« 2006年11月5日 - 2006年11月11日 | トップページ | 2006年11月19日 - 2006年11月25日 »

2006/11/17

読書へのアニマシオンと二種類の読み方

本日の2時間目は、慶応大学付属普通部の鈴木先生による「読書へのアニマシオン」の特別授業。先生が、研修で京都にいらっしゃると言う情報を得て、午後の立命館小学校で行う前に、是非にとお願いして私の指導する学生に授業をして頂いた。

90分の授業時間のうち、30分が読書へのアニマシオンの哲学、歴史、原則などのお話。そして、残りの60分で三つのアニマシオンの作戦(プログラムのことを作戦と言います)をして頂いた。

私も前期の国語科教育法1の授業で、詩を使ったアニマシオンは学生に体験させていた。それは「物語バラバラ事件」である。今日は、それとは違う3つの作戦を、スペインのモンセラサット氏が開発した75の作戦から選んでやっていただく。

            ◆

鈴木先生の物静かな語り口で、授業は進む。物静かな語り口が授業の熱さを引き出すという見事なもの。これがなかなかできない授業者が多い。感動的なものを話す時、読む時、自分が感動的に読んではダメなのだと言うことが分かっていないのである。感動で感動を与えるというのは、一つの方法だが、淡々とした行為で感動を与えるという方法もあるのだ。

読むということは、自らの最もシンプルな解釈を伝えると言う行為である。聞き手が解釈のままならない子どもであれば、話し手はその自らの解釈を子どもに伝えることが大事である。そうして、子どもたちは解釈を読み手の解釈、読み手の演出を元にして手に入れて行く。

しかし、子どもたちが解釈を自らするようになった時(そのように指導をしているわけだから、そうなっていくはずだ)、まだ自らの解釈を伝えるような読み方では、子どもたちは「引いて」しまう。自分との読み(解釈)のズレが心地よくないのだ。ひどい場合には「子ども扱いされている」「馬鹿にされている」のように感じるのである。

            ◆

読み方には、大きく2種類あると思っている。解釈を前面に出した「物語読み(朗読読み)」と、文章を極めてプレーンに、解釈を押さえて読む「テキスト読み(音訳)」がである。教師はこのどちらもができなければならない。

昨日の模擬授業に向かう時に、きときと君にやっとこのことを説明することができたわけだが、今日の鈴木先生の授業を拝見していると、まさにこの2種類の使い分けが見事なのである。

その使い分けの心地よさの中に包まれて、学習者は自らの解釈を求めて学びを深めて行くのだと思う。

もちろん「読書へのアニマシオン」そのものも学生に大好評であったが、私は改めて「声」「語り」について再確認させて頂いた。鈴木先生、ありがとうございました。また、機会がありましたらよろしくお願いいたします。美味しいものを用意してお待ちしておりますf(^^;。

            ◆

さて、明日あさっては大阪で関西の100人の教職を希望する学生たちに授業だ。
準備は後少しで終わる。
良い出会いがありますように。

授業づくりの世界へようこそ

で、学生の模擬授業はどうであったか。
結論から言うと、一回目にしてはかなり授業になっていたと思われる。

今回の授業は

1)5人グループになる。
2)グループでし指導案を書く。
3)授業者はそのうちの1〜2人とする。
4)事前の指導を、授業の最低3日前にグループで受ける。
5)授業の範囲は、中学生の教科書とする。
6)授業の内容は、韻文、散文、古典から一つ選ぶ。
7)単元の中で1時間を本時に選び、本時の中の30分を行う。

というものである。
今日の学生たちは俳句の授業であった。

            ◆

なぜ上手く行ったのかと言えば、これは学生が丁寧に学んだからということが大きい。私もそれなりに指導を重ねて来たが、その指導にきちんとついてきたのである。

3分のスピーチ、3分の模擬授業などをさせてきて、公式な場で話すと言うこと、授業をつくると言うことを少し体験させてきた。授業のビデオを見せながら学習指導案の書き方は教えてきた。これを格闘しながら自分のものにしてきた。

さらに、夏の「授業づくりネットワーク」の大会にも積極的に参加し、佐内先生の俳句の講座にも参加していた学生である。そこで学んだことも使っていた。

また、模擬授業の前に一回は指導を受けることにしていたのだが、4回受けにきた、その上、学内の古典や言葉の先生ののところに出向いて行って、指導を受けている。つまり、彼女らなりに教材研究を丁寧にやっていることが分かる授業であったのだ。

それが「かなり授業になっていた」という中身である。

            ◆

もちろん、まだまだ、プロの教師としての授業には程遠い。
きちんと授業を受けようとしている大学生を生徒役にしての授業である。

きれいに整地され芝生の生えているグラウンドでサッカーをしているようなものである。
石ころや水たまりだらけのグラウンドで、その石や水たまりを活かしながら
サッカーができるようになるのが、学校で生徒を相手に授業をすると言うことである。

ではあるが、今日の授業の最後に、
「今日は、小さく自信を持って良いことを許可する」
と伝えた。

授業づくりの世界へようこそ、ってことだな。
来週も楽しみだ。

昼休。一息入れよう。

午前中から20日締め切りの仕事に没頭する。
昼休。一息入れよう。

今まで依頼された仕事の中では、かなり大きな仕事なので何回も気合いを入れ直して取り組んでいる。いや、その他の仕事に手を抜いていると言うわけではないのだが、この20日締め切りの仕事は、私にとって未知の領域なのだ。

ひげを剃り、ネクタイを締め、仕事着に着替えてと一連の身支度をしながらあれこれと構想を練る。どうも私は何かをしながらの方がアイディアが浮かぶタイプなので、あれこれしている。

かつて夏目漱石は『我が輩は猫である』の中で自らのことを
「我が輩の主人の仕事は鼻毛を抜いて原稿用紙に並べる仕事である」
と猫に言わせたが、この鼻毛を抜くという作業が、アイディアを探り醗酵させている時間であると理解したのは、仕事を始めるようになる前後であろうか。

            ◆

で、このアイディア出しと醗酵のための作業が、人様から見られると遊んでいるように思われることがある。ま、遊んでいるのかもしれないが、遊びが目的ではなくてあくまでも仕事の一部なのである。ちょうど筆で文章を書くためには墨を摺らなければならないのと同じ。

ただ、今は筆であっても墨汁で書いたり筆ペンんで書くことが一般的になってきているので、この前段階があまり重視されていないのかもしれない。

            ◆

もちろん、一部のビジネス書等にはこの前段階等せずに、一気に集中して一気に始めることが仕事をてきぱきとさせるためには大事なのだということを述べているものもある。

だが、それは違う。一気に行く人は日頃からあらゆる場面で前段階のことをしているのだ。あるものが次のあるものの前段階になるように仕事をしているのである。私もこの一気にタイプでやる仕事もあるのでわかる。しかし、もう一方できちんと前段階を押さえてやるタイプの仕事もあるということだ。

            ◆

家本先生は、教師は勤務時間中にパチンコ屋に行くこともあると言っていた。そりゃあそうでしょ。給食費を払ってくれない親が日中パチンコ屋で多摩を打っている時に、いきなり話しかけるのも大変で、まずは隣に座って球を打ちながら話しかけるでしょう。

パチンコで生計を立てている家だってある。そういう家庭の子どもも学校で学んでいるわけなのだから。私も同じように昼間にスーパーに買い物に行って、レジで働いているお母さんに何気なく給食費を払ってもらうように話したことがある。

そこの場面だけ見られたら、教師が仕事中にパチンコをして買い物をしてということになるが、教育は文脈で行われるものである。多くの人たちは
(ああ、何か事情があるに違いないな)
と思い見て見ぬ振りをしてくれていた。だって、そこを突っ込まれても
「ええ、このお母さんの子どもが給食費を払っていないので取り立てにきているんですよ」
なんてことは、個人情報保護法のなかったあの時代だって言える問題ではない。
「ええ、ちょっと色々とありまして」
としか言えないことなのだ.子どもを守るためにはそうするしかないのだ。

だが、
「なぜ言えないんだ」
とお門違いに追求する人がちが教育の周り、公務員の周りには増えてきている。
これが、昨日の強行採決を後押ししているのだろう。

            ◆

教育基本法は、一人の人間の人格の完成を目指すことを教育の目的として掲げているが、「改正」では国に役立つ人間の育成を目的としている。愛国心についていうのであれば、現状でもきちんとそのことは第一条で述べているのであり、今回の「改正」のポイントは第二条にあるというのが、竹内常一先生らの考えであり、私もそう思う。

ちなみに、現行は

引用開始 ーーーーーーーーーー

第一条(教育の目的) 教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の
形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、
自主的精神に充ちた心身とともに健康な国民の育成を期して行われなければなら
ない。

第二条(教育の方針) 教育の目的は、あらゆる機会に、あらゆる場所において
実現されなければならない。この目的を達成するためには、学問の自由を尊重し、
実際生活に即し、自発的精神を養い、自他の敬愛と協力によって、文化の創造と
発展に貢献するように努めなければならない。

引用終了 ーーーーーーーーーー

であり、改正案は

引用開始 ーーーーーーーーーー

(教育の目的)第一条

教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家および社会の形成者として必要な資質を備えた、心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならないこと。


(教育の目標)第二条 

教育は、その目的を実現するため、学問の自由を尊重しつつ、次に掲げる目標を達成するよう行われるものとすること。

一 幅広い知識と教養を身に付け、真理を求める態度を養い、豊かな情操と道徳心を培うとともに、健やかな身体をはぐくむこと。

二 個人の価値を尊重して、その能力を伸ばし、創造性をはぐくみ、自主および自律の精神を養うとともに、職業および生活との関連を重視し、勤労を重んずる態度を養うこと。

三 正義と責任、男女の平等、自他の敬愛と協力を重んずるとともに、公共の精神に基づき、主体的に社会の形成に参画し、その発展に寄与する態度を養うこと。

四 生命を尊び、自然を大切にし、環境の保全に寄与する態度を養うこと。

五 伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと。

引用終了 ーーーーーーーーーー

となっている。もうちょっと言うと、改正第一条には「資質」と言う言葉があるが、これは生まれつきに備えているものであり、教育との関係はよくわからない。で、第二条ではこれ以外のものは学校教育のみならず、教育という名のつく行為においては日本では認めないということなのである。

それを強行採決で良いのか?
そんな教育の目的で良いのか?

            ◆

人にはそれぞれの仕事のスタイルがあり、それを法的とか道徳的にひどく逸脱している以外は、外野がとやかく言う必要はない。直接迷惑がかかっているわけでもないのに自らだが代表のような気分で言う必要はない。

それぞれが「言うべきこと、言えること、言えないこと、言った方が良いかもしれないこと、言ってはならないこと」の事情を抱え、生きている。

それぞれが少しずつ我慢をして、少し住みやすい世の中にすることも目的の一つとして仕事をしているのではないかなあ。

            ◆

おっと、気がついたら結構書いてしまった。
そろそろ20日締め切りの仕事に戻ろう。
トイレぐらいは行って、さあ、やるぞ。

2006/11/15

貴方の年収は、世界ではどんな感じ?

http://www.globalrichlist.com/

【やり方】

1)日本円を選び、
2)半角で年収を打ち込み、
3)「show me the money」をクリックする

すると結果が出る。
年収からすると、貴方は世界のどのぐらいのところにいるのかがわかるというのだが、
これ本当か? 

本当だと学生のバイトでも凄いことになると思うのだが。
さて、いかがでしょうか?

水曜日は会議の日

水曜日は会議の日。
たっくさんの会議を行うわけだが、一つ一つに京都橘大学をどうしたら良くできるだろうかという思いがあるように感じる。

今でも十分良い大学だと思うが、さらに良くするにはどうしたら良いかを色々なところで考えているわけだ。

それはそれで大変なことなんだけど、
その一員でいるのは、嬉しいねえ。

2006/11/14

原稿用紙で25枚か

ふう、今日は久しぶりに会議も出張も授業も大きな事務仕事もないので、研究と教育の準備に没頭することができた。

・今週末の講座の資料確定
・『児童心理』2月号の原稿
・ひまわり社の連載の11月号の原稿
・メールで相談されているディベートの研究授業へのアドヴァイス
・メールで相談されているディベートの試合へのアドヴァイス
・今週末に本学で授業をしてくださる中学校の先生の授業の準備

というものを中心にワープロを叩き続けた。
ざっと計算したら1万字を越えていた。原稿用紙で25枚か。
一段落着いたな。週に一日はこうして集中してやる研究日を作りたいものだなあ。

あとは、20日に締め切りの大きな仕事があるので、これを明日の午前中に本格的に取り組むことにしよう。

            ◆

さあ、気分を変えてこれからライトアップされた紅葉を見に行くぞ。
リフレッシュだ。

2006/11/13

学問の秋でありますように

昼休に、本学のS先生と一緒に食事をする。
大学での教育をしっかりやろうぜということで話が一致していて、会う度に面白い展開になる。こういう同僚がいるということが嬉しいなあ。

            ◆

大学の授業は、ただいま実技が集中している。国語科教育法では模擬授業、教職総合演習ではディベートということで、どちらも準備が必要なものである。この二つの授業を取っている学生は大変である。

が、このぐらいの課題を乗り越えてくれなければ、教師を目指すなんてのは言ってはいけないことだろう。食欲の秋、芸術の秋。大いに結構。しかし、学問の秋も大事だ。

今週の木曜日に模擬授業をやるグループは、今日の6時間目に研究室に揃ってやってきて最終の指導を受けた。4回ほど事前指導を受けたことになる。さて、どのような授業になるだろうか。

授業は水物だけに、準備していたものとは違うものになってしまうことがある。しかし、やりたい方向に向かってきちんと準備をして、作り込んで行くことはなんと言っても大事である。

彼女らの授業が楽しみである。

            ◆

私の方も怒濤の11月を過ごすことになっている。先週の一泊二日の土日があったが、今週の週末は東京から私立の中学校の先生がいらっしゃって、読書へのアニマシオンをしてくださる。その準備。

さらに、土日は関西の教職を目指す大学生が100人集まって、宿泊の学習会を行う。これに講師で出て行く。そして、臨時教授会や教授会。糸井先生の学校に行き、翌日は東京への出張。原稿の締め切り二つに、高校の模擬授業は二つ。高校の研修会の講師(おっとこれは12/1であった)と立て続けにやってくる。

頑張れ、オレ。

大学の授業をやりつつこれだけやれるのは、充実しているよなあと思う。たくさんの幸せな出会いがありますように。学問の秋でありますように。

Wakakusayama

写真は、生駒山に沈む夕日。奈良の若草山の山頂から撮影しました。あまりの美しさに、鹿も見とれているようです。

2006/11/12

教職キャンプ補遺

で、このキャンプに行く日の朝が大変であった。

私の愛車であったMAZDAカペラカーゴ君を楢原中学校時代の仲間に譲ることになっていたのがこの日であった。わざわざ東京から取りにきてくれるのだが、日程の関係でキャンプの当日の朝に京都に到着するバスとなっていた。

6:45には西大津に到着するスケジュールで動こうと思っていた。これならば、9:30に山科に集合でまったく問題ない。

            ◆

が、そろそろ駅に迎えに行こうかと思ったところ、メールが来た。
「彦根が通行止めのため、まだ京都駅に着いていません」
とのことであった。
しかも、バスは高速を下りたようでよくわからないところを走っているらしい。

なんとか現地を確認してもらったところ、草津市近辺らしい。でも、これから大津駅辺りを下の道で通るとなると朝の渋滞に巻き込まれる。うーむ。

そうしたら、草津パーキングエリアにいることが判明。もう一度高速道路に乗ったらしい。ならば、そこで下車してタクシーで草津駅に向かい、山科駅まで電車で来てもらうことにした。私は山科駅まで迎えに行けば良い。

これなら、渋滞を回避できる。

            ◆

山科駅についたところに、向こうも山科駅に着いたとのメール。うひょう。
車を降りると、なんとそこには筑田さんがもう到着していた。
挨拶をして、事情を話して、集合時間には来れないと思うので、直接西大津から乗り込むことを伝える。

そして、客人を乗せて私は再び西大津に戻る。
家で朝ご飯を食べて頂き、カペラ君の説明をして鍵を渡して、ちょっとだけ懐かしい話をしていたら、もう9:40。西大津駅を9:56に発車する電車に乗らなければならない。

挨拶もそこそこに駅に向かう。
最後の最後に、カペラ君に
(いままで、ありがとう)
と思いながら、ボンネットをいーこいーこしてあげた。

ホームに着いたときは
(うーん、私らしいなあ。やっぱり普通には行かないなあ)
と妙に納得していました。

しかし本当に、間に合って良かった。

教職キャンプ

充実した一泊二日であった。
小浜への教職キャンプである。

東京から御呼びしたのは筑田周一先生。もちろん、全国教室ディベート連盟の仲間だ。教師の体を作る上で大事な声。その声のレッスンについて、「論理と感情」と両方共の始動することができる現場の先生は、そうはいない。呼吸、五十音図、活舌、響き、指向性、低音などに渡って丁寧にレッスンをして頂いた。忙しい中を夜行バスで駆けつけてくださって、感謝感謝。

その後、本学の教員による講義があって、初日の学習はお仕舞い。

            ◆

夜は食事の後、小浜の、とあるお勧めの店に筑田さんと魚を楽しみに出かけた。
これが凄かった。
マトウ鯛、カワハギ、サバ、アオリイカと全部地物の刺身を出す店で、いろいろな工夫した食べ方をさせてくれるのであった。

魚好きには本当にたまらない店であった。
小浜に来るたんびに寄ることになる店であろう。

            ◆

旅館に戻ると、宴会の最中。
ま、学生たちは節度ある彼女らなので、どんちゃん騒ぎ等をすることもなく教育のことを熱く語る。本学の卒業生で教師をしている先生も駆けつけてくれて、現場の話等を楽しく聞かせてもらった。

日頃私が話していることと同じことを話すので、まるで打ち合わせをしたかのようになってしまったが、そうではなくて本当に一致したんだな。私もびっくり。

            ◆

二日目は、雹の降る中私もワークショップを一つ担当する。
模擬授業を行わせながら、授業中の生徒指導に対応するというレッスンである。
本邦初公開のワークショップであったが、結構行けるのではないかと思った。
他のところでもやってみよう。

きときと君もこの模擬授業の教師役に挑戦。まあまあの成績だったかな(^^)。
さらに、本学の副学長のレッスンがあり、充実した一泊二日を終える。

            ◆

昼食後、小浜の港まで足を運ぶ。
天候が凄かったので、車で運んでもらう。
小浜の食文化を見学し、地元の魚をゲットし帰路につく。

帰りの湖西線では、びわ湖にかかる虹を見ることができた。
うーむ、ドラマチックな幕引きであった。

さ、これを新たなステップとして、採用試験に向けて頑張れよ。
またこういうのやろうな。

« 2006年11月5日 - 2006年11月11日 | トップページ | 2006年11月19日 - 2006年11月25日 »