのが大学生なんじゃないかね。先生、お願いしますというのもいいんだが、自分たちでどうしたらいいかと考えてやるのが大切なんじゃないかな。そこが高校までと圧倒的に違うのではないかと思うのだけどね』
と。

高い要求かなあf(^^;。
しかし、気持ちのよい志を持つ学生達だ。
楽しみ楽しみ。

2006/09/22

懐かしい楢原中学校との交流

いつもより2時間ほどゆっくりと寝て起きる。
さあ、今日から後期が始まる。

集中講義に関して、課題を提出するインターネット掲示板を作ってあるのだが、そこにある学生の最終感想にコメントしつつ、昼を過ごす。コメントしながら改めて思う。

よくわからないが、授業はやっぱり一回限りのものだと思う。
この夏の授業をもう一度やれと言われたら、まあ、出来なくはないが正確には出来ないだろう。
学ぶ彼らと私が同じでも、あの濃密な空気はまた別のものになっていたと思う。
だから、授業は恐ろしくて、楽しいのだと思う。

            ◆

今日の夜は、懐かしい楢原中学校との交流があった。
交流と言っても、授業の一環である。
私が指導している学生達が、修学旅行で来ている中学三年生に、京都に関して授業をしたのだ。

100人、3グループに分かれた初対面の中学3年生に、学生5人が一組になって授業を行うのだ。まだ教育実習に行っていない学生達なので、少し心配であったがこれは杞憂であった。

事前の準備も十分に行い、授業案も練り、練習も重ねて、なかなかのできであった。
あるグループは、京都の食べ物を抹茶のスイーツに絞り、10種類を食べ歩き値段ランキングでやっていた。「いいとも」のあの方式である。

たしかに、私はその方法でやると面白いのではないかとアドヴァイスしたが、まさかきちんとやりきるとは思わなかった。

あるグループは、全員着物で行い、あるグループはスケッチブックのクイズ形式で授業を進めとよくやった。うーむ、さすが京都橘大学のまじめな学生達である。

取り組みの過程の中で、学生は授業の準備の大切さを学んでくれたのではないかと思う。これが、来年度の教育実習に繋がるといいなあ。

            ◆

その後、軽く食事をとって解散。
さあ、いい感じで後期が始まったぞ。

2006/09/20

自分から逃げたくなる時もありました

本日最終日。キャリア開発演習2の最終日であり、集中講義の集中の最終日である。45×90分の授業を、するほうもするほうだが、受ける方も受ける方である。しかし、やりきった充実感はあるなあ。

駆け抜けた!っという感じで終わるかと思ったら、フワッとゴール地点に入ったと言う感じであった。余力を残したというわけでもないが、実際のところ明日からのことも考えるとこういうゴールでないとね。

それでも、やりきった感は非常に心地よい。

            ◆

キャリア開発演習2の午前中の課題は、小論演習である。600字、40分で書く。
アイディア出し、構成、執筆、見直しの時間配分がどのようになるのかを実感させる。

そして、上手く書けなかった諸君に、計画していた時間配分と、実際との差を考察させる。また、テーマについてどのような切り口から攻めて行ったら良いのか、また、実際はどのように攻めて行ったのかを確認。

その後書き込み回覧作文で、お互いの作品を評価する。
ここまでが1限。

最初は抵抗感があった書き込み回覧作文も、もう大丈夫。というより、批判的な意見がないと物足りないようになってきている。自分の文章のどこが分かりにくいのかを指摘してもらうことに喜びを得始めたのは、嬉しい。

            ◆

んでもって2限は、同じテーマ、同じ時間配分、同じ文字数で、小論文をリライトさせる。

『同じテーマ、同じ時間配分、同じ文字数でもう一度書くなんて、意味がないと思った? 簡単だと思った?』

書き終わってから学生に確認する。

『簡単と思ってくれれば、それで良い。そうなんだね、一回書けば二回目は簡単なんだよ。仲間からアドヴァイスを貰い、アイディアを貰って書けば、二回目は楽なんだな。だから、一つのテーマを一回書いてみることなんだよ。そうすれば、二回目は楽になるでしょ。新しい知識を得て、切り口を手にして、三回目を書けばさらに書けるようになるよ。いろいろな論文のテーマでやってみるといいな』

リライトさせることが、作文の力をつける指導ではとても重要だと私は考えている。その重要性を学生は感じてくれたようだ。

            ◆

さあ、3限。1/45の最後の90分である。
この90分では、キャリア開発演習1、2を振り返りつつ、まとめるという時間にする。 

最初の30分を使い、何を学んできたのか私の方から授業の中身を簡単にまとめながら振り返る。(うーん、良く出来た指導の流れだ)と改めて感動する(嘘)。

そして、学生には授業のまとめと、今後についてのスピーチの課題を示す。20分で準備して、2分間のスピーチだ。

1)この授業で学んだこと
2)これから私がしたいこと
3)これから私がしなければならないこと
4)これから私がしてはいけないこと

を柱にして行った。

それを聞いていると、彼女らにいい学びがあったのではないかと思えてきた。
仲間と一緒に勉強することの意味と重要性を感じてくれたようだ。
教師という仕事とは何ぞやと考えてくれたようだ。
この自分が教師になるためには、何をすれば良いのかを深く考え始めてくれたようだ。
それが証拠に、ここで出会った仲間達と一緒に教職の自主勉強会を始めるとのことだ。

大学の学びの最大の楽しみは、自主勉強会にあると私は思っている。同じ志を持つ仲間達と、単位にもならない勉強をヒーヒー言いながらやっていくのが、大事な学びなのだと思う。折角、教師というすんばらしい仕事を目指そうとしたんだから、たっぷりと勉強してくれい。

ま、なんかあったらアドヴァイスぐらいはするから、その時は研究室に来なさい。

            ◆

学生達の感想の一部である。

引用開始 ーーーーーーーーーー

 キャリア1・キャリア2を終えて皆さん、池田先生お疲れ様でした。

 本当この30時間は、私にとってかけがえのない時間になりました。講義があるときは、辛くてしんどくて今すぐにでも逃げ出したいと思ったことは、数え切れないほどあります。
でも、友達ががんばってる姿や成長する姿、また自分の成長が目に見える形で見ることができたことが何より楽しくて最後まで、やり通すことができました。

 講義を受けていて、何度も自分は教師に向いているのだろうか?と何度も自問自答を繰り返しました。答えなどでていませんが、自分が夢に向かってがんばってることが何より重要な気がします。

 知識がないこと。本当に落ち込みました。専門分野にしても教育のことに関してもすべてにおいて知識がないことに。だけど、そのことに面と向かう機会をこの集中講義で得ることができました。自分の長所、努力するを発揮できるときなのだと気づかされました。努力して、息を抜くことを忘れていたら、息を抜くことを意識的に自分に教えてあげたいです。

 教員採用試験まで、あと一年をきりました。でも、まだ時間はたくさんあります。この残された時間を有意義に使っていきたいとおもいます。

引用終了 ーーーーーーーーーー
引用開始 ーーーーーーーーーー

本当に大変な一ヶ月だったと思います。本当にあっと言う間で、毎日が速かったです。
でも、常に毎日何か考えさせられる事ばかりで充実していたと思います。寝不足やら色々見舞われましたが・・・。

皆さんの意見を聞いたり、自分で何かを書いたり、発表する事で今までぼんやりとしていたものが少しはっきりしてきたと思いました。

最初は「このまま続けていて大丈夫なのか」とよく考えてへこんでいましたが、今では前よりも教師の仕事に興味がわいてきて「どんなに大変でもやってみたいんだ」と思うようになりました。
知識(雑学、一般常識など)やまだまだ専門分野の知識が足りていない事などあり、自分から逃げたくなる時もありましたが、ここまでやってこれて少し自分と向き合えた部分もあるんじゃないかと思いました。

皆さん・池田先生改めてありがとうございました。お疲れ様でした。

引用終了 ーーーーーーーーーー
引用開始 ーーーーーーーーーー

キャリア開発演習1・2を終えてまずは自分に「よくやった」と褒めてあげたいです。授業を受ける日は本当に気合いを入れていかないとダウンしそうなほど私にとってはきついものでした。けど何とか休まずに出席できたことを誇りに思っています。

この授業を受けてやはり自分がまだまだ小さいことに気づかされ落ち込み、また頑張ろうとも思いました。今日のスピーチで述べたようにまずは本を読むことから入って、小論のトレーニングをしっかりしていきたいです。

池田先生に教わったやり方なら本当に苦しく大変なものではないと思うので、「やってみたいな」と感じるようになりました。教え方ひとつで生徒の人生までも変えられるんだと実感しました。また、それだけ教師の責任は大きいのだと改めて実感したし、少しプレッシャーにも感じました。

けど、いつか今回の池田先生に教えてもらったように生徒が前向きに考えられる授業をしてみたいです。そして、生徒の心に残る先生になりたいです。

引用終了 ーーーーーーーーーー

彼女らの感想を読みながら、
(はあ、終わったなあ。学生達もよくやりきったな)
と、しみじみとしていたら、電話。

「先生、教授会が始まります」

をを、そうであったf(^^;。
お仕事お仕事。

さあ、明日から大学は、「正式に」後期の授業開始。
夜は楢原中学校との再会だ。

キャリア開発演習2の最終課題

で、キャリア開発演習2の最終課題ですが、何かのご縁で先生方に、うちの学生達がお世話になるかもしれません。すみませんが、その時は温かく、厳しくご指導頂ければと思います。

こんな最終課題「kdai2.pdf」をダウンロード
を出しています。

2006/09/19

ちゃららっちゃ、ちゃっちゃちゃらららん。

本日は、午前中が面接指導を受けて分かった弱点への対処方法のレッスン。午後が教員採用試験用の小論文のレッスンである。学生にも疲れがたまってきているので、講義にすると寝てしまう学生が出てくる。だから、なるべく実習を伴ったものにしようとした。

            ◆

模擬面接試験を受けてみて分かった、学生に足りないものといえば、

1. 圧倒的な知識の量
2. 知識を自分の言葉で説明する力
3. 瞬時の切り替えに対応できる力

である。これを受けて、今日は3を中心にしてレッスンを重ねた。もちろん、授業中だけではクリアできないが、自学や仲間とのペア学習でできるようにやりかたを教えたのだ。

「つながりゲーム」「無関係ゲーム」「謎掛け」「イメージボード」などである。

            ◆

学生に勢いがついてきたので、1〜3の力をすべて使う、レッスンも行った。「子ども電話相談室に答える」である。

「子ども電話相談室」は、佐藤さんのHPにあったものだ。私も同じことを考えていて、TBSラジオやNHKの夏休みの電話相談で、面白い質問があるとメモをしていたのだ。が、番組のHPを見たら、質問と答えの一覧が載っていた。これを使った。

教師は子どもの質問に答えなければならない。その子どもからの質問がたくさん載っているのだ。これを使わない手はない。

ホームページからダウンロードしておいた問題に番号を振り、学生には自分の好きな番号を言わせた。もちろん、番号にどんな問題が潜んでいるのか、学生は知らない。小学校4年生が相談相手という想定で行った。

1. 友達に約束を破られました。どうしたら友達関係が上手くいきますか?
2. うんちはなぜ茶色なのか?
3. 気温が38度だとすごくあついのに、お風呂だとあまりあつくないのはなんでですか?
4. どうして体をあらわす漢字には「月」という字がつくのですか?
5. 詩がうまくかけないので、うまく書けるコツを教えてください。
6. どうして新聞の字は小さいんですか?
7. 将棋の二歩は何でいけないんですか?

などである。
(そんなあ)
というような質問をするのが子どもである。その子どもの質問を丁寧に扱い、適切な答えを述べる。私はその答え方にコメントしてレッスンを重ねた。これは良いレッスンだ。

            ◆

小論文は、論文と小論文の違い。教員採用試験の小論文のテーマ、タイトル.書き方、注意事項などを説明した後、重要なタームについて200字でまとめる練習と書き込み回覧作文での相互評価ということをした。

この時は、
「辞書を見ることなく、今の君の頭の中の言葉だけで説明するように」
と指示した。

これにより、自分の今までの学習の知識だけで説明することになる。その後、教育辞典ではどのように定義されているかを確認することを指示する。

ちなみに、今日扱ったテーマは、「学力向上」「個性」「授業」である。これを30分で200字ずつまとめるのである。この積み重ねが、面接や小論文に繋がると考えている。

            ◆

そして、最終課題を発表した。
ちょっと大変なので、前倒しで最終日の前に発表。
その内容は、明日のブログの心だ!

ちゃららっちゃ、ちゃっちゃちゃらららん。
(って、分かるかなあ)

2006/09/18

走りきるという感じだろうか

祭日とかゴールデンウィークとか関係なしに動いている。しかし、これは今に始まったことではない。もともと人ごみが好きではないので、GWにどこかに出かけて行こうという気持ちはほとんどなかったし、研究会やクラブ活動の試合などは、この期間も関係なしに行われるので、意識が弱いのかもしれない。

            ◆

なもんで、今日も大学に出かけてきてキャリア開発演習2の授業の準備をしている。残すところこの授業もあと7時間。2日間である。集中講義の集中で考えると、7/45ということになる。

修士論文を書いていた時も感じたのだが、ゴールが近づくとなぜか切なくなる。書いている最中は、腹筋も背筋も痛くてヒーヒー言っていたくせに、書き終わりが見えてきて後少しとなると、なぜか書き終わりたくなくなった。

この集中講義の集中も、8/28に始まった時には
(倒れないように。倒れないように)
と思って始めたが、ゴールが見えてきた今は、
(最後までリズム良く)
と言う思いと
(もうちょっと走りたいなあ)
という思いが交差する。

実に不思議な感覚だ。

            ◆

しかし、大学の授業ってのは中学校のそれとは違うなあと思うこともある。大学の授業は中学校のそれではなく、小学校のそれに似ているのではないかと。

中学校の授業は、一つを作ったらそれをいくつかのクラスで指導する。三クラスあれば三回指導することになる。だから各クラスで微調整をしながら、授業の質を高めることが出来る。最初のクラスはちょっとクオリティは低いが、年間通じてやればどこも最初になったり最後になったりするから大丈夫である。

だが、大学の授業はこれではない。一回一回の授業である。次の授業は来年以降になる。もちろん、その次の授業は社会情勢の変化や学問の進歩があるので、同じということにはならない。だから、走りきるという感じだろうか。

今までにあまり経験したことのない感覚だ。

            ◆

本当は、同時進行で進めなければならないメールの返信とか、原稿とか、仕事とか、研究とかがあるのだが、ごめんなさい。こっちの方を優先しています。あと二日間ですので、よろしくお願いいたします。

さて、帰るか。

この時間と空気が

昨日は、月に一度の大津市民のための文化財無料開放の日である。広報に載っているチケットを持って行くと、いつもは有料の場所が無料で入れる。これを使わない手は無い。

一日で回ったのは、

旧竹林院庭園
日吉大社
西教寺

である。すべて家から車で30分程度のところにある。歴史の中に住んでいると言って良いだろう。

            ◆

実は、もともと私はこういう神社仏閣には、ほとんど興味がない。そんなところを回るぐらいなら、景色の良いところで本を読むか、風呂につかって過ごす一日の方が良い。

だが、奥さんがこういうのを好きなので、私は運転手として回る決意をしていたのだ。が、実際回ってみるとこれがなかなか良い。

詳しくはHPを見て頂きたいのだが、それぞれ感想を一言言うと、
旧竹林院は、庭が見事。午前中に行くことをお勧めする。東から入る日光で庭が映える。庭を見ながら読書ってのもいいなあと思った。
日吉大社は、静謐な感じが良い。社の中に小さな流れが作られているのだが、これが良い。京都の鬼門を守る為のお社なのでありがたい感じ。
西教寺は、見晴らしが良い。明智光秀のお墓がある。

            ◆

東京中心の生活をしていては、絶対に出会うことのない時間だろうなあと思う。
東京にいては、絶対に触れることのできない空気だろうなあと思う。
で、この時間と空気が新しい私を作ってくれているんじゃないかなと感じることがある。

それがどのようなものなのかを楽しみにしつつ、今日は集中講義の最後の準備をしに大学に行こうと思う。

« 2006年9月10日 - 2006年9月16日 | トップページ | 2006年9月24日 - 2006年9月30日 »